いつもYシャツにジャケットを羽織って会社に行っています

僕は就職してからこのかたほぼずっと、Yシャツ+ジャケットを着て会社に出社しています。

そんな僕に同僚は

日本にいるときは、あまりツッコミは受けません。そういう人なんだなって思われているのでしょう。ただ、オフサイトなど事務所を離れて活動するときにパーカーを着ていると、「あっ、こえむさんOFF感が出てる!」と言われることがあります。

サンフランシスコにいたときは、もれなくみんなから聞かれました。「なんでジャケット着てるの?」「元金融系なの?」とか、いやー、Tシャツ着てないのおかしくね?って勢いで聞かれます(笑)。でも、「いや、これが僕のユニフォームなんだよ!」と答えると、なるほどー(?)という反応で終わります。もっと面白い回答ができればいいなと思いました。

きっかけ

ジャケットを着始めたのは20代前半の頃にいたスタートアップに勤めていたときでした。当時、カスタマーサポートと企画担当役員の上司が、結構かっこよく服を着こなしていたんです。一方、エンジニアはYシャツを着ればチェック、またはTシャツと、僕からすれば正直もう少しかっこよくありたいなと感じていました。そこで、その上司にアドバイスをもらってジャケットを着始めたのがはじまりです。

それ以来、ジャケットを着るのを基本にしています。これがなぜ良いかというと、突然のお客様への往訪・来訪にも失礼なく対応できること、はたから見てまともそうに見えること、そして自分自身が仕事をしている感を高めることができること、この3点があるからです。僕は、Yシャツ・ジャケットを着ていないと、心の中ではOFFになってしまいます。

どのブランド?

普段は、BANANA REPUBLICを好んで着ています。ここのブランドは、痩せている僕でも吊るしのままで着られるジャケット・Yシャツをライナップにおいているのが選択している第一の理由です。値段も程よいです。ちなみに、都内の店舗でなくて、アウトレットで買っています。あと、米国で買うと日本より安くて良かったのですが、サイズに小さいのがなくて困りました。

今日は勝負だな、と思ったときは、Ermenegildo ZegnaSu MisuraのYシャツを着ます。これはフルオーダーでして12年前に作ったのですが、今でも使い続けることができています。体にフィットして、とても着心地が良いYシャツです。これを着ると身が引き締まります。ただ、僕にとっては高めの服なので、もったいなくて年にそんなに着ないこと、そして着てはすぐにデラックスクリーニング行きになります。

以前は、TAKA-QのセミオーダーのYシャツや、ロンドンで買ったYシャツ専門店のYシャツを着ていたことがあります。イギリスにはよいYシャツがたくさんありまして、機会があればまたまとめて買いに行きたいなと考えているところです。

今後の服について

痩せている僕でも吊るしで着られる服を置いているブランドがあれば、ぜひ紹介してほしいです。いろいろ試したい気持ちがあります。

また、お金はかかるんですけど、いつかはジャケットそのものもフルオーダーで頼んでみたいなと考えています。1着、セミオーダーで作ったスーツがあるんですが、体にフィットするスーツは疲れづらいことを覚えてしまって以来、これはいつかはジャケットも作ると良いなと考えているためです。

ちなみに、僕は迷ったらお店の人に聞いてしまいます。しかし、この方法は、下手すると無限に買ってしまう可能性があるので、予算はきちんと伝えた方がいいです、とだけ申し上げておきます。

おまけ

しかし自分自身が写っている写真が少ない、誰か撮ってくれ〜頼む!

スキー 2017-2018シーズンの滑走記録 – 同僚と滑りに行ったり

今年も行ってまいりました、スキー。家族の時間を作りつつ、自分だけで滑りに行ったり、同僚と滑りに行ったりで、5日確保できて満足でした。

IMG_6351

通ったスキー場は…

でした。重複ありです。なお、滑走日毎の詳しい話は別のブログ『スキー > 週刊 スポーツこえむ > 自転車とスキーの記録』をご覧ください。

来年は、家族とスキーへ行くってのに挑戦できればいいなーと思っております。

今年もケガなく終えられて良かったです。それでは、また来シーズン!

中国の電子決済サービス体験の実績を解除した!

「海を越えたら 上海 どんな未来も 楽しんでおくれ」
(井上陽水「なぜか上海」より)

ということで、やってまいりました、中国・上海!

