ねむり時間計で改善する 自分の眠りっぷり

睡眠。それは、人生の3割以上を占める大切な時間です。一方で、よく眠れない、眠ったのに眠った感がない等、眠りにまつわる悩みを持つ方も少なくありません。僕も眠りに関する悩みを持つ一人でして、特に寝起きがすっきりしない点をどうにか改善できないかと思っていました。

そんな中、「起床しやすい時間に起こしてくれる」という、ねむり時間計を借りる機会がありました。また、ねむり時間計を使った結果、寝方を改善するきっかけを掴む事ができました。そこで、7月から1ヶ月以上使ってみてのお話を「ねむり時間計の仕組み」「データを取ってわかったこと」そして「改善策として実践し始めたこと」の3点に分けて、お話しします。

CRW_1900

■ねむり時間計の仕組み

ねむり時間計は、大きく3つの機能が備わっています。

  1. 時計そのもの
  2. 目覚まし時計 – 睡眠のタイミングを計り目標起床時間前後に鳴動
  3. 睡眠状況の計測 – 振動センサーを用いている

販売元のオムロンの紹介では「2 目覚まし時計」の部分が強調されています。気持ちよく起きることができる期待が持てそうですものね。僕も最初は2に注目していたのですが、使っているうちに「3 睡眠状況の計測」がとても大切な機能である事に気がつきました。3については、次節で詳しくお話しします。ただ、一つ僕が感じる問題点がありまして、それは目覚まし時計としての「アラーム音」が非力なのです(;_;) そこで、僕は念のためアラーム音が大きい携帯の目覚まし時計も7:15にセットして併用しています。

また、ねむり時間計はスマートフォンと連携して使う事がほぼ前提となっています。スマートフォンから、主に次の3つの操作を行います。

  1. 睡眠状況をはじめとした各種計測機器(体重計や血圧計等)の計測結果の表示
  2. 目覚まし時計の時刻設定
  3. 睡眠に関するアドバイスの確認

なお、データ同期のためにNFC、Bluetoothを用います。僕が借りている古い機種(HSL-001)はNFCのみですのでiPhoneではねむり時間計と通信ができません。そのため、僕は相方のNFC・Ferica対応のAndroidスマートフォンを使ってデータを送受信し、自分用のiPhoneでデータを参照しています。なお、執筆時の最新機種(HSL-002C)ではBluetoothにも対応しているため、iPhoneからもデータを送受信できます。

スマートフォンと連携させる事で、時計側でのデータ参照・更新のための機構の多くを排すことができ、結果として時計自体が高くならずに販売できているのでしょう。

■データを取ってわかったこと

当初、ねむり時間計を使った目的は「すっきり起られる時間に起きる」ことでした。しかし、使い続けているうちに、目的が「どのように眠ればよく眠れた事になるのかを知る」ことに変わってきました。

次の図を見てください。ねむり時間計が記録した「睡眠時間」の記録です。

※凡例: 「青: 目覚ましセット〜眠りにつくまでの時間」「水色: 眠りについた時間」「赤: 目覚ましが鳴り始めてから止めるまでの時間」「緑: 食事の時間(手動入力)」「橙: 運動している時間(手動入力)」・「星: 目覚めっぷり評価(手動入力)」・「ベル下の数値: スヌーズ回数」

IMG_0972

自分が「眠っている」と思っている時間と、時計が認識している「眠りに入っている時間」には、違いがあるんですねー。僕の場合、入眠は5分の日もあれば1時間以上の日もあり、起床時間は10〜30分の間となっています。そう、1日1時間程度、眠った事になっていない時間があるのです。僕はこれまで寝付きが悪く、朝起きづらい事は自覚していたのですが、データとして客観的に見ることでその認識を新たにしました。

そして、数週間のデータとともに生活を振り返ると、3つの問題点が見えてきました。

  1. 夜更かしすると寝付きが悪く朝も起きにくい
  2. コンピュータの画面を見た直後は寝付きづらい
  3. 6時間以上「眠りに入っている」といい感じで起きられる (8時間以上寝るとスッキリ!)

