お屋敷の【立入禁止】の先にあったのは…

先週、3/8(土)に葛飾区郷土と天文の博物館が主催する「東京大空襲と葛飾」というイベントに参加してきました。3/10は東京大空襲の日という事で、それにちなんで毎年この時期に開催されているのだそうです。

この日は、寅さん記念館横の会議室で東京大空襲に関するトークと、近所にあるお屋敷「山本亭」で普段立ち入り禁止となっている、ある場所の見学会がありました。

※撮影は、葛飾区の係の方に許可を得て行っております。

■戦闘機を作っていた

東京大空襲に関するトークの中で2つ、印象に残ったお話を。

葛飾区にも、実は戦闘機工場があったのだそうです。太平洋戦争末期、高高度を飛翔するB-29を撃墜するために「キ94」という他の日本軍の戦闘機よりも高く飛べる戦闘機を開発し、空襲を逃れるために金町駅近く(公団マンションがある辺り)で製造していたのだそうです。ただ、完成する頃に戦争が終わり、米軍に接収されてしまったとの事です。

また、B-25で初めて本土が空襲されたとき、死者が出たのも葛飾区だったそうです。14歳の男性が撃たれたのだとか。人が亡くなった事はもちろん、本土が攻撃されるという日本人に与えた精神的な衝撃は計り知れなかったのでしょう。

■さてお屋敷の【立入禁止】区域へ

それでは、本日のメインイベント、お屋敷 山本亭で普段は立入禁止のエリアへ潜入です。ボランティアのガイドの方の話を伺いつつ、歴史をたずねていきます。

山本亭は、関東大震災の後に葛飾区に移築されたお屋敷です。カメラ屋とのことで、こんな立派なお屋敷を建てられるという事は、ずいぶん収益を上げていたのでしょう。通常は、100円の入場料を払うと中にあがることができ、その中で季節の和菓子を楽しめます。また、貸し会議室としても利用できます。

建物自体は非常に立派で、寅さん記念館に足を運んだ後に休憩するには非常に良い場所だと思います。そんな場所に、通常は立入禁止となっている場所があるのですが、年に1回、東京大空襲が起きた頃に一般公開される場所があります。

なんと、山本亭には防空壕…それもただ掘ったのではなく、コンクリート製の立派なものです。この付近は単に掘ってしまうと簡単に水が沸いてきてしまうらしく、堅牢なものを仕上げるにはコンクリートで囲う事が必要なのだそうです。おおお。では、潜入します…

入口はかなり頑丈な扉です。爆弾は難しいらしいですが、焼夷弾なら凌げるそうです。階段は急ではありますが、きれいに整備されていたので、それほど怖くはありません。

そして、中です。2つの部屋に分かれていまして、北側の部屋は水槽が入ってしまっているのですが、南側の部屋は今でも見学ができるようきれいに保存されていました。金庫があったり、換気口があったりと、よく整備された防空壕なのがよくわかります。特筆点として、北側の部屋に、何と「シャワールーム」があるのです!逃げるのがやっとの時代、シャワールームですよ。ものすごく贅沢ですね。それに、金町浄水場がすぐ近くだから、水には困らないと思ったんでしょうか。

その後は、外に出て脱出口を確認します。ぱっと見では井戸があったのかな?なんて様子ですが、そんなことはないんですね。また、傾斜があるのが、防空壕へ続く階段がある場所です。防空壕の存在を実際に入って知らないと、実感が沸かないかもしれません。

防空壕見学は、これでおしまいです。自分が考えていた、地下を掘り抜いたそれとは随分違うものでありました。

■葛飾区にはきれいな水辺の風景が一杯あります

最後に、江戸川のほとりへ出ます。葛飾区は東西を川に囲まれており、かつ区内にも川がいくつも流れる場所です。

水害との戦いもありつつも、平時はこのようなのどかで癒される場所がたくさんあります。写真では、矢切の渡しが人を運んでいる姿があります。この矢切の渡し、ここである理由があるそうです。何と、このあたりは水深が浅いそうで、私を通しやすいのだとか。そんな話も、ボランティアのガイドさんから聞けて、興味深かったです。

戦争などの大変な歴史の上に自分たちが成り立っているという認識を新たにしつつ、そして身近に存在する事を知る事ができた、貴重なイベントでした。葛飾区の職員の皆様、及びボランティアの皆様、どうもありがとうございました。

■おしらせ

「Webアプリエンジニア養成読本」という本を書きました。Webアプリケーション開発をこれからはじめられる、特に新卒の方や、教育係の方の補助資料としてぜひお求めいただけたら幸いです!