IMG_6707

勤務先では、電子決済サービスで先を行っている事例を理解するために、上海へ出張する機会があります(「メルペイ社員は上海出張がマスト! #メルペイなう vol.1 – mercan(メルカン)」もどうぞ)。インターネットサービスの開発に興味がある方なら気になるこの動向、実際に触れてきました。

「本当に地元のおばちゃんもWeChat Payを使っていた」「シェア自転車がそこらじゅうに落ちている」そして「電子決済サービスから広がる様々なサービス」の3つの構成でまとめてみます。

本当に地元のおばちゃんもWeChat Payを使っていた

中華料理、おいしいですね。さすが世界三大料理。高級レストランの大皿料理から、地元のおばちゃんが作る肉まんまで、魅力がそれぞれあります。

さて、さくっと肉まんを買ったら、さくっと決済したいところ。日本だと小銭を出して…というシチュエーションですが、上海は地元のおばちゃんにも電子決済サービスが浸透しています。QRコードをかざして、支払う額 1.5元と入力して、WeChat Payで送金。これでおわり。おばちゃんから肉まんを受け取ることができました。

これ、3つのことで凄いなと思いました。

  1. お互い特殊な決済端末がいらない スマホでOK
  2. お釣りの受け渡しがいらない
  3. キャッシュフロー的によい

1は、スマホでQRコードを示せば、誰が誰に支払うかが決まり、あとは支払う人が金額を入力すれば送金終了です。お互い、スマホさえ持っていれば、もっというとお店側はQRコードさえ示せば決済できるのです。お互いがWeChatで友達になる必要はありません。日本で電子決済というと、専用の端末が必要で導入が大変でしたが、そういうハードルがありません。なお、QRコードをこちらが示して、店舗側のPOS端末で読み取るというパターンもあります。

2は、レジで現金のやり取りがないので、特にお釣りなどで面倒な計算や受け渡しがなく、お互いの手間が軽減されています。また、食品を扱うところでは、お金を持たないので衛生面でも良さそうです。

3は、即時相手側に入金されるので、キャッシュフローの側面でも良さそうです。クレジットカード決済ですと、月末締め・翌月15日払いなどパターンはそれぞれありますが、加盟店側に入金されるまでタイムラグがあります。キャッシュフローが大切な中小店舗ですと、これは死活問題。しかし、WeChat PayやAlipayなら、オンライン上ですぐにお金が動きますから、その心配はありません。現金に近い感覚で商売ができそうですね。

シェア自転車がそこらじゅうに落ちている

上海の歩道を歩いていますと、一部の交通規制が厳しいエリアを除いて、市内ならどこにでもmobikeやofoの自転車が置いてあります。というか、そこらじゅうに落ちている、という感覚を得ました。景観が悪くなるという意見もあると思うのですが、そのあたりはおおらかなのか、または運営側が頑張っているか、または両方なのでしょうか。

だからこそ、すぐに自転車に乗って、電車だと乗り継ぎが悪いけどそんなに遠くないエリアまでサクッと行くことができます。僕は、3km程度(20分くらい)なら自転車を選択して移動していました。

IMG_6666

ただ、気をつけないといけないことがあります。3点です。

  • ブレーキが甘いのがあるので調べてから乗ったほうがいい
  • アプリで鍵が解除されたと出たのに解除されないように見えたら軽く鍵を触るとだいたい外れる
  • 自転車レーンでも逆走・信号無視・静かに迫りくる電動オートバイに気をつける

乗られる皆様、ご安全に!

電子決済サービスから広がる様々なサービス

電子決済から広がるサービスが数多くあります。それも、決済アプリからほぼシームレスです。スマホのバッテリ貸出、無人コンビニの入館証をはじめ、まだまだあります。上海では、電子決済が既に根付いていて、日々の生活に欠くことができないほどになっています。

まとめ

今回、上海の旅について「本当に地元のおばちゃんもWeChat Payを使っていた」「シェア自転車がそこらじゅうに落ちている」そして「電子決済サービスから広がる様々なサービス」についてまとめました。

駆け足の3日間ですが、電子決済が創る未来を体感できた、濃密な視察旅行となりました。そして、自分が組織の中でいまから何を成し遂げたいのか、モチベーションを高めていく素晴らしい機会にもなりました。

にいじゅくプレイパークに昔見た公園の姿が浮かんだ

最近、公園へ行かれてますか?お子さんができて、再び通うようになった方もいるはず。その公園には、たいてい「ボール遊び禁止」を始めした、禁止事項が羅列された注意の看板が目に付きます。

そんな中、あえて遊ぶ本人たちに責任と自由をもたせ、禁止事項を最低限にして運営されている公園が東京都葛飾区にあります。「にいじゅくプレイパーク」です。

IMG_8856

場所

東京都葛飾区、JR常磐線 金町駅から12分程度のところにあります。駅からはやや遠いです。駐輪場があり、葛飾区の方は徒歩や自転車で来られる方がよいかと思います。

入場時、受付で記名をする必要があります。

にいじゅくプレイパークの良さ

僕が感じた良さを3つ挙げます。

  1. 年長者が年少者を思いやりつつも共に遊ぶ
  2. 何をしたらどう危ないかを理解しながら遊べる
  3. プレイリーダーが見守りつつ頼り切らせない

1は、おチビ(3歳)がアスレチックで登れず苦心しているときに、恐らく小学校低学年の子たちが、自分で登れるように教えたり、大丈夫だよ!と慰めたりしていたのが印象的でした。特に顔なじみでなくても、年長者が年少者をいたわり、共に楽しむことができる環境として、素晴らしいなと感じました。

