共働きでも働きやすい環境とは 2017年現在版

組織内で個々人の事情について相互の理解があってこそ、仕事も家庭もバランスが取れるよね、というお話。

IMG_1730

仕事中、突如の電話の着信。iPhoneがバイブレーションしながら表示する発信元は「保育園」。

僕の家は相方と共働きです。保育園にお子さんを通わせている方は経験があるかと思いますが、おチビが体調を崩すと保育園からお迎えを要求する連絡が来ます。どっちが迎えに行くのか、揉める家庭もあると聞きます。そんな中、僕の家では原則、僕がお迎えに行きます。

そんな時、チームの島で繰り広げられる会話。

僕: 「すいません、おチビが熱出して迎えに行かないといけなくなったので、一旦帰ります。」

ボス: 「あらー、たーいへん!」

(この間、引き継がなければならない事項、連絡する必要がある事柄を共有。)

別の同僚: 「大変っすねー、気をつけてー」

ボス: 「おつかれさまー」

僕: 「失礼しますー」

で、安心してお迎えに行くことができます。

家庭持ちでも安心して働ける環境は互いの理解が基礎にある

僕の勤務先は、共働きの人でも働きやすい環境であると感じています。僕が考えるに、以下のことがあるからではないでしょうか。

  1. 他の同僚も家庭持ちで状況を理解してもらいやすい
  2. 他の同僚が帰るときもお互いに協力する
  3. 仕事が無理に詰まっていないので別の日に挽回しやすい

1は、とても大きいと感じます。他の同僚が僕と同じように呼び出される時、大変だよなって思いを馳せます。恐らく、逆もそうなのでしょう。そして、僕の同僚は育児・家事にきちんと参加している人が多いこともありそうです。昼飯を食べていますと、昨夜の夕飯は何を作ったとか、おむつの銘柄は何々がとか、そういう話で盛り上がります。

2は、協力できるところは協力する、それだけのことだと考えています。これは家庭の問題だけではなく、例えば誰かが病欠したときにも言えることではないでしょうか。

3は、ボスのマネジメントに拠るところが大きいです。そもそも、トラブルなく普通に勤務していれば、足が出ないスケジュールで開発が進んでいます。そのため、ある日に早く帰って穴が空いたとしても、別のある日にちょっと長めに働いて挽回することができます。それでもだめな場合は、相談に乗ってもらうこともできます。この状況を作ってもらっていることには感謝しています。

制度は理解の基礎があって活かせる

勤務先には、家庭の都合でやむを得ない状況に遭遇したときに備え、「子の看護休暇(有給休暇扱い:年5営業日)」「介護休暇(有給休暇扱い:年5営業日)」をもらうことができます。また、ベビーシッター利用時に補助が出たりします。他にもいろいろあります。

こういう制度は、勤務先の皆さんは積極的に使っているようです。

「制度があっても使えないとしょうがないのでは」という声を聞きます。実態を調べたことはありませんが、一部の組織だと制度はあっても使いやすい環境にないという話も耳に入ります。

ぼくは思うのですが、先の「家庭持ちでも安心して働ける環境は互いの理解が基礎にある」で述べた環境、すなわちお互いの状況を理解し合いながら仕事をする基礎が整っているからこそ、家庭の万一のときをサポートしてもらえる制度が活きるのではないでしょうか。

子持ち以外でもいろんなことがあるからこそ

今回は、共働きの子持ちの家庭における働きやすい環境について、僕なりの意見を述べてみました。

ただ、こういうのは他にもあって、例えば親の介護であるとか、自分自身がかかっている重い病気と付き合っていくこととなどがありそうです。

独身の時は気にしなかったのですが、プライベートを何も気にせずに100%仕事のことだけ考えられる状況や期間というのは当たり前に存在するほうが珍しいのではと考えています。人として生きて行くに当たり、仕事の前にまずは自分があり、そして家庭があります。そんなことをバランスを取りながら、同時にそれぞれ与えられた時間をはじめとした資源の中でしっかりやっていけば、最後には自分を助けることになるのではと考えています。

