僕がチャットが嫌いな理由 そしてVoiceLinkを好きになった理由

■僕はチャットが嫌い

僕は1997年に初めてインターネットに接続してこのかた、チャットが嫌いです。誰と話すのが嫌、という事ではなくチャットで話すのが嫌なのです。

  • 時間を問わず遠慮なく話しかけられるから。
  • 文字情報だと、感情や意図を的確に伝える/受け取るのが難しいから。
  • 記録に残るから。
  • 顕名のようにみえるが素性がわからない。

というのが、理由です。対象となるのは、古くはWebチャット, ICQ, Yahoo! Messenger, IRC, IP Messenger, そしてSkypeでしょうか。ただ、Skype は音声通話をするためのメディアとしても使えるため、その用途に限っては使い続けています。

インターネット上のコミュニケーションでは、文字ベースで行う事が最もコストがかからないことが普及に至る要因の一つなのだとは思います。また、僕の周囲にいるWeb開発に携わる知人は積極的に使っている事でより「普及」しているように感じているところが、悩ましい所です。

とはいえ、インターネット上には幸いに他にもコミュニケーションのためのメディアがあります。

■ソーシャルメディアはどうか

ソーシャルメディアと言えば、 mixi に始まり、今は twitter や Facebook です。僕は基本的にソーシャルメディアが好きで、よく使っています。

  • 時間の拘束性から解放される。
  • 文字ベースではあるけど、特定の誰かに発言する事に縛られない。
  • 記録に残るけど、それは自分のための記録。
  • 顕名かどうかはメディアによるが、過去ログ等から基本は誰かはわかっている。

ソーシャルメディアは、コミュニケーションのためのメディアであるのと同時に、自分自身のためのメディアでもあります。というのも、ソーシャルメディア上に何かを書き込む行為は、コミュニケーション以外の事を目的としている場合が往々にあります。そうです、今の自分の記録を取る行為です。どこにいるとか、何をしているとか、どういう気持ちなのか、等です。 Lifelog という言葉を使っている人もいますが、まさにそういうことです。

ただ、最近は twitter は見てはいますがあまり書き込まなくなりました。というのも、たくさんの人に見られている事がマイナスの方向に働き、思いもしない…それも主張したい部分とは大きく外れた批判を受けたり、僕自身も人に見せて本当にいいのかという会話を繰り広げることがあり、その反省を踏まえてとなります。ですので、メインを Facebook へシフトしています。こちらは友人関係のある人のみにコメントを公開することで、より「人を見る・見られる」ことを意識した襟を正したコミュニケーションが出来るからというのが理由です。また、 twitter 以上に文を打てるため、文字ベースでやり取りする際の意識の齟齬を少しでも和らげる事が出来ます。

とはいえ、文字ベースでやり取りしていることには代わりありません。

■インターネットのメディアを少し離れて…

僕はインターネットを始める前は、アマチュア無線をしていました。中学生の頃に2級(※1)を取ったくらいなので、その入れ込み具合は想像いただけるかと思います。

僕がアマチュア無線がとても好きだった理由は、こう言う所にありました。

  • 実はあまり時間に拘束されない。その時につながった人と話せばよい。
  • 声でやり取りしているので、感情が伝わってくる(※2)。今振り返って思うと。
  • 記録は基本として残らない。ただ、会話は交信している人以外にも聞こえており、記憶に残る。
  • 顕名である。コールサインは個人特定可能かつ総務省が管理している世界で一意のIDである。

インターネット時代のソーシャルメディアと決定的に違うのは、声でやり取りしていた事でした。文字と違って、同じ情報を伝えるにしても声を使う事で情報量が飛躍的に多くする事が出来ました。文字では、喜怒哀楽を伝える事は難しいのですが、声ならとても容易です。楽しい話も、叱られた事も、思い出として心に残す事が出来ます。人には感情が必ずあります。そのやり取りを通じてお互いを知る事が出来るのではないでしょうか。あと、速報性も高いです。

これは、これだけメールやソーシャルメディアが普及した中で、携帯電話の機能として電話の通話が無くならない事がよい例なのではと思います。

ただ、アマチュア無線には最大の問題点がありました。電波が届かないと、通信が出来なかったのです。ですから、電波状況が良い日のみつながるような人もいました。風情はありますが、メディアとしては不完全です。

■そして登場した声を使ったインターネットメディア

僕が最近よく使うインターネットメディアがあります。それは、 VoiceLink です。声でコミュニケーションする、インターネットメディアがようやく出てきました。スクリーンショットをどうぞ。

