僕がチャットが嫌いな理由 そしてVoiceLinkを好きになった理由

■僕はチャットが嫌い

僕は1997年に初めてインターネットに接続してこのかた、チャットが嫌いです。誰と話すのが嫌、という事ではなくチャットで話すのが嫌なのです。

  • 時間を問わず遠慮なく話しかけられるから。
  • 文字情報だと、感情や意図を的確に伝える/受け取るのが難しいから。
  • 記録に残るから。
  • 顕名のようにみえるが素性がわからない。

というのが、理由です。対象となるのは、古くはWebチャット, ICQ, Yahoo! Messenger, IRC, IP Messenger, そしてSkypeでしょうか。ただ、Skype は音声通話をするためのメディアとしても使えるため、その用途に限っては使い続けています。

インターネット上のコミュニケーションでは、文字ベースで行う事が最もコストがかからないことが普及に至る要因の一つなのだとは思います。また、僕の周囲にいるWeb開発に携わる知人は積極的に使っている事でより「普及」しているように感じているところが、悩ましい所です。

とはいえ、インターネット上には幸いに他にもコミュニケーションのためのメディアがあります。

■ソーシャルメディアはどうか

ソーシャルメディアと言えば、 mixi に始まり、今は twitter や Facebook です。僕は基本的にソーシャルメディアが好きで、よく使っています。

  • 時間の拘束性から解放される。
  • 文字ベースではあるけど、特定の誰かに発言する事に縛られない。
  • 記録に残るけど、それは自分のための記録。
  • 顕名かどうかはメディアによるが、過去ログ等から基本は誰かはわかっている。

ソーシャルメディアは、コミュニケーションのためのメディアであるのと同時に、自分自身のためのメディアでもあります。というのも、ソーシャルメディア上に何かを書き込む行為は、コミュニケーション以外の事を目的としている場合が往々にあります。そうです、今の自分の記録を取る行為です。どこにいるとか、何をしているとか、どういう気持ちなのか、等です。 Lifelog という言葉を使っている人もいますが、まさにそういうことです。

ただ、最近は twitter は見てはいますがあまり書き込まなくなりました。というのも、たくさんの人に見られている事がマイナスの方向に働き、思いもしない…それも主張したい部分とは大きく外れた批判を受けたり、僕自身も人に見せて本当にいいのかという会話を繰り広げることがあり、その反省を踏まえてとなります。ですので、メインを Facebook へシフトしています。こちらは友人関係のある人のみにコメントを公開することで、より「人を見る・見られる」ことを意識した襟を正したコミュニケーションが出来るからというのが理由です。また、 twitter 以上に文を打てるため、文字ベースでやり取りする際の意識の齟齬を少しでも和らげる事が出来ます。

とはいえ、文字ベースでやり取りしていることには代わりありません。

■インターネットのメディアを少し離れて…

僕はインターネットを始める前は、アマチュア無線をしていました。中学生の頃に2級(※1)を取ったくらいなので、その入れ込み具合は想像いただけるかと思います。

僕がアマチュア無線がとても好きだった理由は、こう言う所にありました。

  • 実はあまり時間に拘束されない。その時につながった人と話せばよい。
  • 声でやり取りしているので、感情が伝わってくる(※2)。今振り返って思うと。
  • 記録は基本として残らない。ただ、会話は交信している人以外にも聞こえており、記憶に残る。
  • 顕名である。コールサインは個人特定可能かつ総務省が管理している世界で一意のIDである。

インターネット時代のソーシャルメディアと決定的に違うのは、声でやり取りしていた事でした。文字と違って、同じ情報を伝えるにしても声を使う事で情報量が飛躍的に多くする事が出来ました。文字では、喜怒哀楽を伝える事は難しいのですが、声ならとても容易です。楽しい話も、叱られた事も、思い出として心に残す事が出来ます。人には感情が必ずあります。そのやり取りを通じてお互いを知る事が出来るのではないでしょうか。あと、速報性も高いです。

これは、これだけメールやソーシャルメディアが普及した中で、携帯電話の機能として電話の通話が無くならない事がよい例なのではと思います。

ただ、アマチュア無線には最大の問題点がありました。電波が届かないと、通信が出来なかったのです。ですから、電波状況が良い日のみつながるような人もいました。風情はありますが、メディアとしては不完全です。

