AVアンプのスピーカ出力じゃ物足りない!

今年の春先に、10年ほど使っていた DENON AVR-1801 が壊れてしまいました。一見、正常に動いて見えたのですが、使っていると突然音量が上がり出すという症状に見舞われ、さらにこれが夜中にも発生して近所迷惑になる一歩手前だったものですから、もうアウトでしょう。

■AVC-3310納入。しかし…

ということで、壊れたのを機に、同じ DENON の AVC-3310 という上位機種に買い替えました。後継機種の AVC-3311 の発表直前だったせいでしょうか、4割引特価と聞いてそれなら上位機種に、という背景があります。

このAVアンプは巷でよく聞く3D映像の入出力にこそ対応していませんが、 その他の Blu-ray やデジタル放送で使われている方式にほぼ全て対応し、かつ 7.1ch 出力も可能です。大きさも、ほとんど同じ。左が新しい AVC-3310 、右が今まで使っていた AVR-1801 です。ボタンが減ったように見えますが、隠れているだけですからだまされないように。

IMG_0262

また、 DENON そのままにした理由として、高機能リモコンの設定をやり直さなくても使い続けられることにもありました。やられたことがある人ならわかると思いますが、あのリモコンの初期設定は面倒なんですよねー。

アンプを秋葉原のヨドバシカメラから担いでもって帰り、配線を全てつなぎ変えて Audyssey を使って音場自動調整。こうして、セットアップは1時間ほどで完了。昔のAVアンプはサラウンドの音場調整が手動でしたが、最近のものは自動調整できるようになって、設置がずいぶんと楽になりました。うーん、すばらしい。

実際再生してみると、やっぱり10年の差は確実にありました。デジタル関連の処理性能は抜群に違います。 MacBook Pro からの音を ONKYO の ND-S1 というトランスポーターを経由して、AVアンプのデジタル入力端子に接続しますと、よくわかります。 iTunes でかける音楽もこれでばっちりです。

ただ、半年ほど使い続けて、いまいち納得いかない部分が出てきました。スピーカから出てくる音が、なんか薄っぺらいのです。言い換えれば、AVアンプの処理能力が上がって、そういうものが聞こえてくるようになってきたということでもあります。うーん、参りました。

■BOSEのスピーカにはBOSEのアンプを

ある日、PA(イベントやホールなどの音響)をしている方から、「BOSEのスピーカにはBOSEのアンプを使った方がいいよ」と聞きました。同時に、うちのAVシステムの音に力強さがないせいは、それなのかなと思い始めたのです。

そこで、いい空き時間が見つかった11月初旬に秋葉原のヨドバシカメラへ再び足を運び、BOSEオーディオのコーナーへ。最近は BOSE のAV機器はスピーカとアンプがセットになったホームシアター用のパッケージ品ばかりで、以前のようにバラ売りをしている機材がずいぶん少なくなってしまいました。その中にあったのが、数少ないバラ売りのパワーアンプ 1705II です。

IMG_0459

併せて展示してあった、これまた希少になってしまったバラ売りのスピーカである 301V につなげてもらったところ、はっきりわかったことがあります。「音の厚みが全然違う」と。家で使っているスピーカは 201AVM ですからまあ兄弟分、CDプレーヤもそんなにびっくりするほどクラスが違う訳でもありません。なのに、音の厚みが全く違います。今までなんだったのだろうと強く後悔し、かつ値段も自分が買ったAVアンプの定価の5分の1。すぐに買ってしまったのであります。

また、AVアンプにプリアウトがついていて助かりました。 AVC-3310 のグレードから、外部のパワーアンプとつなげられるプリアウトがついていたのです。これは、買うときに店員さんからのすすめで実は織り込んでいたのです が、こうも早く使うことになるとは思いませんでした。