スクリーンショット(2012-02-04 0.44.50)

VoiceLink の原点は、板倉さんがむかーし昔、1984年に体験した「NTT 世田谷局 ケーブル火災」にあります。受話器をあげると普段つながらない人たちの声が聞こえてきたんだそうです(詳細は「社長失格」pp.8 以降にて/電子版もあります)。でも、僕は板倉さんをはじめとしたSynergy Driveの皆さんが開発したこのサービスにファーストユーザとして招待していただき、初めて使ったその時に思ったのが「あ、これはアマチュア無線の再来だ。」ということでした。

  • あまり時間に拘束されない。その時にログインした人と話せばよい。
  • 声でやり取りしているので、感情が伝わってくる。
  • 記録は基本として残らない(※3)。ただ、会話はログインしていないリスナーにも聞こえており、記憶に残る。
  • 顕名である。本サービス開始時はクレジットカード認証時に本人を特定する。

比較してみても、ほら、アマチュア無線とそっくり。さらに、アマチュア無線でできなかった参加者の「視覚化」も出来るようになりました。それも、とってもインタラクティブに。まだまだ開発途中とのことですが、今の段階でできる面白い事は「”いいね!”は時間軸に対応している」「参加者本人に”いいね!”が出来る」そして「席を自由に移れる」ことです。

僕はアマチュア無線が好きでした。でも、免許が必要だし、電波を発することはものすごくコストがかかって大変でした。でも、 VoiceLink なら、今、手元にある Mac ですぐに参加する事が出来ます。仕事と大学院はありますが、レポートを早く終わらせて何とか時間を作って1週間に1回は参加するのが、僕の楽しみになっています(※4)。

■キーボードを打つという事はリテラシーを高く求められる

キーボードを打てるようになるまでに、皆さんどのくらい時間をかけましたか?ブラインドタッチ、できますか?僕はコンピュータエンジニアなので、やれて当然と言われればそれまでかもしれません。でも、みんながみんなコンピュータの専門家であるはずもありません。

では、キーボードを抜きにして文字だけに話を絞ってみましょう。僕は大学院生ですから論文を書くのですが、その中で「論文指導」があります。論理的な文を書くと言うのは、高等教育機関で講義ばかりでなく教授から直接指導を受けることでスキルが身に付くと言う、非常に難しいものであると言う事なのです。さらに、文筆家をはじめとした文字を通じて演出をする人の能力はこれとは比較にならず、努力や能力を超えて一部の人が天から授けられるセンスの領域に達しています。

ましてや、世界を見るとキーボードどころか識字率が日本程高くない国はごまんとあります(See also: 「統計局ホームページ/世界の統計 第15章 教育・文化」)。こう考えて行くと、文字ベースのコミュニケーションと言うのは難しく、それなりの教育を受けた人が初めて到達できる領域なのです。

そんな中、人がコミュニケーションをするときに使う最も原始的かつ知的な方法が、声によるコミュニケーションです。 VoiceLink は、そういったキーボード、はては文章を書くリテラシを高くは求められず、一方で人とコミュニケーションしたいと言う動機をより単純に用いる事が出来る、今までインターネットにあまり存在しなかったメディアです。文字を書くのが得意ではなくとも、面白い人・尊敬できる人はたくさんいます。そう言う人が、インターネット上で活躍できるようになったら、また新しい世界が開けるのではと僕は想像します。

そして、人の感情を織り込んだコミュニケーションが僕は好きです。とてもシンプルなやりとりで、ガンガンと脳みそがうごめく。そして、お互いの紐帯ができあがる。大げさかもしれませんが、人として生きることを実感し意識できます。

僕はコンピュータエンジニアエンジニアを10年やってきました。いかに、コンピュータを人に使ってもらう事に対して、自分の目線ばかりで考えてきてしまっていたのか、それに気づかされました。僕には、まだまだやらなくてはならない事がありそうです。

■除外したこと

掲示板はコミュニケーションのツールとして10年以上前はよく用いられてきましたが、最近は僕の中ではそうでもなくなったので、除外しました。

ブログもコミュニケーションのメディアだろうと言う意見が出るはずです。でも、スパムなどでコメント欄やトラックバック欄が荒れる事も少なくなく、閉じてしまう人も出てきました。また、日本では日記としての用途も少なくありません。従って、コミュニケーションと言うよりは発信主体のメディアというのが僕の理解なので、除外しました。