Webアプリエンジニア養成読本[しくみ、開発、環境構築・運用…全体像を最新知識で最初から! ] (Software Design plus)
和田 裕介 石田 絢一 (uzulla) すがわら まさのり 斎藤 祐一郎
技術評論社
売り上げランキング: 376

東京競馬場へ行ってきた – 人間はミスできる

体育の日となりました10月10日、相撲に続いて競馬観戦のために東京競馬場へ行ってきました。とってもいい天気でした。

IMG_1385

 

■いやー 競馬場って立派!

先ず最初に思ったのが、競馬場って立派ですね!そして、きれいですね。成人男子が集う場所と思いがちなのですが、まるで代々木公園に行くような形で来る子供連れの家族の方や、カップルまで。というのも、競馬場の馬場内に行くときれいな芝生の広場があるんです。確かに、これなら来てもいいと思える。

IMG_1443 IMG_1399

 

■でもメインは競馬観戦

当然ですが、競馬場に来たからには競馬観戦。もちろん、競馬新聞「競馬ブック」と馬券を握りしめて!この日はマイルチャンピオンシップ 南部杯が東京競馬場にやってくるということもあり、楽しみにしていました。前日のレースを、競馬に詳しい弟とともに無料放送中だった「グリーンチャンネル」を見ながら予想の練習をしていたくらいです。

出がけに競馬新聞を買って電車に揺られ、ちょうどお昼に競馬場に到着。5レースから早速開始。いきなりですが結果をざっくりとご覧にいれます。

レース 購入馬券 購入額合計 配当額合計
5 馬連 ボックス 02, 06, 07 \300 \0
6 馬連 ボックス 02, 05, 12 \300 \0
7 馬連 ボックス 05, 06, 09 \300 \210
8 馬連 ボックス 01, 04, 07 \300 \0
9 馬連 ボックス 02, 13, 14, 16 \600 \0
10 馬連 ボックス 03, 06, 09 \300 \0
11 馬連 ボックス 06, 11, 15・複勝 13 \1,000 \1,800
12 馬連 ボックス 01, 03, 05 \300 \0
最終結果 \3,400 \2,010

額が少ない?いや、実はですね、競馬場についてからわかったのですが、財布の中に7,000円+Suicaしか入ってなかったんです(笑)。ATMでおろすこともできましたが並んでいてめんどくさいし、今日はたしなむ程度にと小額にしました。大負けしなかったけど、大勝ちはしない買い方ですね、株式投資と同じ趣向がそのまま出てます…。

■初心者向け講座もやっています

パドック下の馬券売り場の隣で、初心者向け競馬講座を開いていまして、聴講してきました。特に、競馬新聞の見方がさっぱりだった事がよくわかり、非常に参考になりました。講義は20分程度ですので、ぜひ受けてみてください。予想がよりエキサイティングになりますよ。

そして、観客席。人はすごく多いですが、臨場感を味わうなら立ち席がいいですね。G1のゲートイン直前の盛り上がりも体験してきました!本当に「オーーーーッ!」って言うんですね。

IMG_1428

まあ、事前に予約できるなら指定席の方がゆっくり観戦できていいとは思います。ハイ。

あと、東京競馬場は先ほどもお話しした馬場内がとても過ごしやすく、馬券売り場も整っていますので、のんびりご覧になりたい方はこちらがいいと思います。僕も、ほとんどの時間は馬場内で過ごしていました。

■よいストレス解消法

観戦していて思わず出てしまう言葉。

  • 「差せ、差すんだーーー!」
    IMG_1394
  • 「まくれ!まくれ!!まくれ!!!」
  • 「お前来んな!そのまま、そのままだ!」
  • 「うっしゃ!!!」
  • 「あーーーあ。」

競馬をやられた方なら経験があるはずです。実は、これが意外に気持ちいい。声を出すとすっきりするんですね。みんな大声を出している中ですし、そう言う場所ですから迷惑がられる事もありません。馬券を買って大声を出してすっきりしに行くだけでも、いいと思いました。