IMG_8854

2は、特に年長者の子を見ていて、ボール遊びをするにしても、誰かに当たったらけがをするから互いに距離を置いてプレーする、アスレチックで走り回っていても年少者の子がいれば一旦待つなど、遊びの中で何が危ないのかを自然と理解しているように見えました。そして、にいじゅくプレイパークはこの危ないこととは何かを理解することを、子ども一人ひとりにきちんと要求してもいます。

また、にいじゅくプレイパークは外で遊ぶだけでなく、建物の中で図工室のような工作部屋があります。そこで、ノコギリやカンナをはじめ、ちょっとした工作機械もあり、それらを扱いながら工作に挑戦することができます。

小学校低学年程度の頃までに危ないこと・危ないことが体感できていると、更に成長したときにも加減を理解しやすくなり、より楽しく体を動かせるようになるのではと考えています。逆にいうと、なんでも禁止というのは、本当に危ないことを理解できる機会を失っているかもしれないのです。

3は、プレイリーダーという地域ボランティアの大人が公園を見守っています。見ている感じでは、「本当に危ないことをしているときは進言する」ことと「アドバイスする」ことに徹されています。あくまでも遊ぶのは子ども同士や子ども自身なのですが、大人が関わることで最悪の事態は起こさず、かつ子どもだけの知恵では回らないところを年長者の功として示されているようです。

昔まるで裏山で遊んだように遊ばせる

葛飾区は、東京23区の東端とは言え、やはり都会です。僕が小さい頃に体験した、裏山で遊んで秘密基地を作るような遊びは難しく、かつ最近の情勢を鑑みて公園ではボール遊びはもってのほかという状況になりました。また、家庭でも刃物は持たせない方もいますし、実際にそのような機会をもたせるのは親としてもなかなか大変です。

しかし、子どもというのは少々危ないことだからこそ、挑戦して楽しみたいと思う年頃です。そんな、責任と自由を提供する「場」として、にいじゅくプレイパークは素晴らしいところです。

IMG_6603

お近くの方は、ぜひ足を運んでみてください。

EOS 5D Mark IVのモニター機レビュー – 動きものならEOS 6Dを寄せ付けない性能の高さ

1ヶ月弱ですが、Canon EOS 5D Mark IV(5D4) + EF 24-105mm F4L IS II USM をお借りすることができました。Canon Photo Circleの会員だと応募できるモニタープログラムに当選したのが背景です。キヤノンの事務局の方、ありがとうございます!せっかくなので、モニターレポートをまとめるのを兼ねて、ブログにもレビューを残します。

IMG_6457

レビューをまとめると言っても、発売されて1年経つ製品ですから、大手メディアを初めいろいろなレビューが上がっています。なので、あまり書かれていそうもない3つのポイントを、普段使っているEOS 6D (初代, 6D)との比較も絡めてまとめてみます。

  1. 動き回る子供を撮る時のAIサーボAFの性能に驚く
  2. 逆光にも強く手ぶれ補正もパワーアップ
  3. 重さを思ったほど感じさせないバランスの良い筐体

では、まいりましょう。

動き回る子供を撮る時のAIサーボAFの性能に驚く

不規則に動き回る子供、撮影に苦労されたお父さんも多いはず。僕もその一人です。6DのAIサーボAFだとすっぽ抜けてしまうことは何度もありました。今回、モニタープログラムに応募した最も強い動機はここ。5D4の強力なAIサーボAFだとどれだけピントを合わせ続けることができるのか、非常に興味がありました。

結果は素晴らしいものです。1人で走っている分には、まず、ピントは外しません。誰かが横切ったりしても別の被写体に意図せず乗り移ることもあまりありません。

IMG_8688

「わーいおとうさーん!」と近づいても、ピントが合い続けます。EOS 6Dだと、たいていピントが抜けるパターンです。

IMG_8736

運動会の徒競走のように、複数人が同時に並んだ時の食いつきの良さは試すことはできなかったのですが、たぶんこれだとAFポイントを適切に合わせていればまず問題なく合うと思います。

おまけですが、走っている電車は楽に追従できます。高感度性能があがったので、薄暗い時間帯のダイヤでしか走らない列車を狙うチャンスも増えること請け合いです。

IMG_8868

これが6Dと5Dの違いなのか、と感じるには十分な結果でした。

逆光にも強く手ぶれ補正もパワーアップ

EF 24-105mm F4L IS II USM も貸し出しいただいていたので、こちらも試してみました。解像度は手元にある前世代の EF 24-105mm F4L IS USM よりも特に周辺部分が向上しており、特筆すべきは手ぶれ補正の性能が1段程度上がっていることです。高画素時代にふさわしいオールラウンドなレンズに仕上がっています。