※1: 2級を取得すると、国際通信用を含めた全てのアマチュア無線の周波数が扱え、出力もヘタな放送局よりも大きな200Wを扱う事が出来ます。4, 3級に比べて自由度がぐっと広くなるのです。

※2: モールス(CW)やRTTY、パケット通信は除きます。でも、モールスだと打つペースが変わってそれはそれで伝わるものがありました。

※3: 今後、録音機能がつくので、記録に残す事が可能となるというアナウンスが流れています。

※4: 昔、アマチュア無線をしすぎて学校の成績がえらく悪くなった事があるので、今度はそうならないようにやる事はちゃんとやるようにしてから、と決めました。

2011/08/31 を持ってシムエントリの運用を終了します

2008年2月より運用しておりました『シムエントリ』は、2011/08/31をもってサービスを終了します。

■お願い

折角ブログパーツを貼付けていただきましたが、こちらを外していただけますでしょうか。外し忘れられている場合は、2011/09/01より『サービス終了』の旨のメッセージのみを出力する予定です。

登録いただいているブログのURI情報は、サービス終了を持って削除されます。改めて削除申請を行っていただく必要はありません。

■背景

端的に申し上げますと、メンテナンスを行う意欲と時間が確保しづらくなったのが背景です。折角使っていただいている方がいるのですが、放置するのもどうかと考えまして、サービス終了を決断しました。

また、現在は Tospy をはじめとした優秀なソーシャルメディア検索エンジンも登場し、その中に類似度の高いブログを抽出する機能があります。そちらの方がリアルタイム性も高く、かつ性能も上です。私の開発したツールではとても力が及ぶものではありません。

■最後に

本サービスをご利用、および応援いただいたみなさま、どうもありがとうございました。私自身も、自然言語処理の学習の一環としてこのサービスを提供していましたが、教科書だけでは得られない様々な知識を得ることが出来、非常に有意義でした。

また、何らかしらのサービスを開発した際には、どうぞよろしくお願いします。

hbstudy#18 で GPGPU サーバの選び方についてLTしました

11日は、株式会社ハートビーツさんが主催する 「hbstudy」 のLTにて、『写真で見るGPGPUサーバの選び方』を発表してきました。

■資料の補足

最近、グラフィックボードをベクトル型コンピュータのように活用するGPGPUという言葉が聞かれるようになりました。もともとGPUは3D描画を支援するハードウェアとして、主にゲーマーの方々に普及していました。3Dは単純な繰り返しの計算が非常に多いのですが、これは物理演算や類似検索を行う時も同じ。そこで、 CUDA などのAPIの整備とともにGPUを安価なベクトル型計算機として用いることが盛り上がっているようです。

さて、最近のCPUで100Wを超えるTDPになるものはハイエンドのものばかりですが、GPUはミドルレンジも100W台のTDPであり、結構な電力量と発熱量があります。そのため、ただ単にPCI Expressの拡張スロットに挿そうとしても、すんなり行かないことは珍しくありません。

そこで、私が GPGPU のシステムを構築する際にいろいろ悩んだ部分の一部をLTにまとめて、 GPU はどういうものがあって、サーバはどういう構造がある、だからこういう点に気をつけて機材を選んでみてください!という発表をしてみました。 GPGPU を始めてみたいけど、どういったサーバを用意すればいいのだろうとか、 1U/2U サーバでどうやったら GPU は搭載できるのだろうか検討してみたいという方の力になれば幸いです。

ちなみに、大規模かつハイエンドの GPGPU コンピューティングを行う場合はこの資料では対応しきれないもっとディープな話がたくさんあります。例えば、科学計算のクラスタや、レンダーファームの構築を行う場合は、この内容だけでは対応しきれません。その際、設計する方は、データセンターのファシリティからアプリケーションの実装の癖まで、しっかり垂直統合して考えて行くことが求められます。

■頂いたお話

GPGPU のプログラミングができるエンジニアはどれくらいいるのか?」。根本的な問題を指摘されてます…。本格的にやろうとするとバッドノウハウがいろいろありなかなか難しいのですが、 NVIDIA のこの2〜3年くらいに出た GPU (GeForce 9800とかで十分)を搭載したマシンで単に CUDA の API を叩く…例えば自然言語処理でよく用いられる TF/IDF を求める計算を行ったりすると、その威力を身近に感じることができるはずです。また、いい例かは悩みますが『Cracking Passwords In The Cloud: Amazon’s New EC2 GPU Instances ? stacksmashing.net』も GPGPU を要領よく使った例の一つです。