■人間はミスをしてもよいことを思い知った

さて、先の結果をご覧になられて「あっ」と思われた方は、競馬をよくご覧になられている方です。特に、11レース。

まず、5レースなのですが、7番 サクラトップクインは人気があった馬であったのにも関わらず「大差」となっています。レース中に体調を崩して、そのまま何とか歩いてゴールをしていました。観客席から敢闘の拍手はありましたが、はじめて競馬場で観戦した最初のレースで投票した馬がこうなってしまい少し凹みます。アスリートのケガというのは、見ていてたまらないものです。

そして、11レースの南部杯。勝ちに行くための馬券とともに、岩手から遠征してきた13番のロックハンドスター(※1)に100円ながらも応援をこめて複勝で投票していました。また、今日の南部杯は岩手県応援企画も兼ねていて、場内では数多くの物産展が催されていました。

IMG_1433_EDITED

確かに僕はしっかりとこのレースを勝っている。しかし、同時に自分が投票した馬が目の前でケガ(※2)をして、そして予後不良…安楽死という悲しい結果になってしまいました。おそらく、地元で多くのバックアップを受け…それも震災の年ですからいつも以上だったはずです、そんな中で東京に馳せ参じてきた結果がこれというのは、あまりにも残酷です。

人間はどうでしょうか。どんな大失敗をしても、命を取られる事はそうはありません。しかし、競走馬はケガをしてしまうと、命を失うことは決して珍しくはないのだそうです。競馬に詳しくなかった時代でも、有名な馬がケガをしてしまい予後不良になってしまったという話は耳にしていました。彼ら・彼女らは命がけで走っている中で、人間はどれほど魂をこめてがんばっているのか。この一件が帰りの電車で頭から離れませんでした。

そう思うと、人間である自分はもっと果敢に挑戦しなければと気持ちを新たにする機会にもなりました。

■楽しみつつ 馬の活躍に想いを馳せる

競馬がどうして馬そのものに想いを馳せる人が多いのか、少しわかった気がします。人間以上に優勝劣敗が厳しくとも、様々な出来事が裏側にあるのではと1日で感じられるくらい、奥深い何かがあるのだなということです。これでは詳しい方にはまだまだ浅はかだと言われかねませんが、そう感じるから興味が沸いてきたことは事実です。

今は大学院があるのでハマる事はぐっと我慢しますが、これは何も無いとのめり込んでしまいそうです。ソフトウェア開発者ということもあり、ハマれば予想用ツールを自作するのは目に見えていますし、競馬場にも毎週のように通うでしょう。

また、時間が出来るか、大きな声を出してすっきりしたい時に、足を運ぼうと思います。楽しかった!どうもありがとう。

IMG_1444

 

■写真もどうぞ – Flickr: koemu stuff tagged with 2011年第4回東京競馬第3日

※1 岩手の星(Rock=岩, Hand=手, Star=星)、という意味なのでしょうか。

※2 パトロールカメラを見ていましたら、どうも芝生とダートの継ぎ目でケガをしているように見えました。芝生になれていなかったのでしょうか。

相撲を観に行ってきた

9月、前半の3連休の最終日は、相撲を観に行ってきました。大相撲 平成二十三年 九月場所 九日目にあたります。

IMG_1256

行くと決めたのは前日の夜、チケットを取ったのは、当日に両国国技館のチケット売り場でのことでした。いつも突然動く感じですが、向上面の2階イス席Bのいい場所を取れたのでよしとします。

■早く来すぎた…か?

幕下力士の取組が行われていましたが、恐らく力士の身内だったり友人であろう方たち以外、あまりいなさそうな感じでした。

IMG_1263

いい席はお早めに、それも当日だから、と思いましたが、それにしても早く来すぎてしまいました。まあ、1時間もしたら十両の取組が始まって腰を据えて観戦するだろうからと、館内の散策をしていました。

先ずは、お昼を食べていなかったのでお弁当。ここは定番の焼き鳥弁当をゲット。880円なり。

IMG_1265

他にも、2階席にはファーストフード店があります。ここは後で述べますが館内FM放送で元武蔵丸の振分親方が教えてくれた場所でして、館内にはここにしかファーストフード店がないせいもあり結構並んでいました。2階席でカジュアルに楽しむにはいいお店ですね。お弁当だけでは足らなかったので、ポップコーンを買ってきました。

IMG_1295

まあ、そうこうしている間に、幕内の取り組みに入って行きます。

■幕内はすごい

2階席だと迫力が伝わらないのでは…と心配しましたが、そんなことはありませんでした。取組が進むにつれて、しこを踏む音、そして体がぶつかり合う音がどんどん伝わってくるようになりました。そして幕内です。