こうして、眠りの問題を改善するよいデータが得られました。次節で、データを踏まえて考えた改善策をお話しします。

■改善策として実践し始めたこと

ねむり時間計のデータとこれまでの生活のしかた、およびねむり時間計用のアプリ「ねむり体内時計」のアドバイスを踏まえて、よく眠るために次の改善策を考えて実践し始めました。

  1. 0時過ぎに寝る
  2. 寝る前はコンピュータの画面をあまり見ない
  3. 体を冷やす

1は、7:20頃に起きる(※1)ためには、入眠に30分+眠りに6時間+起床に30分、合計7時間ベッドで眠る時間を作るとよい事が見えてきました。そうすると、眠る時間は12時過ぎがよさそうです。実際、0時過ぎに寝るとたいていすっきりとした目覚めになります。これは効果ありです。

2は、寝る1時間前になったらコンピュータの画面を見ないようにしました。あの、LCDの明るい光が眠りによくない影響を与えるようです。やってみると、入眠の時間が減る効果があり、より長く眠りに入れる事がわかってきました。いい感じですね。なお、寝る前の1時間は話をしたり、テレビを見る(※2)などして過ごしています。

3は、特に夏場は体を「冷やす」とよく眠れるようです。そこで、眠る直前だけエアコンを強くしてみました。これも少し効果があるようです。なお、夏以外はやらなくてもいいかなと思っています。

7月下旬から実践し始めた所、おかげさまで仕事は気持ちよくできますし、精神的にも安定しますし、何より体調がいいです。眠りって起きている時のパフォーマンスに大きく影響するのだなと実感する毎日です。

■おわりに

ここまで、ねむり時間計を使って睡眠を改善してきたことを、「ねむり時間計の仕組み」「データを取ってわかったこと」そして「改善策として実践し始めたこと」の3点に分けてお話ししました。客観的なデータをもとに眠りを改善する事で、起きている時のパフォーマンスを改善できることが、自分にとってねむり時間計を使うメリットとなりました。

よく眠れない、寝ても疲れが取れない、そして朝起きづらい方など、眠りの悩みを持つ多くの方に価値がある一品だと思います。スマートフォンさえあれば5,000円程度で買って使う事ができるので、投資額もそんなに高くないこともいいのではないでしょうか。

僕も、眠り方が体に定着するまで、しばらく使い続けるつもりです。

※1: 目覚まし時刻は6:40〜7:20 の40分以内に5分間隔のスヌーズがかかるようセットしています。

※2: 僕にとってテレビはそこまで悪影響は無いようです。また、自分なりの「眠れる」番組・DVDがあるといい感じです。

もうPCは台湾のメーカーでいいでしょう

実家のデスクトップPCが弟に占領されてしまい母が作業できないと困っていたため、母用に新しくノートPCを購入しました。それが、これ。

IMG_0194

台湾メーカー、AcerのAspire 5740です。コンピュータに慣れ親しんでいる方なら、自作PCやネットブックでおなじみのメーカーですが、それ以外の普通の人にとってはまだまだマイナーなメーカーではあります。しかし、僕はこれで十分だと思ってビックカメラで選んだのであります。

■日本メーカーと何が違うのか

値段。以上。

と書いたら元も子もないのですが、でも実際そうですよね。Core i3にOfficeつきで8万円程度なのですが、同じような日本のメーカーのPCを見ると12万円程度です。背景として、広告宣伝費やコンタクトセンターの人件費等、コンピュータを取り巻くその他の部分にお金がかかっているように思います。この4万円の差でよりハイグレードな周辺機器を買うこともできます。

でも、PCの中身はほとんど、いや、ひょっとしたら一緒かもしれません。AcerやASUSは、中身のマザーボードやOEM製造のメーカーとしてその地位を高めてきたのですから。安かろう、悪かろう、なんてのはお門違いもいいところなのであります。

■どういった条件で選択するといいか

ただ、誰にだって選択してもらえるものではないのは確か。僕が思うにこういう感じでしょうか。

  • 持ち運びはあまりせずに家庭内で使うデスクトップの代替として使う
  • ハイエンドなアプリケーション(重たいゲームのプレー等)は使わない
  • テレビチューナーや日本ならではの多機能さはあまり求めない
  • 自力で面倒を見られるかお願いできる人が身近にいる

面倒を見る部分をのぞけば、多くの人が該当するのではないのでしょうか。もちろん、それはこの製品ばかりではなく、どの製品にも想定された利用用途がありますから、それを読み取ることは大切だと思います。倍以上の値段がするPanasonic の Let’s note は軽さや電池持ちで他を凌駕しているわけですし、同じく倍以上するMacは「持つことの歓び」を与えてくれる際立った存在です。ちなみに僕はMacBook Proです。

■用途重要!