それにあたっては、ライフステージに合わせたよりよい環境で働くことを積極的に選択する、そして自分自身もその環境づくりに協力することが大切だなと考えている今日このごろでした。

心の健康を体の健康と同じくらい大事にしていきたい

仕事をしていますと、日々健康に働けるよう体調管理が重要であることは論をまちません。

それと同時に、僕は心の健康を大事にしていきたいと思っています。

IMG_7434

心の健康は安定した判断力に欠かせない

僕は働き始めてからほぼずっとソフトウェアエンジニアなのですが、この仕事は常に意思決定を求められる仕事と考えています。クラスの設計、データ入出力の設計、そして運用の設計。いろいろな判断が求められます。

そんな中、「なんでこんなの実装したんだ、あ、自分か。」と思うものを見つけた時に振り返りますと、たいてい慌てていたり、気持ちが沈んでいることを思い出します。

また、人と接する時に、心の健康が維持されていませんと、どうしても丁寧さがおろそかになってしまうことがあります。良い印象を維持するのはなかなか大変なのですが、悪い印象を持たれるのはあっという間だったりします。損であります。

最近心がけていること

最近心がけていることは、この3つです。

  1. よく寝る
  2. 喜びすぎない 悲しまなすぎない
  3. すっきりする活動をする

まず「よく寝る」ようにしています。6〜7時間くらい。あと、昼寝も15〜30分くらいしています。体調はもちろん整いますし、精神的にも安定します。僕がよくない判断や行動をするときは、たいてい寝不足か寝すぎです。

次に「喜びすぎない 悲しまなすぎない」です。感情の起伏を強く作ってしまうと、僕の場合それに持って行かれてしまうことがあります。ほどよく物事を感じ取ることで、平静な気持を維持できるように努めています。

最後に「すっきりする活動をする」です。例えば、スキーに行ったり、ロードバイクで走りに行ったりしています。家庭がありますのでいつでもというわけにはいきませんが、相方と相談して時間をやりくりして取り組む時間を作るようにしています。

いろいろ起こるからこそ

生きていますと、仕事のこと、プライベートのこと、それぞれいろいろ起こります。良いことも、悪いことも起こります。その時に心の姿勢が崩れると、なし崩し的に他のことも崩れてしまいかねません。だからこそ体はもちろん、心の健康も大切にしていきたいと考える今日この頃でした。

2016年を振り返る – 淡々と 粛々と

まもなく2016年が暮れようとしています。毎年、自分の中では恒例の年末エントリを今年も書くことにします。

本務の仕事のこと、プライベートのこと、そして来年のことについてまとめておきます。

IMG_7530

本務の仕事のこと

今年のはじめにメルカリへ転職をしまして、随分と環境が変わりました。3つ挙げてみます。

  1. 小さい組織で全体を考えることから 大きな組織でイチ従業員に
  2. サンフランシスコに仕事で出張してきた
  3. 対外活動は今年はあまりしなかった

1は、前職が今とは比較して小さな組織ではありましたが、全体を見て一人一人の生産性や働きやすさを考えながら、具体的に手を打っていく働き方でした。やりたいことをやらせてもらえていた、そう言えるかもしれません。一方で、現職は多くの人がいる中で、自分に今求められている業務が絞られ、そしてはっきりしていまして、その中で結果を出していく働き方に変わりました。

たぶん、通常であれば物足りない仕事になってしまったと思います。ただ、実際にはそうはなっていません。なぜなら、多くの人が知る通り、組織全体で強い結果を出している中で、どのようなことが組織内で行われているのか、身をもって体験できているからです。組織の勝ちパターンを知ることは、望んでもなかなかできないことであり、それが体験できるだけでも良い機会に恵まれたなと感じるのです。