ちなみに、 1706II という機種もありまして、こちらは音量に応じたイコライジング処理がかかります。こちらの方がいいように見えるのですが、実はAVアンプのプリアウト(外付けのパワーアンプに流すための端子)からパワーアンプに流すため、パワーアンプの音量は設置時の1回しか動かしませんのでその恩恵にあずかることはありません。また、1万円以上の価格差があります。ということで、余計な機能が一切ない 1705II にしたのです。

■接続は簡単

このパワーアンプは、構造が非常にシンプルです。なんと、接続端子がステレオ入力1つ、スピーカ出力も左右1組のみでして、入力切替機さえもありません。ただ、小規模PA用でも使う想定があるらしく左右の音量調整が独立しているのが特徴的です。

IMG_0465 IMG_0462

ま、こんな感じで、AVアンプにつながっていたフロントスピーカのケーブルをつなぎ変えて、今度はAVアンプのプリアウトからパワーアンプの入力端子につなぎます。パワーアンプのボリュームは、2.5〜5の間のどこかにしておくといいかもしれません。最後に、AVアンプの Audyssey をかけなおして、音場の再調整完了。

さっそく、CDをかけてみると…やっぱり、音の厚みが全然違う。本当に、今までなんだったのだろうというくらい、ぐっとエネルギッシュな音が出てくるようになりました。これは、ブラインドテストをしても多くの人がわかるのではないでしょうか。

■AVアンプのパワーアンプはケチられている?

よく考えてみますと、AVアンプは多数の入力端子やデジタル処理回路、そしてアナログ処理回路が複雑に入り組んでいます。そして、アナログ処理回路の一つであるパワーアンプ部は負荷に応じてずいぶんと消費電力と発熱の変化が起きます。その対策をしてバランスをとり、かつ商品として機能的・性能的に魅力的なものに仕上げて行こうとすると、必ず発生するのが「コストや性能を削られる部分」。

10万円以上する2ch ステレオのプリメインアンプと、同じような価格帯で 7.1ch のアンプが仕上がったとしても同じ音質にならないのは誰でもわかります。しかし、デジタル処理回路は非常に進歩しているから、デジタル処理回路で適切に補正してしまえば、アナログ処理回路…その中にあるパワーアンプ部の質は下げてもすぐにはわからないのではと思います。デジタル処理恐るべしですね。

そんな中、僕は親父が使っている 山水 907 という今は絶版となった伝説のプリメインアンプと B&W のスピーカのシステムの音、そして時折足を運ぶライブで聞いた臨場感が耳に残っています。 AVC-3310 のすっぽ抜けた音がどうしても気になってきてしまうのは、成り行き上仕方ないのかもしれません。

買ってきた BOSE の 1705II の価格は iPod よりちょっと高い程度でして、何十万円とするものがざらにあるオーディオ機器の世界の中ではずいぶんと廉価です。今回はフロント 2ch 分でしたが、これを 5.1ch 分をそろえると…、あれま、もう1グレード上のAVアンプが買える値段になります。そう考えると、AVアンプに適切なパワーアンプをつなげる選択肢は検討に値するはずです。

■システムが得意とする音とそうでないもの

僕のシステムは、いわゆる高級オーディオ(ピュアオーディオ)を趣味とする人から見たら、邪道なんじゃないかと思います。音の定位感はさっぱり無いし、部屋の反響をばりばり使って囲い込まれるような音作りをしています。

ただ、これは目的あってのこそ。僕の好きなライブ Blu-ray や、 R&B や Club シーンでかかる音楽を家でも臨場感高くかけたい、この1点にしぼられています。実際、非常にエネルギッシュな音が出るようになりました。

IMG_0469

使っている機材は次の通りになりました(入れ替え前は2001年1月の記事にて)。

  • AVアンプ DENON AVC-3310
  • パワーアンプ BOSE 1705II (フロント2chのみ)
  • フロントスピーカ BOSE 201AVM
  • センタースピーカ BOSE VCS-10
  • リアスピーカ BOSE 101VM (※1)
  • サブウーファー YAMAHA YST-SW80
  • CDプレーヤ DENON DCD-1130
  • DVDレコーダ Panasonic DMR-XP11
  • Blu-ray プレーヤ AVOX HVD-0280S