■そして登場した声を使ったインターネットメディア

僕が最近よく使うインターネットメディアがあります。それは、 VoiceLink です。声でコミュニケーションする、インターネットメディアがようやく出てきました。スクリーンショットをどうぞ。

スクリーンショット(2012-02-04 0.44.50)

VoiceLink の原点は、板倉さんがむかーし昔、1984年に体験した「NTT 世田谷局 ケーブル火災」にあります。受話器をあげると普段つながらない人たちの声が聞こえてきたんだそうです(詳細は「社長失格」pp.8 以降にて/電子版もあります)。でも、僕は板倉さんをはじめとしたSynergy Driveの皆さんが開発したこのサービスにファーストユーザとして招待していただき、初めて使ったその時に思ったのが「あ、これはアマチュア無線の再来だ。」ということでした。

  • あまり時間に拘束されない。その時にログインした人と話せばよい。
  • 声でやり取りしているので、感情が伝わってくる。
  • 記録は基本として残らない(※3)。ただ、会話はログインしていないリスナーにも聞こえており、記憶に残る。
  • 顕名である。本サービス開始時はクレジットカード認証時に本人を特定する。

比較してみても、ほら、アマチュア無線とそっくり。さらに、アマチュア無線でできなかった参加者の「視覚化」も出来るようになりました。それも、とってもインタラクティブに。まだまだ開発途中とのことですが、今の段階でできる面白い事は「”いいね!”は時間軸に対応している」「参加者本人に”いいね!”が出来る」そして「席を自由に移れる」ことです。

僕はアマチュア無線が好きでした。でも、免許が必要だし、電波を発することはものすごくコストがかかって大変でした。でも、 VoiceLink なら、今、手元にある Mac ですぐに参加する事が出来ます。仕事と大学院はありますが、レポートを早く終わらせて何とか時間を作って1週間に1回は参加するのが、僕の楽しみになっています(※4)。

■キーボードを打つという事はリテラシーを高く求められる

キーボードを打てるようになるまでに、皆さんどのくらい時間をかけましたか?ブラインドタッチ、できますか?僕はコンピュータエンジニアなので、やれて当然と言われればそれまでかもしれません。でも、みんながみんなコンピュータの専門家であるはずもありません。

では、キーボードを抜きにして文字だけに話を絞ってみましょう。僕は大学院生ですから論文を書くのですが、その中で「論文指導」があります。論理的な文を書くと言うのは、高等教育機関で講義ばかりでなく教授から直接指導を受けることでスキルが身に付くと言う、非常に難しいものであると言う事なのです。さらに、文筆家をはじめとした文字を通じて演出をする人の能力はこれとは比較にならず、努力や能力を超えて一部の人が天から授けられるセンスの領域に達しています。

ましてや、世界を見るとキーボードどころか識字率が日本程高くない国はごまんとあります(See also: 「統計局ホームページ/世界の統計 第15章 教育・文化」)。こう考えて行くと、文字ベースのコミュニケーションと言うのは難しく、それなりの教育を受けた人が初めて到達できる領域なのです。

そんな中、人がコミュニケーションをするときに使う最も原始的かつ知的な方法が、声によるコミュニケーションです。 VoiceLink は、そういったキーボード、はては文章を書くリテラシを高くは求められず、一方で人とコミュニケーションしたいと言う動機をより単純に用いる事が出来る、今までインターネットにあまり存在しなかったメディアです。文字を書くのが得意ではなくとも、面白い人・尊敬できる人はたくさんいます。そう言う人が、インターネット上で活躍できるようになったら、また新しい世界が開けるのではと僕は想像します。

そして、人の感情を織り込んだコミュニケーションが僕は好きです。とてもシンプルなやりとりで、ガンガンと脳みそがうごめく。そして、お互いの紐帯ができあがる。大げさかもしれませんが、人として生きることを実感し意識できます。

僕はコンピュータエンジニアエンジニアを10年やってきました。いかに、コンピュータを人に使ってもらう事に対して、自分の目線ばかりで考えてきてしまっていたのか、それに気づかされました。僕には、まだまだやらなくてはならない事がありそうです。

■除外したこと

掲示板はコミュニケーションのツールとして10年以上前はよく用いられてきましたが、最近は僕の中ではそうでもなくなったので、除外しました。

ブログもコミュニケーションのメディアだろうと言う意見が出るはずです。でも、スパムなどでコメント欄やトラックバック欄が荒れる事も少なくなく、閉じてしまう人も出てきました。また、日本では日記としての用途も少なくありません。従って、コミュニケーションと言うよりは発信主体のメディアというのが僕の理解なので、除外しました。