2は、転職した際に望んでいたことの1つが叶ったことでもありました。日系の企業に勤めていますと、海外出張はよくてカンファレンスの出席くらいかもしれません。そうではなく、実際の開発業務を遂行する中で海外出張ができたことが本当に貴重な体験でした。それも、インターネットサービスのメッカであるサンフランシスコであったことが大変貴重でした。ニュースでしか知ることのないサービスを体感することはもちろん、実際に担当しているサービスが米国でどのように使われているのか、現地で知ることができるのです。

ただ、今後海外で本格的に活動しようとした場合、今の英語力では足りないこともまた事実です。来年も継続して英語の勉強を続けていく必要があることを痛感しています。

IMG_6789

3は、昨年に比べて今年は対外活動をあまりしませんでした。ほんと、ちょっとだけでした。いちびりな自分が、なんか珍しいなと自分ながらに思ってしまいます。

プライベートのこと

一番大きいことは、マンションを買ったことでしょうか。サラリーマンをやっていれば、結婚して、子供を設けて、家を買うのが普通だって考えますし、実際に自分の両親がそのような生活を送っていました。しかし、いざ自分でこの普通の生活を成し遂げ、そして継続的に取り組もうとしますと、非常に難しいことだなと感じずにはいられません。

来年のこと

本務の仕事は、これからも淡々と、そして粛々と取り組むつもりです。プライベートのこととともに、長距離走だと考えて、ペース配分に留意しながら継続できるよう取り組むつもりです。

そして、育児が少しずつはありますが手がかからなくなってきたので、来年はプログラミング教育の場にも少しずつ復帰する年にします。具体的には、TENTOに復帰します。

といっても、プログラミング指導のボランティアではなく、TENTOを今後どうやっていくのかを考え、具体的に行動していく取り組みを中心に行う予定です。本務の仕事があるため非常勤での取り組みとなり、時間の制約こそありますが、小さな組織をまた新しく形作ることに加わることができることを、大変楽しみにしています。

まとめ

人生35年生きてきましたが、それと同じ年数の住宅ローンを組みつつ、これからの人生の土台を作ったのがこの一年だったなと振り返っております。

これまでもいろいろありましたが、この後もいろいろあると思います。とはいえ、またその時々で、淡々と、着実に取り組めるように活動していけたらと考えています。

IMG_7344

皆様、今年も一年、大変お世話になりました。良いお年をお迎えください。

転職して試用期間が間もなく終わる

1月からメルカリに転職して、サーバサイド(API)の開発担当として仕事をしています。試用期間が3ヶ月でして、それも間もなく終えられるところです。そこで、記録として今の状況を残しておこうと思います。

これまでと変わったところ

職種が変わった

前職はITインフラに関する仕事が主でした。開発もしていましたが、どちらかというとサーバの構築・運用が主軸となる仕事でした。そこから変わって、というか数年前までやっていたサーバサイドの開発担当に戻りました。ITインフラ関連の仕事も楽しかったのですが、今回それなりの規模の開発担当者ができる機会に恵まれたので、ぜひやってみたかったのが一番でした。また、エンジニア35歳定年説ではありませんが、プログラマを主たる業務として活動できる最後の機会かもしれないと考えたのも一つあります。

現職では主にPHPを利用していますが、現代のPHP 5.6にあった開発にあわせるのに結構苦労しています。というのも、自分の知識はPHP 5になったばかりの頃で止まっていたこともあり、随分とやり方が変わっていたのです。また、テストをきちんと書かれる方も多く、今まで自分がいかにテストの書き方が甘かったのかを痛感することもあります。

そんな中ですが、職種を変えいろいろ慣れないところもありつつも、なんとかやっているというのが現状です。

仕事の割り振り方が変わった

これまで、自分の仕事の範囲は「今ある仕事ではカバーしきれないところ全て」というものが多かった気がします。これは組織の中で新しいことに挑戦する良い立場であると同時に、やり方を間違えるとあいつは何をやっているのだと干されてしまう立場でもありました。