最近の GPU は、ストリームプロセッサ(計算部分)数が安いものでも 100 個程度、ミドルグレードなら 400 個以上あります。単純比較はできませんが、 Core i5 の同時4スレッドなんてのは「屁でもない」パフォーマンスを叩き出します。取り急ぎ始めてみる場合は、外部電源端子接続不要な GeForce の 1万円台のものをポンと買ってきてちょちょいと取り付けるのが一番手軽だと思います。

■勉強会の様子について

今回はライブドアの伊勢さんによる『インフラエンジニアに一言』がメインセッションでした。インフラに関する特殊な技術を解説するという形ではなく、どちらかというとこの20年くらい、伊勢さんの経歴をなぞりながらテクノロジーがどう遷移しているか、おさらいをするようなセッションだったのが印象的です。3Dの話もあったのですが、その際にレンダーファームの話題もあがっており、LTの際にこんなレベルの話をしていいのかとちょっと悩みました(苦笑)。

LTのセッションは8名もの登壇者がおり、僕は1人目立ったのですが、持ち時間5分ギリギリでした。皆さんも5分を目一杯使って、様々なパフォーマンス(あえてプレゼンとは申しません!)を繰り広げられていました。LTはメインセッション登壇に比べてずいぶんと敷居が低いですし、簡単に登壇申し込みできる場合が多いので、皆さんもぜひ挑戦してみてください。5分に凝縮して話すのは、意外に知恵がいりますよ!

あと、いちびりな方へもう一言。100人に名刺交換をするより、1回のLTのほうが、自分の存在を広く伝えやすいです。

■最後に

はじめての参加でしたが、ハートビーツの皆様に大変お世話になりました。また、セッティングおつかれさまです。どうもありがとうございました。

Togetter – 「hbstudy#18 「インフラエンジニアに一言」 ライブドア 伊勢 幸一さん」
Togetter – 「hbstudy#18 LT~懇親会」

bpstudy#38 で VMware HA の中小企業での導入事例を紹介しました

株式会社ビープラウドさんが主催する勉強会 “bpstudy” のLTで『VMwareで手っ取り早く社内システムをHAサーバ化してみました』を発表してきました。

■ポイント

今回の発表のポイントは2点あり、ひとつは「HA構成が楽に組める」、もうひとつは「中小企業でも業務別に細かくサーバを立てられる」ことです。

先ず一点目のHAですが、 VMware vSphere をお金を出して買う最大のメリットはここではないかと考えています。シングルサーバで仮想化するなら、今回の本発表で長谷川さんが解説されたKVMをはじめとした様々な無償のものが選択できます。 VMware でさえもハイパーバイザーだけなら無償です。ただ、1台で運用していれば、サーバ本体が故障すると全ての仮想サーバも共倒れです。物理サーバ単独で運用しているより被害が大きくなることさえあるかもしれません。そこを、機材を冗長化することで、再起動こそ挟むもののすぐに業務が復帰できるHA構成を全ての仮想サーバに対して施すことができるのは、管理をしている現場の人間にとってこれほど業務的・精神的に楽なものはありません。

そして僕が最も強くつたえたかったことは、二点目の中小企業におけるプライベートクラウドの可能性についてです。これまで仮想化を売り込むベンダーさんは「大量にあるサーバを少数のサーバにまとめられるからTCO削減できてウマー」を中心に提案されていました(例:『日本HP HP ProLiant VMware 仮想化ソリューション – 導入事例』)。では、サーバ台数が少ない中小企業にメリットはないのかという話になるのですが、探しても事例が余りありませんでした。

中小企業は、ITインフラに投資できるコストも制約され、もし投資できても設置場所や電源確保に苦心することが多々あります。中小企業で、立派なサーバルームが確保できるところってあまり無いと思うんです。サーバ台数が少ないと、必然的に1サーバあたりが支える業務の個数も増えて、ひとたび障害が起きると切り分けは面倒だし、回復するまでそのサーバに乗っかっている…それも障害を起こした業務と関係のない業務まで止めなければならなくなることも珍しくありません。

そこで、小さいながらも社内プライベートクラウドを立ち上げることで、シンプルに業務を切り分けて運用を楽にしようというのが、このシステムの特徴になります。

■書いていないけど話したこと

プログラミングと違い、インフラ整備=投資であります。ですから、導入計画策定は会社のお財布を管理している経理の人と二人三脚です。減価償却、支払サイト、そして計画の妥当性に対する最後の一押し。この「最後の一押し」が無かったら、こうして発表できる状況になっていなかったのかもしれないのです。本計画に協力してくれた経理の先輩(女性)に大変感謝しています。