この延長線で、テレビや映画もそれなりにいい感じで再生できます。しかし、先にも述べました通り、定位感や純粋なダイナミックレンジの広さを求められるクラシックや Jazz をかけると、なんとなくへんてこりんな音場になります orz 。

あと、こんな写真をのっけておいてなんですが、スピーカ台や機材の上に荷物は乗っけない方がいいです。

■ポイント

AVアンプにプリアウトがくっついている人で、なんか物足りないものを感じている人は、パワーアンプの追加を考えてみてはいかがでしょうか。特に BOSE のスピーカを使っている方は上記の通り高い効果を期待できると思います。

また、これからAVアンプを買われる方は、スピーカやアンプとセットとなったパッケージシステム(※2)を買うか、プリアウトがついている中級クラスを買ってみてください。パッケージシステムはパッケージだけあって音場の統一感はしっかりしていますし、バラでAVアンプのみ買った場合でも先述した工夫が可能です。安物だとプリアウトが無いので、買い直しからスタートですから結構辛いかもしれません。

※1 BOSE 101 シリーズはとうとう絶版になってしまったそうです。よく、喫茶店などの天井にかかっていたあのスピーカです。30年近く売られていたことになります。

※2 最近のホームシアター パッケージシステムはスピーカが小さいのに本当に良くバランスがとれています。ゼロから買うならこれで十分じゃないか、そう考えています。

おお ダビング10だ

いつも通り、自宅に帰ってDVDレコーダのスイッチを入れると、なになに…

IMG_2591

ダウンロード完了とのメッセージ。
これが表示されるのは、バグが出たときと、新機能が付いたとき。新機能となると、もしや

IMG_2592

とうとう出てきました、ダビング10対応画面。
以前は『10?2 ダビング可能回数』は表示されていなかったのですが、今日から出てきました。

なお、実際に放送内容がダビング10になるのは7月4日のAM 4:00からです。
ちょっと早いダビング10ネタでした。

これだけ。

イヤフォンまた断線‐今度はSHUREを買う

先ほどDVDレコーダーが壊れた!というお話をしたのですが、実はもうひとつ壊れたものがあります。
それはイヤフォン。
水曜日に、おととし購入したaudio technica ATH-CM7Tiの左側の配線が断線してしまい、音が出なくなったのです。うわー、マジでショック。高かったのに。

僕にとって、移動時間・仕事中(特にプログラム・資料作成中)に音楽は欠かせません!DVDレコーダーと違ってとてもじゃないけど無しでは生きていけない。
ということで、ヨドバシカメラでDVDレコーダーと一緒にイヤフォンを買いに行くことにしました。


ATH-CM7Ti どうしても左にダメージが行ってしまう
[ 1/80sec / F2.2 / 50mm / ISO 400 / EF 50mm F1.8 II ]

最初、イヤフォンコーナーを探していたのですが、なんと探しているメーカーのものが「ない」。
秋葉原のヨドバシカメラなのにそんなことはないだろう、と思っていたのですが、やはりそうでした。なんと、通路に面したベストポジションにあるガラスケース内に、大事に並べてあったのです。
確かに、数千円のイヤフォンが山ほどある中で、万単位のイヤフォンは「ハイエンド」の中に入るのでしょうね。

さて、今回は選ぶのに悩みました。
というのも、メーカーによって出てくる「音」がそれぞれ違うのです。これはDVDレコーダーのように客観的な指標では選べないので、なかなか難しいのです。試聴したとしても、使い続けるとまた感覚も変わるので決定打にはなりません。
最後まで残ったメーカーは、今まで使っていたaudio technicaと、巷で評判がよいSHUREの2つです。

