2003年睦月の編集後記


-->

2003/01/13

この連休で、新しい家へ引っ越しました。
引っ越しには慣れているはずなのですが、やっぱり大変なのには変わりないですね。特に精密機械が大変です。
それに、まだ数個片づいていない段ボールがあります。捨てないといけないのも・・・。とほほ。

ところで、元いたところは、今まで転勤してきてずっと「戻りたい」と思っていた場所でした。
しかし、今引っ越した自分の心の中に、思い続けてきた場所を離れていったのだという感慨は沸いてきません。
どうしてなのでしょうか。
僕が小学生の時のあの街は、活気があって、発展し続けていて、そして人のつながりと文化が育まれている場所でした。
しかし、今はそれらすべてが、あの頃とは違い出していました。いや、すでに違っていたのかもしれません。
バブルの崩壊は、街の人の心をどう変え、そして街に出入りする人の流れをどう変えていったのでしょうか。
あのスーパーが閉じた後できたコンビニは、街に何をもたらす前に、街から何を奪っていたのでしょうか。

人が心で思っていることだから、断定できません。でもです。
たぶん、僕はもといた街に対して、もう思い残すことがなくなった、多分これが結論になるのでしょう。
そして、僕に戻るべき土地というのが無いと言うことを、これを機に改めて思い知らされました。


2003/01/07

今日の帰り、たまたま同じ方向へ帰る親父と合流した。最近頻度が増えた気がする。
疲れ果てた親父がいすに座っている所に、僕も近くへ座る。そこで、僕が「疲れた顔してるね」と言われる。少し驚く。
その家路に向かう途中、僕の今について話をしていた。
普段、僕が親父に話をすると、たいてい「仕事はそう甘いものではない」という感じで一言指摘される。
しかし、今日はそうではなかった。話を聞いて、首を傾げながらも話の内容の真相を見なければ、と考えている雰囲気だった。
少なくても、僕の今ある状態は親父がすぐに回答をしない状況にあるらしい。
そんな話を聞いてくれた親父にとても感謝している。ただ、親父を巻き込むことはしないようにしなければならない、とあわせて思った。

子供の時、よくおかんに助けられた。成人したら、親父が頼りになる。


2003/01/06

大部分の会社は、本日が仕事始めです。僕も今回はほかの大勢と一緒のようです。
しかし、ですよ。新年早々、今日ほど会社が「憎い」と思った日はありません。
今まで一所懸命がんばって、必死に耐えて、毎日やり抜いてきました。会社がそう出るなら…、と感じています。

僕よりも年上の女性って、僕が考えているよりも明日に対して必死な人が多いのだろうか。
一緒に遊んでて、後で彼氏ありというのが判明する(見抜けない僕もだめですけど)。そして、だいたいその人とゴールインかそういう方向だったりする。
遊ばれていたことに対してはもうあきらめてますが、そういう結論があるということが、僕では(僕の年齢では)想像つきません。
僕はこの後も一人でだまーって過ごせ、というのでしょうが。

そういえば、最近小言にしては長いですね。すいません。


2003/01/05

あーあ、明日から仕事始めです。会社行きたくありません、最悪です。
さて、みなさん年賀状は来ましたでしょうか。僕は今年さぼり気味であまり送っていませんでした(^^;
送ってきた年賀状を見ながら、親父が「不細工なやつほど、きれいな奥さんもらってるよな…」と一言。
うーん、なるほど。僕の場合目上の人ばかりですが、その傾向は大いにありそうです。彼氏・彼女の関係でもその傾向ありそうです。
そうすると、僕の場合どーなるのかさっぱりわかりません。(と言っておくテスト)
いいよいいよ、メール無視されても、自分の年と近い人と全然機会がなくても、合コン行くタイミングがなくてもさー(;_;)。


2003/01/03

高校サッカーやってますね。正月は天皇杯と併せて、冬のサッカーシーズンの最盛期ですね。
ところで、今いる場所が関東のせいか、市立船橋とか帝京とかがクローズアップされていることが多くて不満です。
なんで?理由は簡単。僕自身が東福岡出身だからなんですね。やっぱり福岡行かないとだめなのかなぁ・・・。

閑話休題。
年齢を重ねれば重ねるほど、間接的な「意志の読みとり合い」が増えていくような気がしています。
僕はストレート派なので煩わしさとしんけ臭さを感じずにはいられないのですが、こうしないとやっていけないような気がして渋々従っている感じです。
ですが、言葉以外のメッセージって読みとるのが非常に難しくて困るんですよね。
元々ビビりな僕は、どうしてもそんなメッセージの数々を「悪く」取りがちです。
悪くとっておけば、後でそれが現実のものとなっても受け入れやすいかな、という事もあるのですが・・・。
どうすればもっとストレートな意志を汲み取れるのでしょうか。それとも、このような意志の汲み取り方に慣れるしかないのでしょうか。


2003/01/02

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。
さて、いつもの通り飛行機の中からです。ということで、もう千葉に帰っているという感じです。早いです…。
今回は、すでに満席の便の所+空席待ち10人をかいくぐって乗っています。スカイメートは今年の夏前で切れるので、空席待ちするのはこれが最後でしょう。

正月は久々親戚一同集合という、ベタなパターンでした。ただ、いつも変わりゆく面々を見るのは、結構興味深いものがあります。
みなさんのご家庭・ご親戚ではどうでしたか?え、変わってなかったですか!?まあ、それもいいじゃないですか、ハハハ。

そんな中、最近は正月もないようなところが増えつつありますよね。サービス業とかは特にその傾向があるようですね。
便利になりつつある世の中と人は言います。しかし、以前よりも苦しい思いをする人が確実に増えているのも現状のようです。
ですから、以前より正月というものの重みが軽くなってしまったようです。少し寂しい気がします。





[2003-01.html 2003年01月31日更新]


 | トップページ  | もくじ  |
Copyright© 1997-2017 Yuichiro SAITO All rights reserved.
転載・リンクされる場合は、事前に「このサイトの説明」をご覧ください。