※1: 2級を取得すると、国際通信用を含めた全てのアマチュア無線の周波数が扱え、出力もヘタな放送局よりも大きな200Wを扱う事が出来ます。4, 3級に比べて自由度がぐっと広くなるのです。

※2: モールス(CW)やRTTY、パケット通信は除きます。でも、モールスだと打つペースが変わってそれはそれで伝わるものがありました。

※3: 今後、録音機能がつくので、記録に残す事が可能となるというアナウンスが流れています。

※4: 昔、アマチュア無線をしすぎて学校の成績がえらく悪くなった事があるので、今度はそうならないようにやる事はちゃんとやるようにしてから、と決めました。

ListPodで楽々クリッピング ブックマークレット

yusukebeさんが作られたListPodという、YouTube動画をPodCastできるようにするサービスで遊んでいます。
といっても、PodCastはまだ使ってなくて、もっぱら動画専用クリップサービスとして使っています。

ListPod

これが、オリジナルビデオクリップを収集するのにとっても面白い。

さて、クリップの際は通常の方法だと画面にURIをコピペしないといけないのですが、どうもめんどくさい。
ということで、ブックマークレット、作りました。

この動画をListPodへ追加する

はてなのIDをはじめとしたOpenIDの類を持っていれば、特別なユーザ登録は不要ですぐに始められます。ホントすぐ。
バシバシ追加してマイベストを作っちゃいましょう。
僕のリストは『ListPod – koemuさんのホーム』へどうぞ。

さて。ちょっとした要望を。
・マイリストにピックアップされているサムネールから動画へリンクしてほしい
→どうしてもクリックしたくなる。というか、した。
・登録完了後になにをすればいいかわかりにくい。
→はてブのように元動画に戻るのもよし、リストに戻るのもよし。僕はリストに戻ってほしいと思っています。

個人的にこういうのが好きなので、よりよい物になるよう期待しています!

来年は江頭2:50氏が来る!?‐青年お笑い芸人が面白い

今年は『ルー語』で再びブームを沸き起こしたルー大柴さん。
ブログもいっぱいコメントがついて賑わっているようです。
報道や、本人のお話(『<サクセス・インタビュー> あの人に聞く、成功への秘訣 [月刊チャージャー] – Yahoo! JAPAN PR企画』を参考)によると、

僕のブログは、ハイスクールの、特にガールがおもしろいと言ってくれているらしいですね。

そうです、昔のルーさんを知らない人が、ネットのメディア、特に今回はブログを通じてルーさんの面白さを再発見したことがポイントのようです。

さて、そういう感じで盛り上がり始めている”青年”お笑い芸人さん、ほかにもいるようです。
僕が最近注目しているのが、江頭2:50さん。
世間では「公然とティムポを出すようなとんでもない芸人」という評判を聞きます。確かに、今でもバリバリやられているんです(苦笑)。
ただ、最近見たとあるネット番組で、ちょっと意外な一面を垣間見ることがありました。

江頭2:50のpppするぞ! (TFM+)
 →番組名の通り「ピー」が多い過激な番組です。周りをよく確認してからご覧ください(笑)
 →12月6日の内容がオススメ!

この番組のコーナーに『エィガ一刀両断』という、江頭さんの映画批評コーナーがあります。
そこで、あらすじの紹介や解説をしてくれるのですが、その話し方が……とても美しい
下手な朗読家より、リアリティ高く、そして耳をひきつける語り口で話を進めてくれます。
この活躍が高じて、本も出されたそうです。今度買いにいこっかな。

そして、『心男女』という相談コーナーも、むちゃくちゃなリアクションの中に、彼なりの解決策をきちんと伝えているのです。

周囲の目線を乗り越え自分自身を表現する「強さ」と、長年培った意外な「専門性」。
それは、今の僕らが「必要としているのにもかかわらずうまく発揮し切れていない」ところを、彼がうまくカバーしているように、僕は見えました。
オーディエンスに、20代っぽい人が(時間の関係もあるのでしょうけど)多く集まっているのにも、それが裏付けられているように思います。

過激なリアクションで世間を驚かすパワーは相変わらずも、新しい一面をさらに輝かす江頭2:50さん。
ちょっと注目です。

※収録、見に行きてーーー!

新しい検索の形:今ほかの人は何を探してるの?