そこで、相談に乗ってくれていた店員さん曰く「audio technicaの音が気に入っているのであれば同じメーカーがいいかもしれません。SHUREは音がスタジオモニターのようにフラットでまったく感覚が変わりますよ。」とのこと。
正直、メリハリがあって音域の広いaudio technicaのイヤフォンは気に入っていました。しかし、ここは違う音も聞いてみよう!ということでSHUREを選択。
SHUREは1万円程度のSE110から、6万円を超えるSE530まで幅広くラインナップがあります。6万円のイヤフォンってのもすごいですね。
今回、僕は予算を1万円台に設定していたので、SE210を買ってきました。初めてのカナル型イヤフォンです。


実はこの写真 上下が反対です ほかのイヤフォンとちょっと違うところ
[ 1/60sec / F2.2 / 50mm / ISO 400 / EF 50mm F1.8 II ]

さて、数時間コンポのCDプレーヤーで Break-in したSE210の感想です。
簡単にまとめると『疲れにくい』『味付けしないモニターのような音』でした。
続いて、細かい話を5つほど。

■遮音性がすごい
外で使うことが多いイヤフォン。いい音楽を聴くためにできるだけ外部の音を遮断したい、という方は少なくないと思います。
この遮音の手法は、大きく2つあります。『密閉度を高める』方法と『相殺する音を出す(ノイズキャンセリング)』方法です。
SHUREのイヤフォンは前者の「遮音」を選んでいます。『音をいじらない』という理由からだそうです。
この遮音効果、非常に高いです。部屋の中で使っていると、テレビの音がほぼ聞こえなくなります。これほど遮音効果が高いと、ノイズキャンセリングでなくても十分かもしれません。
ただ、これほどだと電車の中で車内放送が聞こえるのか、ちょっと心配なくらいです。

■付け心地がいい
今まで使っていたどのイヤフォンよりも、付け心地がいいです。
数時間、そして今この記事を書いているときもつけているのですが、まだ疲れていません。
イヤーパッド(詰め物)もいろいろタイプがあるので、取り替えるととまた変わるかもしれません。
ただ、装着方法がほかのものと違って、ケーブルが『上向き』になるようにつけなければなりません。その証拠に、上につけるとロゴが正しい方向を向きます。最初のうちは気をつけないといけませんね。

■高域があまり出ない
正直、こもって聞こえます。
断線してしまったATH-CM7Tiの再生周波数帯域は10?45,000Hz。かたやSE210は、なんと25Hz~18,500Hzと、全然幅が狭いのです。一瞬「悪いイヤフォンを買ってしまった」と焦る位に高域が聞こえません(※1)。
これは、慣れるまで時間がかかるかもしれません……。

■音がフラット
マイクをはじめとしたスタジオ用の機材を手がけるSHURE。
そのせいか、音に味付けがほとんどありません。日本のメーカーに多い「ドンシャリ」や「際立つ音」のイヤフォンに聞き慣れていると、最初にショックを受ける可能性が高いです。僕もその一人。
ただ、いろいろな音がよく聞こえます。今まで聞いていた曲でも『あ、こんな音が鳴ってたんだ!』と新しい発見ができるかもしれません(※2)。
また、この音質は実は『疲れづらい』ことにもつながっています。仕事などで長時間使う僕にとっては、実は好都合になる可能性を秘めています。

■プレーヤーの特性まで もろに出る
上の『音がフラット』につながりますが、このイヤフォンは「プレーヤーの性能」をそのまま引き出します。
今まで使っていたATH-CM7TiやSONY MDR-E888ではあまり感じなかったのですが、SE210では「如実」に出ます。
これがよくわかったのが、コンポのCDプレーヤからウォークマンにつなぎ変えて聞いたときです。どんな音がちゃんと再生できているのか、よく聞き分けることができます。イコライザーでいじったところでダメです。出ていない音は出ていない、とイヤでも理解させられます。