弟に聞いたところによると、某芸能人が「一番高い物をくれ!は言ってはいけない。」と話していたそうですが、僕も同感です。高い物が、最高の物でないことを示す、良い例であります。

家電は年末商戦直前の今がお買い得?!

自宅にあるFAXが壊れてしまいました。
受話器から、音が出ないのです。音が出ない電話機ほど、使えないものはありません。


壊れてしまったSHARP UX-F250CL
[ 1/60sec / F4.0 / 28mm / ISO 400 / EF 28mm F2.8 ]

5年以上使っていて、かつインクもなくなっている状況なため、新しいFAXを買いに秋葉原のヨドバシカメラへ行くことにしました。

さて、FAXといえば個人利用だと通販の注文からラジオの投書など、なくてもいいけどあると便利なツールです。業務なら注文書の受領からマーケティングなど、コンピュータと等しいくらいに手放せないものとなっています。
そんな中、個人向けFAXの製品は現在こんな感じで分類されているように思います。
1. 単純なFAX+電話機
2. 1番にプリンタやスキャナなどを加えた複合機
→ブラザーやシャープなど
3. プリンタから発展してFAXと電話機がついた複合機
→キヤノンやHPなど
いずれの機材も、「FAX」と「電話」をしっかりサポートしていますが、なんと値段はそれほど変わりありません。デザイン性を重視するなら1、機能性を重視するなら2または3と言う選択肢になってくるようです。
ちなみに、秋葉原のヨドバシカメラをはじめとした大きな家電販売店だと、1・2のグループは「電話機・FAX機 売場」に、3のグループは「プリンタ」売場に陳列されています。これ、意外に重要でして、2グループの製品を探しにプリンタ売場にいくと、無かったりするのです。逆も然りです。

本題に戻りまして、僕が今回購入したのは、ブラザーのMyMioシリーズ『MFC-860CDN』です。先の3つの分類で言うと2のグループにあたる機材です。スペックは製品サイトからどうぞ。


9kg弱あって持って帰るのが大変でした
[ 1/60sec / F4.0 / 28mm / ISO 400 /
EF 28mm F2.8 ]

開梱しました (子機は写ってません)
[ 1/30sec / F2.8 / 28mm / ISO 400 /
EF 28mm F2.8 ]

選定理由は
・実家で『MFC-425CN』を使っていてこのシリーズの特徴を知っていた (実家は週に数通送受信する個人用FAXヘビーユーザー)
・カラープリンターがなかった (モノクロレーザーのみだった)
・ADFつきスキャナーがほしかった
そして
新製品が登場していて1つ型が古くなっていた
ことが挙がります。
新製品の『MFC-880CDN』は今回購入した型に無線LANがついたレベルの機能アップでした。自宅はひかり電話なので、電話線・有線LANどちらも同じところから出てくることから無線LANの必要性を感じなかったこともありました。
最後の理由にはもう一つポイントがあります。それは、11月は来る年末商戦向け新製品リリースの直前・直後なので、古い型の在庫処分が行われるタイミングなのです。おかげさまで、現行時代より1万円以上安く購入(3万円前半・値切り交渉あり)できました。ムフフ。

早速、持って帰って据え付けてみました。


個人用とはいえ ThinkPad(B5)と比べると大きめ
[ 1/60sec / F4.0 / 28mm / ISO 400 / EF 28mm F2.8 ]

個人用複合機ということで会社にありそうな”どでかい“複合機に比べたら確かに小さいです。しかし、上の写真をごらんいただくとわかるように、以前の電話+FAX機に比べたら十分大きい部類に入ります。これを置くための場所を確保するのにちょっと往生しました。
それでも、この機材に搭載されている機能や使い勝手を考えると、十分小さいと考えることもできます。どでかい複合機と近い・同じ作業が数十?数百分の1の金額でできるのですから、上等でしょう。数人程度の小規模オフィスでも十分いい仕事をしてくれると思います。