Webを見ていると手放せないのが「検索」。
これがない生活なんて考えられない!と考える人は少なからずいらっしゃると思います。

さて、その検索枠に”ほかの人”は何を入れているか!?気になったことはありませんか?
僕は、ありません。

でも、意外や意外(失礼)、思っている人がいるのかそういうサービスが登場しました。
Sachi – しあわせさ〜ち –
それと、作った人のおはなし。
変わった検索サイトの「しあわせさ〜ち」を公開しました (新宿御苑前ではたらく社員のぶろぐ)

そしてその模様のスクリーンショット。


流れてます 流れてます

今、誰かが打ち込んだ検索キーワードが、動画の先にある電光掲示板に流れてますよ?
これ、自分が打ったものも流れてきて面白いです。最初の印象は「おお、本当に流れるんだ!」と思ったっす。

最近、インターネットサービスの開発ではCometに代表されるようにリアルタイムにサーバから情報を取り寄せる手法が話題になることもあります。
しかし、わざわざ電光掲示板のキットを買い、そしてそのためのプログラムを書いてまでこんなサービスを作るとは、御見それいたしました。AjaxだのFlashだのを使ってもできないことは無いのでしょうけど、こういう一見無駄にも思える試みをされることが楽しみを増やす一つのポイントになるのかなと考えています。それに、「わかる人にはわかる」ネタが仕込まれているのもお茶目です。
しばらく、打ち込んでどんなメッセージが流れるか遊んでしまいました。

あと、誰かが使ったキーワードがリストアップされる機能もあり、これを使って再検索=もういっぺんテロップを流すことも可能です。
これ、「自分が打ったのが残るぞ」そして「自分のキーワードが他の人に使われているぜ!」というちょっとした優越感も感じることができます(僕だけ?)。

なんか久々「ウケる」サービスを見つけたので、思わず紹介します。

※さて、ここで自分は何を検索してたんだっけ?

連絡船を「音」でたどる

『青函連絡船』と『宇高連絡船』。
それぞれトンネル・橋ができるまで、本州とをつなぐ重要なバックボーンだったというのは、知っていらっしゃる方は多いはずです。

その連絡船ですが、僕は乗った事がありません。親戚はすべて本州にいますし、四国や北海道に家族旅行をすることも無かったからです。昨年は四国へ行きましたが、そのときはすでに瀬戸大橋を経由して本州と四国を行き来できる状態でした。

さて、そんな連絡船の情報を、ふとしたことからインターネットを通じてたどってみることにしました。
特に、本では手に入りにくい「音」の情報にこだわってみました。

■青函連絡船
3時間以上の長旅だったそうです。新幹線も八戸まで通じていない時代、東京から青森へたどり着くまでが大変そうなのに、さらに先があると言うのはすごいです。
想い出の青函連絡船
 →写真とそのときの音が体系的にまとめられています。
みかんばこ – 青函連絡船
 →出航の際に流れるドラの音がすごい。
僕は、この録音を聞くまで『蛍の光』が定期的に流れるのはスーパーの閉店時間とばかり思っていました。連絡船の出航時にも、流れていたんですね。

■宇高連絡船
実は、連絡船を調べているとき、初めて本州・四国をつなぐ連絡船があることを知りました。よく考えたら、瀬戸大橋がつながるまで、渡る手段は船か飛行機だったのですよね。
宇野線と宇高連絡船
 →最終日に録音した放送がアップされています。船内アナウンスで感極まる声が流れているのが非常に印象的です。
宇高連絡船歴史館
 →音のサイトではないのですが、体系的にまとめられているので当時の姿を知るには手っ取り早いかもしれません。
こちらでも、出航時に流れるのは『蛍の光』なんですね。
あと、大型船以外に「急行」としてホーバークラフト便もあったそうです。これだと速くていいですね。
そんな四国には、今は3つのルートに橋が架かっています。

極めつけは、9月25日の朝日新聞。
asahi.com:27年前の旅、再現 車内放送などCD化-マイタウン北海道
すげー!気合の入り方が違う。
だけど、この催しは函館で開催。東京からだとちょっと行くのが大変ですねー

知っている人は「あー、確かにこんなんだったな。」と思われるのでしょうか。
僕は、「あー、旅してる感 満点!」に聞こえます。

こんな旅が『贅沢』だなー。
と、思うのは、その輸送手段に生活がかかっていない環境にいるからなのでしょうか。