IMG_1313

僕が楽しみにしていたのは、隆の山関の取組です。ひょろっとした体格にもかかわらず体の大きい相手と戦う姿をいつも楽しみに観ています。しかし、この日は残念ながら体重が倍以上もある臥牙丸関に押し出しで負けてしまいました。体重、増やさないといけませんね。誰かもそうですけど。

IMG_1334

この日、目を引いた一番は琴奨菊 – 時天空でした。力士同士が力強く押し合う姿というのは、相撲を観にきてよかったと思える迫力を感じます。結果は琴奨菊のきめ出しでの勝利でした。

IMG_1348

一眼レフを持って行くと撮る方ばかりに集中してしまいそうだったので、コンパクトデジカメで撮ってます。小さいけれど、雰囲気はわかりますよね。

■館内FM放送『どすこいFM』が面白い

行く直前に知ったのですが、両国国技館には館内FM放送があります。この日の解説は十両が[振分親方(元武蔵丸)・竹縄親方(元よう司)]、中入からは[伊勢ノ海親方(元藤ノ川)・時津風親方(元時津海)]です。はじめは、そんなに期待していなかったのですが、実際に聴いてみるとこれが期待以上。

IMG_1340

元武蔵丸さん(※1)の解説が、まるでサッカーのラモスさんのような解説なんですよね(笑)。辛口なのはさることながら、ジョークが効いている。また、NHKの放送ではとても話してくれなさそうな取組の評価や、力士に対する評価も聴く事が出来ます。

中入後は解説者交代となるのですが、これもNHKとはまた違う、ゆったりとした調子で取組の解説を聞いたり、これまでの相撲界で起きた出来事についての話を聴く事が出来ます。最近行われているアンケートの集計状況やそれに対する感想まで話されていました。

聴取にはFMラジオが必要です。僕は手持ちのiPod nanoにFMラジオがついていたので問題なく聴く事が出来ました。ラジオの貸し出しもあるようです。今後は、館内専用Wi-Fiを通じてスマートフォンで聴く事ができたら、もっとリスナーが増えるのではと思いました。

NHKの解説とはまた違った、実際に土俵をこの目で観ているから、そして聴いている人が限られているからこそざっくばらんに話せる内容が流れてくるというのは、素晴らしいことです。観戦が更に楽しくなります。

■やっぱり升席で観たいなぁ

2階でも、A席ならそれなりに迫力はありますが、今回座ったB席の倍の価格です。それなら、力士を間近に観る事が出来る枡席で観てみたいですね。贅沢なお弁当を囲みながら知人同士でワイガヤと観に行くというのは、よい非日常感も伴う事でしょう。僕の歳ではまだ早いかもしれませんが、いずれそんな贅沢な観戦をしてみたいですね。

IMG_1367

※1 ご本人は、自己紹介のときに「ベン・ジョンソンです」って言われていたので、最後まで実況の方が「ベン・ジョンソンさん(笑)」と言われていたのには笑ってしまいました。ベン・ジョンソン氏は、みなさんわかりますよね?

チャリがなければ電車があるさ

東京には電車がある

チャリがないので暇です。でも、東京には電車があります。ということで、チャリから電車に乗り換え、ついでにEOS 7をもってあちこちを回っています。

川崎大師 風鈴市

7月20日。まずは、川崎大師の風鈴市へ。全国各地の、ガラスばかりではない様々な素材を使った風鈴の即売会が行われていました。

filmscan095 filmscan074

風鈴と言えば夏を彩る、涼しげな空気を運んできてくれる道具です。エアコンは確かにいい。熱帯夜の日は正直欠く事ができません。だけど、ちょっと涼しい日は、窓を開けて風鈴の音を聞きながら休むってのも風流でよいかなと思います。

IMG_4566

僕も2つ買ってきました。音が全く違うのでこれもおもしろい。

Flickr sets: 川崎大師 風鈴市, 2009

フリーきっぷもいい

別の日に、人形町→神保町→表参道→上野→皇居というルートを回りました。地下鉄には「フリーきっぷ」(710円)というのがあり、乗り降りの回数を気にすることなく都心を周遊できる切符がありますので、これは暇つぶしにもってこいであります。

filmscan134

人形町は以前に住んでいましたが、足を運んでみると都心なのにのんびりしているなーという事を改めて感じます。交番の中にワンちゃんが佇んでいる。そして、おまわりさん、普通。