これで、ちゃんと電話ができるようになりました。


あれ、amazonも安いゾ…

一日修理工房 … DELL 2400Cを直す

先週の中ごろ、実家から電話が…
何でも、コンピュータ(DELL Dimension 2400C)が立ち上がらなくなったらしい。
エラーメッセージは何?と聞くと「Alert! Chipset heatsink not detected. System halted!」と出ているとのこと。これ、OSが壊れたとかそんな次元じゃなく、どうもハードウェア的に壊れたらしい。
とりあえず親と電話しながらググッてみると、出るわ出るわ同じエラーメッセージの症状。
これ欠陥だよ!ってブツブツ親と文句言っては見るものの、これでは何の解決にもならんわけです。それに、保証期限が切れていて修理に出せないということも判明。
さてどうしようかと思ったとき、修理方法が見つかったので、僕が引き取って修理することに。

注意: 下記手順を行われる際は、あくまで自己責任で。当方、一切責任は取れません。


今回壊れた DELL Dimension 2400C
[ 1/60sec / F4.0 / 50mm / ISO 400 / 発光 / EF 50mm F1.8 II ]

さて、土曜日の朝イチ、物が届きました(ほかの大物も届いたのですがそれは別の機会に)。
眠くて今にも気絶しそうになりながら宅急便のおばちゃんから荷物を受け取り、落ち着いた午後に早速修理開始。

親にあらかじめ取れた部品は別でしまっておいてもらった(輸送中に外れた部品が内部で暴れて破損を防ぐ)ため、状況は容易に確認できました。


チップセットからヒートシンクが取れてる!勘弁してよ…
[ 1/60sec / F3.2 / 50mm / ISO 400 / 発光 / EF 50mm F1.8 II ]

Web上で調べた、そのまんまの壊れ方です。
改めてあきれました…。こりゃ欠陥ちゃうかと、それは言い過ぎとしても自作PCでもこんなひどいたて付けはせんやろうと。だって、張りが強いヒートシンクの金具を、半田付けしただけの留め金だけでとめるんですよ。隣のCPUファンは厳重に取り付けてある様を見ると、あまりにも格差があります。
※チップセットは起動中、触れないくらいこっちんこっちんに熱くなるのです。CPUの次くらいに冷やす必要がある部品です。


取れたヒートシンクと留め金 ヒートシンクの金具は結構張りが強い
[ 1/60sec / F3.5 / 50mm / ISO 400 / 発光 / EF 50mm F1.8 II ]

さて、修理方法のサイトに載っていたマザーボードをはずして再度半田付けをしようとしたところ…、何とマザーボードが取れない。分解説明書は端から端まで読んでみたものの、外れない!くっそー
それに、マザーボードに直接半田ごてを当てる勇気も無いのです。細かいところ、かつ熱に弱い部品だからこれまた下手にやると二次被害を生み出す可能性があります。
ムリにはずして壊してしまってはいけませんので、別の修理方法を検討。

では、試しに取れてしまった留め金を元の位置に差込み、電気を流すクリップで金具間を導通してスイッチを入れたところ…。お、ちゃんと立ち上がる。データも壊れてないっぽい。
ということで、マザーボードを外さない修理方法で進めることにしました。

※ケースを開けるときは、必ず電源コードを「抜いて」から行いましょう。PCはコンセントが挿されているだけで電気が通じていて、下手に触ると壊れてしまいます。


秋葉原に買出しして今回そろえた修理部品
[ 1/60sec / F4.5 / 50mm / ISO 400 / 発光 / EF 50mm F1.8 II ]

早速、秋葉原で買出ししてきました。
揃えた部品は4つ。値段はすべて税込み。左から。
・熱伝導両面テープ 660円 でかいのでちょん切って使う
・半田ごて(30W) 924円 何と手持ちのものが壊れていた
・耐熱銅線 290円 起動中は内部が熱くなるため
・耐熱樹脂セメダイン 520円 金具を留めるため

占めて2,400円くらい。
これ以外に、半田付けするための台、半田そしてドライバーも別途揃えております。

さて、この後は写真をご覧いただきながらどうぞ。


取れた留め金に銅線を半田付け
[ 1/60sec / F4.5 / 50mm / ISO 400 / 発光 / EF 50mm F1.8 II ]

