2003年長月の編集後記


2003/09/23

ここのところ、また「月・月・火・水・木・金・金」状態。
仕事は嫌いではないが、メリハリを持って自分を切り替えられる時間が欲しいと願う。そして、考える時間と寝る時間をもう少し作りたいと思う。
何年かたったが、新しい女性とは未だ巡り会えず。まわりはすでにいる人間ばかりだというのに、自分だけ取り残されている。しかし、よくこの環境の中、一人でたっていられるものだと、自分ながらに感心する。
もう我慢できない。いや、あと少し、ここまでがんばってみよう。ずっと考えてきたが、未だに出口は見えず。
情けない。とても情けない。


2003/09/09

今の会社に来て1年と少し。学校や仕事に関してこれほど長い1年は今まで無かった気がする。
会社を辞めて現在活躍している先輩と話しをすると「1年持てばどこでもやって行ける」そうだ。なるほど、確かにこの1年で同年代の誰よりも強くなったと思う。

でも、どうだろう。
会社の中では、そんな僕よりもみんなはもっと速い速度で進んでいる。僕は日々の仕事でもう手一杯なのに、彼らは次々と新しいことを生み出している。
それに耐えるようにしてきたけど、最近は仕事中の緊張感が寝る前にまで続くくらいになっていると思う。その影響か、余りよく眠れないくらい。
さっきも言ったけど、自分自身ではここまで十分すぎるほど成果を出せた。そろそろみんなのペースで動くのをやめて、自分のペースで仕事をしたい。
僕が求めるのは、人の生活をより豊かにする商品を自信を持って提供できる環境。そして、僕が欲しいのは、相手の笑顔だ。お金なんて身分相応で手に入ればいい。
だから、次はもう「労働者」ではない、次のステップへ行けたらと考えてる。

それと、去年に比べて、友達と遊ぶことが少なくなってしまった。「ごめんね、今日は仕事が夜の・・・」と何度断り続けたことか。

あと、この1年でどうにもならなくなってしまったもの。
好きな女性も、結局見つけることができなかった。それは、僕に大きく欠けていたもの、心のゆとりがなかったからだと思う。最近ようやく先輩にさとされて、気がついた。
だけど、僕はただ今日のようなつらい時に、好きな女性の胸の中で、ゆっくり泣きたかったんだ。気が晴れるまで。「今日は怖かったんだ」「今日は苦しかったんだ」って。





[2003-09.html 2003年09月30日更新]


 | トップページ  | もくじ  |
Copyright© 1997-2017 Yuichiro SAITO All rights reserved.
転載・リンクされる場合は、事前に「このサイトの説明」をご覧ください。