打って変わって、今は「あなたの役割はこれで、今のタスクはこれ。」とかなり明確です。タスク自体に工夫の余地はもちろんあるのですが、ここまではっきりとした仕事の割り当ては本当に久しぶりです。多分、新卒で働いていた大手企業以来です。

おそらく、自分自身の組織の中での立ち位置がわからなくなることは多分ないと思います。ただ、何もしないと埋もれてしまうかもしれません。

これはいいなと思った会社の仕組み

メンター制度

入社1ヶ月目には、すでに勤めている同じ職種の人がメンターとして割り当てられ、メンターの指導のもと仕事に慣れていく仕組みが整っています。転職したてのときは、ドキュメントの整備状況そのものの理解、組織としての仕事の流れ方、そしてドキュメントではカバーしきれないことをいかに早く理解するかはなかなか悩ましい問題として付きまといます。また、組織としても新入りの人に早く慣れて欲しいところです。そこをスムーズに進めるために、メンターをつけて支援するというのは素晴らしい仕組みだなと感心しました。

また、メンターをはじめ全ての人が、自分では「しょうもなそうで聞くかどうか悩む…」ような質問でも、快く対応してくれる状況にあります。仮に、わからないと「わからない」と言われるか「〇〇さんが知ってるはず」と促してくれることもあります。これで、自分が知らないことを無理なく確実に減らしていくことができました。質問しやすい環境があることを大変感謝しています。

シャッフルランチ

月に1回、会社が決めた数名のグループ、それも普段仕事でつながりがなかなか持ちにくい人たちと、会社持ち(限度額あり)で一緒に昼食を食べに行ける、シャッフルランチという制度があります。会社の規模がそれなりであること、そして今も結構な数の人が毎月入社されることもあり、あまりつながりがない人がどうしてもできてしまいます。そんな中で、シャッフルランチを通じて、どういう人がどんな仕事をしていることを知ることで組織がどのように成立しているかを知り、また会社の中で新たな人のつながりを作ることができます。

ほかの会社でも、組織が大きくなって、部署ごとのつながりが疎になりはじめたら、取り組んでみるとよい仕組みかもしれません。

今の状況

無理なく働ける

創業から3年強しか経過していないスタートアップ企業と聞くと、どことなく残業が多い大変な会社ばかりではないかと想像される方もいるのではないでしょうか。私も面接前にはその辺を心配していました。しかし、面接の際にそこまでではないことを聞き、実際にも自分を含め多くの人が無理なく、家庭やプライベートを大切にできる程度に働けています。おかげさまで、様々な面で充実した毎日を送ることができています。

優秀な人が集まっている

僕の感覚では、技術・経験が豊富で人柄もよい「大人」ばかりが集まっている…そうですね、他社にいたとしたらその会社で技術や組織を牽引できそうな人が普通に集まってきていると感じます。英語がスラスラと話せる人も珍しくありません。そんな中、自分がその中に加えていただけたことを感謝しています。

今後

組織として何をしていくかは常にメッセージが発せられており、それに準じて自分が何をなすべきかを考えて行動し、結果を出していくまでだなと考えています。ですので、組織の中で自分が何をするかについての迷いはあまりありません。

また、この先に進むには、技術者として必要な力をさらに鍛え、そして英語力(英語学習が推奨されており仕組みもある)を高める努力が必要になっています。自分自身のこれまでとは違った大変さがあります。さもなくば、先ほども書きましたが組織の中に自分が埋もれていってしまうかもしれません。

2015年を振り返る&退職のご報告

2015年を振り返るエントリです。毎年棚卸ししつつ書くことで、自分が何をやったかを思い出すものになっています。

対外的な活動

今年は大きく3つありました。

  1. 単著の出版
  2. YAPC::Asia Tokyo 2015でのトーク
  3. 都立産業技術高専での非常勤講師

1は、初の単著を出版する運びとなりました。「「ITインフラ監視実践入門」という本を書きました!」というエントリで詳細を書きました。こうして出せることでなんとかほっとしています。