続いて、半蔵門線に乗り、神保町を経由して表参道へ。

filmscan140 filmscan146

表参道は、裏通りに入るとより魅力をぐっと感じますね。ウィンドウショッピングあり、カフェあり、露店があり。ここでオークリーのショップで自転車用のサングラスを思わずオーダーしそうになったものの、ここはぐっと我慢。

次は銀座線で上野へ。戻ってますね。

filmscan148 filmscan116

上野は、表参道と打って変わって、とても混沌とした雰囲気が特徴です。アメ横を歩くと、滝のように汗を流しながら売り込みをするおっちゃん、よくわからないけどなんか安そうなものを薦めるおばちゃん、そして人ごみ。多種多様な東京をよくあらわしています。

途中、フィルムが切れてしまったのですが、上野のヨドバシカメラですぐにリバーサルのフィルムを買うことができました。都心はフィルムが切れてもすぐに買えるから安心。だから、写真が白黒とカラーで混在しているんですね(※1)。

最後は、皇居。

filmscan122

皇居は、一部ですが無料で中に入る事ができるんです。江戸城跡地に非常に広い芝生公園があり、晴天時にねっころがると幸せになれます。4年前に一度行った事があるのですが、このときは秋でいい感じで風情があった記憶があります。

Flickr sets: Tokyo

忘れてはいけない期間限定の見物

これは電車ではないのですが、忘れてはいけない期間限定 東京名物を見てきました。

IMG_4993

お台場のガンダム像です。日曜日、それも深夜に行ったのですが、思った以上に人がいまして関心の高さを感じるのでありました。

自転車が来るのはまだ先

自転車が来るまで、こんな感じで回ってます。また、休みを見つけて足を運んでみることにします。

※1 白黒フィルムのほうがダイナミックレンジが広いな。

昭和な街 立石を歩く

葛飾区 立石。区役所の南に位置する、葛飾区の中心的な繁華街です。そんな街の近所に僕は住んでいるのですが、実はしっかり足を踏み入れたことがありません。しかし、著名な写真家である森山大道氏が訪れ、そしてウゴウゴルーガのルーガちゃんの地元という、なんか不思議な力をもった街でもあるのです。

ということで、何もない日曜日となったので、新しいカメラを持って立石へ歩いて出向くことにしました。

IMG_1538

あれ、静かですね。拍子抜け?

もう少し歩くと、京成電車の立石駅に当たります。

IMG_1546

今日も元気よく3400形が東京の下町を走りぬける、僕の中でのいつもの光景です。さらに南下します。

IMG_1559

おお、南側は元気ですね。自転車が多すぎ。ちょっと西に進みます。

IMG_1581

ここのお店、何かおいしそう。というか、やさしそう。さらに行くと変なものが…

IMG_1582

なんですか「ぐりコ」って。日曜日でやっておらず、結局何のお店かわからずじまい(※1)。

もう少し進むと、商店街から住宅街へ自然とシフトしていきます。

IMG_1592

ネコさん、警戒中です。ここ、何かというとですね、駐輪場です。

IMG_1594

これ、場所が悪いな。もう少し近いと、ユーザが増えると思うんだけどなぁ。

さらに進むと、なにやら桜まつりが行われています。出遅れ感満点の桜祭りですが、覗いてみましょう。

IMG_1603 IMG_1624

とおもったら、撤収してました。まだ14:00くらいなんだけどなー

さらに進みます。花が満開です。

IMG_1648

また商店街へ戻ります。レガシーなガチャガチャが佇んでいました。なつかしいなー

IMG_1682

ちょっと路地に折れると、またネコさん。葛飾区は猫が多いなー

IMG_1688 IMG_1695

その後、ちょっと時間を置いて、お好み焼きを買うついでに夜の立石へ。昼とはまた違う、ドラマに出てきそうな昭和っプリを発揮しています。

IMG_1877

うなぎ!うなぎ!食いてぇ。

IMG_1885 IMG_1923

安い!うまい! 大切なキーワード。そんでもって、日曜日なのにどこの店も開いていてちょっとびっくり。

IMG_1902

そんな中を、いつも通り電車が走り抜けていきます。

ハイカラさとはまったく無縁なのですが、ホッとする感じが立石ですね。気が向いたらちょっと立ち寄ってみてくださいね。

Flickr sets: 葛飾区 (これ以外の写真はこちらにも)

※1: 後で調べましたら、バーなんだそうです。なるほど。