従いまして、今まで日本のメーカーのものを使われていた方は、上記をよく理解したうえで買い換えられることをオススメします。特に、R&BやPOPSが好きな方は。
ただ、おまけのイヤフォンしか使ったことがない方は、1万円以上ならどれを使っても『感動』すると思います。もし、イヤフォンの交換に興味をもたれたら、これを候補に入れられてみてはいかがでしょうか。

あと、海外のメーカーのイヤフォンは、日本のメーカーのものに比べて本調子になるまで時間がかかるそうです(※3)。
数ヶ月使うと、また音が変わってくると思います。今から楽しみです。

 
 
 


※参考サイト
SHURE (公式サイト 英語)
ヘッドホン ナビ: SE210 – SHURE(シュア)のイヤホンSE210
米Shure開発担当者に聞く、新カナル型イヤホン「SE210/SE310」の秘密 AV&ホームシアターNews

※1
人の可聴周波数上限は15,000?20,000Hzだそうです。
ただ、僕は超音波式ネズミ除けが出す「プツプツプツ」という高周波の音が気持ち悪くなるくらいよく聞こえるので、人並み以上に高域が聞こえているのかもしれません。

※2
この体験は、自宅で使っているヘッドフォンAKG K240や、以前使っていたSONY MDR-CD900STとまさに同じです(こちらもスタジオモニター)。

※3
車もそうです。日本車は数千kmでいい感じになりますが、欧州車は1万kmを過ぎないと面白くもなんともありません。

DVDレコーダーが壊れて1ヶ月‐耐えられず購入

昨年の年末、4年近く使っていたPanasonic DMR-E50というDVDレコーダーが壊れてしまいました。
再生はできるのだけど、録画ができないという状態です。1年前も同様の症状に見舞われたのですが、分解してピックアップ(DVDにレーザーを当てる部分)をカメラの掃除用具で掃除することで何とか持っていました。
しかし、今回は掃除しても直らず、とうとう寿命を迎えることとなりました。

ただ「DVDレコーダーが自分に必要なのか」を問うべく、1ヶ月ない状態で生活してみました。
しかし、出かけているときに放送している、NHKスペシャルも、Discovery Channelも、録画できず全部見逃す始末。「見たかったのに?、こりゃだめだ!」ということで、秋葉原のヨドバシカメラで買ってきました。


壊れてしまった DMR-E50
[ 1/15sec / F1.8 / 50mm / ISO 100 /
EF 50mm F1.8 II ]

買ってきた DMR-XP11
[ 1/60sec / F2.0 / 50mm / ISO 100 /
EF 50mm F1.8 II ]

選んだのはPanasonic DMR-XP11、値段は46,000円でした。いつも通り、型遅れの機種です(笑)。
最新機種であるDMR-XW100DMR-XP12もあったのですが、それぞれ7万円以上・6万円以上と値段が離れていること、そして2番組録画やDVDにハイビジョン録画も特にほしいと思わなかった(それだったらBlue-ray対応機種を買います)というのがその理由です。
重さ4.5Kgなり。持って帰りやすい重量でした。

早速開梱して、レコーダーを交換します。


ウィザードで迷わず初期設定
[ 1/60sec / F2.0 / 50mm / ISO 100 /
EF 50mm F1.8 II ]

チャンネルスキャン中です
[ 1/100sec / F2.5 / 50mm / ISO 400 /
EF 50mm F1.8 II ]

地デジ・BSデジタルも無事受信設定完了。
ただ、このままでは「音が出ない」「Discovery Channelの録画ができない」という状態。なぜなら、うちにはAVアンプとハイビジョンテレビ(ブラウン管だけどね)、そしてCATVのSTBがあるのです。ということで、この後も細かい設定をします(※1)。
とりあえず映すまでならすぐできますけど、何かほかのものがつながっているとややこしいというのは変わらないようです。


無事設定完了!
[ 1/50sec / F2.0 / 50mm / ISO 100 / EF 50mm F1.8 II ]