これくらいだと、電子工作をされた方なら余裕でしょう。


銅線のもう片方をまだくっついている方へ半田付けして取れた金具を差し込む
[ 1/60sec / F4.5 / 50mm / ISO 400 / 発光 / EF 50mm F1.8 II ]

こちらはせせこましいところに半田付けするので、ちょっと大変かもしれません。
でも、基盤に半田付けすることを比べたら難易度は低いと思います。

これが終わったら、とりあえずスイッチを入れてみてください。
スイッチが正しく入ったら、次の作業を進めてみましょう。だめだったら、取れた金具の差し込み具合がよくないかもしれませんので確認してみてください。それでもだめなら…、マザーボード部分から修理が必要かも。

最後はチップセットにヒートシンクを貼り付けるのですが、その前にやることをお勧めしたい作業があります。
それは、ヒートシンクにくっついている白いシリコングリスの除去です。
手順としまして
1. へらでごりごり大まかに取り除く
2. KURE 5-56などをの潤滑油を吹きつけ残ったシリコングリスを完全に除去
3. 台所用洗剤で油を完全に洗う
4. 水分をふき取る・吹き飛ばすなどして乾かす
と言う感じです。簡単です。


ヒートシンクを熱伝導両面テープで貼り付け 取れた金具を樹脂セメダインで固定し 完了
[ 1/60sec / F3.2 / 50mm / ISO 400 / 発光 / EF 50mm F1.8 II ]

セメダインは、導通しない樹脂製がいいと思います。導通するものを使ってしまうと、ショートしてしまうかもしれません。

おまけとして、CPUのヒートシンクにシリコングリスを塗りなおし。

以上で修理完了です。
本日、クロネコヤマトの配送センターに出しに行きまして、来週の半ばにはまた元通り活躍してくれることでしょう。

ちなみに、このPCは立てて使っていたのですが、今後は寝かせて使うことになります。
というのも、両面テープで留めていますので、ヒートシンクに対して横の力がかかると、数年経つとまた取れてしまうかもと考えたからです。ま、コンピュータとして使う分には大きな問題にはならないからいいか、と思います。

もし同じDELL Dimension 2400Cが同じように壊れてしまった方、参考になれば幸いです。

買ったもの…MOドライブ1,900円に始まる

おとといの日曜と昨日の月曜にかけて買ったもの。

まずひとつめ。
日曜日に秋葉原をまわっていたときに発見した、超・特価品。
それはワゴンに乗ったMOドライブ!
GIGAMO 1.3GB対応で、な、なんと、1,900円。
僕は、0を一個見間違えたか、またはジャンク品かと思いました。しかし、中古とはいえ10日保証つき。すなわち、ジャンクではないれっきとした完動品です。
しかし、この安さだとマジで信用できない。2,000円だしダメでもともとと思って購入しました。
早速、家で据え付けたところ、5年前のMOが読み書きできるし、フォーマットも問題なく終了。こりゃ得しました。
ちなみに、僕が6?7年前にMOドライブを買ったときは、なけなしのお年玉を全部はたいて買った記憶があります。CD-RとMOドライブ、その当時はそれはそれは高価な大容量ストレージ、だったのでした。それが今ではこんな値段なんて。

続いて、昨日月曜日に買ったもの。
それは銀座 菊秀で買った鋼の包丁。
いつもお世話になっているお店で、「毎週ステンレスの包丁を研いでるんだったら、鋼の包丁を買ったほうがいいよ。」と薦められ、砥石と共に購入しました。
ちなみに、いい包丁は、手を切っても治りが早いんだとか。
いずれにしても、以前のステンレスの包丁に比べたら、見るからによく切れそうです。


掘り出し物 GIGAMO対応 MOドライブ
[ 1/60sec / F4.9 / 17.4mm / ISO Auto /
発光 / Canon IXY Digital 60 ]

銀座 菊秀の鋼の包丁を買いました
[ 1/15sec / F7.1 / 10mm / ISO Auto /
発光 / Canon IXY Digital 60 ]

MOを買ったときのレシート抜粋(念のため)
[ スキャナ取込 / EPSON GT-7600U ]

行動は早いです。どうよ!