インフラ仕事は、自分の上長に説明することはもちろんですが、会社全体を巻き込んで物事を進めることなのだということをを忘れてはなりません。特に、中小企業であれば、全員の顔が見える訳ですから。

■頂いたお話

一番大きかったのは、「ディスク11発は大丈夫?」ということです。ディスクの寿命は大体同じ時期に来るのですが、故障すると次々とまとめて落っこちるのじゃないかという。これは、スペアを1個は入れて入るものの、導入時に少し不安には思っていました。可能であれば、わざと数本ある時期に入れ替えてみてはどうか、というお話を頂戴しました。予防保守ってやつですね。

■反省点

本発表である @hasegaw さんのKVMのアーキテクチャの話の後だったので、ネタ的に外してなくてよかったです。発表後にいただいた tweet を見て、良かった、と心から思いました。

今後の改善点は2つ。説明が10分で終わらなかった。そして、あまり笑いが取れなかった。ことでしょうか。

今回は早口でしゃべりすぎました(苦笑)。次は笑いが取れるようにがんばります!

■他の発表の感想・メモ

@hasegaw さん

  • AMDとIntelの互換性の問題について
    Xenだと、CPU依存の命令のマスクが可能。VMwareでもできるかも(今度調べます)。こうすれば移行時に動かないってことは回避できる。実はAMDからIntelに動かした時に動かなくてはまったことがあったのです。
  • Nehalem 未満ならXen それ以降ならXenでもKVMでも
    VMWareは歴史が長いので、CPUID別に細かく仮想化の制御方法を切り替えていて、それぞれカリカリにチューンしてある。

@kazunori_279 さん

  • Google Apps Engine のチャネルAPI … Google waveでできたことを自分の手元でできて面白そう!
  • Googleのスケーラビリティが高度に洗練された環境でできるところがポイント。

@toshiak_netmark さん

  • 一眼レフデジカメの話は、一家言ありそうな人が周りに一杯いてウケたw もちろん僕も。
  • KVM 夏の怪談(トラブル事例)が興味深い。ハードリンクで逃げる方法は覚えておく。

■おまけ

グループライド練習会で何度かお会いしたことがある人に、はじめてヘルメットなしでお会いしました。最初、お互い誰かはっきりわからなかったのは、ちょっとした笑い話。今回も、 @key3 さんつてでこの催しを知って参加しました。そして、初めての参加なのにLTの機会を設けていただいた幹事の @haru860 さんにとても感謝しています。

発表に拍手を送っていただいた皆様、その後の懇親会でご一緒させていただいた皆様、どうもありがとうございました。またよろしくお願いします。

Togetter – 「BPStudy#38」 – twitterでの当日の模様

【シムエントリ】更新時刻が変更になりました

シムエントリご利用の皆様へお知らせです。

■更新が1日2回になりました

これまで、更新は午前2:00からの1日1回のクロールのみでしたが、10月18日(月)より1日2回体制に変更しました。更新時刻は、2:30と16:30となります。クロール完了から類似ブログ計算まで4〜5時間を要しますので、実際に反映されるのはその計算後となります。この点は変更ありません。

これは、クロールおよび計算を行うサーバを自宅サーバから外部のVPSに移設したことによるものです。

今後は、クロール回数の増加、および計算をすべて行わずずリクエストベースで行う形に変更し、より素早く反映できるようにしようかと考えております。気が向いたらやります。

【おまけ】

・なぜ2:30と16:30なのか

まず、グラフをご覧ください。

BlogPosts

これは、シムエントリのサーバに蓄積されているブログ記事が更新された時刻のみを抽出したものです。縦軸が記事数、横軸が時刻(時)です。これを見たところ、1〜2時頃に1回目の落ち込み、16〜17時頃に2回目の落ち込みがあります。

1回目を2:30にしているのは、この時間は1:00頃に計算しても結果が出る6時頃は見ていただける方が少なくわざと遅らせて7時頃の反映を狙っていること、そして16:30はちょうど落ち込んだところを狙いつつ21:00頃のピークタイムに反映されている状況を見てもらいやすいようにしたためです。

・VPS移行のメリット

家で使っているマシンよりも最近のVPSのほうがいいマシンであること、そして電気代が下がることであります。

RSSフィードの登録受付も引き続き行っております。下記からどうぞ。

http://se.koemu.com/