2は、2年連続でYAPCでトークをすることができました。今年は倍率が高くてできるか心配だったのですが、ご縁があり採択していただくことができました。詳細は「YAPC::Asia Tokyo 2015で開発・運用業務改革に関する発表をしてきました&感想 #yapcasia #yapcasiaE」に書きました。

3は、2015年の後期から都立産業技術高等専門学校(高専)でプログラミングの科目を担当する非常勤講師をしています。これは情報教育関係でご縁があり、仕事を紹介してもらった次第です。ソフトウェア開発をするのではなく指導するという毛色の違った仕事ですが、明日の仲間を増やすきっかけになればと思いながら取り組んでいる次第です。

個人ブログ

はてなブックマーク数の表示が2つあるものがありますが、これは2015年10月からこのブログをHTTP/2に対応した際に発生したURIスキームの変更によるものです。前者がhttp、後者がhttpsでアクセスした時のブックマーク数となります。1つしかないものは、パッと見で分かりにくくてすいません、9月まではhttp、10月以降はhttpsと思っていただければ幸いです。

子供が生まれまして、昨年に比べて勉強会へ行けるタイミングがぐっと減ったため技術エントリも減っております。これは、状況が変わって力をを注ぐところを変えているんだな、と思っていただけたら嬉しいです。

状況が変わったことに関連して、「エンジニアとしての落としどころを作る」というエントリを書いたのですが、これが370ブックマークを超えていて、結構伸びたなという感想を持っています。生き方に悩んでいる方が一定数いるのでしょうね。私もその一人です。

会社のブログ

勤務先でもブログ「インフラエンジニアway – Powered by HEARTBEATS」を共同執筆者の一人として書いていました。以下は私が担当したものです。

今年は1月に書いたRundeckのエントリがよく読まれていたようです。ジョブスケジューラの選定は運用時の頭を悩ませる問題の一つであり、かつベストプラクティスがなかなか見つからないところにフィットしたのではと分析しています。

また、運用とは関係ありませんが、Golangに関する記事も読まれているようでして、Golang熱が高まっているのかなと感じる結果となりました。

退職のご報告

先のブログでもおなじみでした、本務として勤務していた株式会社ハートビーツを今年いっぱいで退職することとなりました。謹んで報告いたします。

これからはITインフラが盛り上がるぜ!と思って入社したものの、はじめの頃は肝心のITインフラの運用で大きくつまづいてしまい、多くの人に大変な迷惑をかけてしまいました。そんな中、残されたソフトウェア開発の力を使って、ITインフラを直接扱うエンジニアの仲間の土台を支えるソフトウェアを開発し、自動化・標準化を推進する立場となりました。その中で、初期の失敗を挽回したいという一心で、なんとか今年のYAPCでご報告するレベルにまで到達させることができました。

これも、粘り強い、そして優しい仲間に支えられた結果だと感謝しています。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

まとめ

今年は1人目の子供も生まれ、ガラッと生活が変わりました。そのため、独身時代のように仕事中心ではなく、できるだけ多くの時間を家庭の時間として使うよう生活するように変わりました。それでも、思ったより自分は対外的な活動をしているなと感じました。

今ある人生は過去からの連続した変化からの結果で、それが未来に続くという認識は、昨年からは変わりません。しかし、人の生死に限って言うと、連続性がない大きな変化だと受け止めています。正直、どのようにやっていけば良いのか結構悩んだ年になりました。それでも、こうやって生きていけているので、なんとかなっているのかもしれません。

来年は本務の勤務先も変わりますので、また違った変化が起こることでしょう。いろいろなことがありそうですが、まずは淡々と受け止めて、冷静な判断と燃え続ける心をもって事に当たる所存です。

皆様、今年も一年、大変お世話になりました。良いお年をお迎えください。