さて、親バカ写真が続いて恐縮なのですが、性能を確認すべく動画を撮影してみましたのでどうぞ。

IMG_8850

こちらは、ジンバルやガンマイクは使わず、手持ちで撮影しています。それにしては手ぶれはしっかりと抑えられており、かつ逆光の中ですがレンズフレアが最小限に抑えられています。

レンズの話ではないですが、カメラも、ピントをしっかり合わせ続けられている点は素晴らしいです。普段使っているハンディカムは高倍率レンズがついていてそれはそれで便利ですが、一眼レフのレンズを使った動画制作、それもフルサイズセンサーを使った動画撮影がより身近になりますね。

重さを思ったほど感じさせないバランスの良い筐体

5D4(左)と6D(右)のモノ自体を比べてみます。

IMG_6527

ボディ、レンズ、それぞれやや大きくなりました。重さは、5D4が890g+795g=1,685g, 6Dが755g+670g=1,425gで、260gほど5D4が重いです。それにもかかわらず、6Dと比べた場合ですが、重くなったと感じることはありませんでした。実際、この5D4を持って会社の合宿の写真を撮影していたのですが(同時にワークショップに参加してました)、6Dと同じような取り回しで扱うことができました。

背面ですが、5D4は上級機からある「ぐりぐり」(と勝手に僕が呼んでいる、正式名称は「マルチコントローラー」)がありまして、6DよりもAFポイントの切り替えが柔軟に行えます。EOS 50Dを使っている時にはぐりぐりがあったので、これまじ便利でやっぱいいわ〜という気持ちでした。

IMG_6528

あと、5D4のディスプレイはタッチパネルです。これが特に便利に扱えるシーンが、設定変更時と、撮影した写真をプレビューする時です。設定はダイレクトに飛べるので時間短縮に効果があり、写真のプレビューはピンチなどが使えてスマホっぽい便利さがようやく来た、という感覚を味わえます。

その他 気づいたこと

高感度性能が6Dに比べて1段以上上がっています。ISO 6,400で打ち止めにしていたところを、余裕でISO 12,800まで引き上げることができます。

ちょっと残念なことも書きます。センサーが30MP代になって2つ気になることが出ました。

一つは、古い設計のレンズを使うと解像度が低さが目立ってきます。一例として、僕が愛用しているEF 50mm F1.4 USMを使うと如実にわかります。したがって、30MPの性能を活かすには、新し目の設計のレンズを積極的に選ぶ必要があります。

もう一つは、フルサイズのRAWで撮影するとデータ量がだいぶ大きくなることです。sRAW (1/4の解像度)でも7.5MPでして、僕が使っていた初代 EOS Kiss Digitalの6MPを超えています。普段32GBのSDカードを使っているのですが、これでさえ小さいです。たぶん、プロの人は既に3桁GBのCFカードを使っていそうです。なお、普段は6DでもsRAWで撮影しています。

まとめ

ここまで、「動き回る子供を撮る時のAIサーボAFの性能に驚く」「逆光にも強く手ぶれ補正もパワーアップ」そして「重さを思ったほど感じさせないバランスの良い筐体」についてお話ししました。

フルサイズセンサーのカメラで、動体撮影をよりよくこなしたい人は、ぜひ検討してみてください。そして、有償・無償関わらず借りるチャンスがある方は、ぜひ借りて試してみてください。

特に、APS-C センサーでは物足りない、フルサイズセンサーのダイナミックレンジの良さに魅了された方が、高いAIサーボAFの性能を求めたとき、5D4以上が選択肢に入る(あっ、これより上は1D X…)ことを知っていただけたのではないでしょうか。

また、解像度の向上により、レンズにも高い解像度が求められるようになりました。確かにEFレンズは1980年代後半からの資産がありますが、その資産をそのまま受け継げられるかというと、必ずしもそうではないことを知っておくべきです。

IMG_6456 IMG_6462

とはいえ、僕は動くものを撮影する機会は子供以外それほどありませんし、静止しているものなら、画質の観点では6Dでも十分5D4と戦える性能があります。ということで、僕は引き続き6Dを使って行くことでしょう。僕には普段の生活で色々お金がかかっていて、趣味の道具を独身の時のようにポーンと買うわけには行きません!!!なんてたってEOS 6D Mark II(6Dの現世代)の倍近い値段です。

せっかく借りたのに、持ち上げたと思ったら下げたりしていて、キヤノンの人には悪いなーと思いつつ、レビューを締めます。