以前録画した「おしりかじり虫」も無事再生できました。
これにて、無事セットアップ完了。

とりあえず予約録画できて、さらにHDDにハイビジョン録画もできる状態になりました。

気づいた点をいくつか。
・「?をしてください」としゃべる
・STBよりも受信画像がきれい(ちょっとショック)
・ドラマなどの毎週放映される番組が自動録画できるのがGood
・DVDドライブのトレーがちょっとちゃちになった

これにて安心安心。

※1
ただ単にテレビにつなぐだけでしたら、何の問題もありません。

KIMBER 4VSと言うスピーカーケーブルを買う

コンピュータの世界の基本は「理屈」の世界でして、物事の背景を様々説明すると言う文化が根付いています。もちろん、理屈抜きの世界も存在していますが、これは実務の部分より上のレイヤー、たとえば経営とか戦略という部分で一部採用されるものと僕は考えています。

変わりましてオーディオの世界。
雑誌やWebをはじめとしたプロモーションの内容を見ていると、色々な言葉をちりばめて説明されているなと思います。言い換えると、とても主観的。機種比較と言う相対分析はあっても、絶対的データを元にした分析ってのをあまり見たことがありません。そもそも音は感性が結論を左右するもの、という理屈はわかるんですけどね。

そんな中、今使っているオーディオシステムのスピーカーケーブルを買い換えました。『KIMBER 4VS』という、米国のメーカーが製造するケーブルです。秋葉原のヨドバシカメラで1,300円/mくらいの価格でした。
というのも、今使っているフロントスピーカー用ケーブルは安物で10年以上使っていると言う代物であること、また実は親父から「このケーブルはいい」という勧めがあったことがきっかけでした。


KIMBER 4VS LANケーブルの親分のような雰囲気を醸し出しています
[ 1/60sec / F4.0 / 50mm / ISO 100 / EF 50mm F1.8 II ]

はじめてみたときの印象。これは『LANケーブル』か!?でした。LANケーブルは通常ビニールの覆いが被さっていますが、開いてみるとケーブルが編んであるのが確認できます。これはノイズ対策というれっきとした理由(詳細は検索して調べてみてください)でやっているのです。
さては、これをオーディオケーブルでもやっている、ということでしょうか。

家に帰って早速接続を始めようとしたのですが、ここで大きな問題が発覚。
なんと、線の被覆を剥くのがすんげーメンドクサイ。なんと、1本(1セット?)買うと、片側8本の被覆を剥かないといけないのです。なんじゃこりゃ。幸いワイヤーストリッパーなる自動被服剥き機をを持っていたのでちょっとはましでしたが、それでも通常のケーブルを接続するのに比べて約4倍の労力(合計32本の対応)が必要なのは変わりません。
最終的には、末端処理として片方にバナナプラグを、もう片方はスピーカーにバナナプラグが着かないので半田で纏め上げておきました。


末端処理終わり 30分かかったぞ
[ 1/60sec / F4.5 / 50mm / ISO 100 /
EF 50mm F1.8 II ]

つなげ終わりました
[ 1/60sec / F3.2 / 50mm / ISO 100 /
EF 50mm F1.8 II ]

末端処理が終わり、接続した後、早速音を鳴らしてみました。
初めての感想。なんか『今まで音質低下フィルターがついてたのか?』ってくらい、フロントスピーカーからマトモな音が出てくるようになりました。言い換えると、今までくすんでいた音が開放されたような、そんな音になりました。決定的な違いには聞こえないのですけど、長年聞いているとわかるレベルにはなっていると思います。
さすがに、買えばmあたり90円くらいの安物、それも経年劣化しているおまけのケーブルから変えると、こんなもんなのかなと考えています。
これより高いケーブルってあるのですが(なんか単位mあたり数万円とか)、さすがにこの水準だと僕ではぜんぜん聞き分けられないと思います。聞き分けられそうなレベルで一番高いのが、今日買った4VSくらいのクラスかなと、感じました。

ちょっといいコンポを持っているけど、ひとつ新しいことを試してみようと思われた方にお勧めです。