朝活を一緒にやりましょう!

ある企業の役員秘書をやっている相方に言われたことがあります。

「世界のエグゼクティブのほとんどは早起きである」

そして、同僚と仕事中にたまたま話をしているときに「朝活をやってみましょう」となり、7月からはじめました。
一緒に朝活する人も大募集中です。山手線圏内なら出向くこともできます。

IMG_7459

遅起きと夜の活動の問題

僕はIT業界にいますが、この業界の多くの方は出勤時間が10時のケースがほとんどではないでしょうか。また、現職のようなフレックスタイム制ですと、11時〜12時位に出勤する人も珍しくありません。もちろん、会社のルールの上でやっていることなので、業務上問題はありません。

ただ、この勤務時間にしてしまうと、夜が遅くなりがちです。特に、フレックスタイム制ですと1ヶ月の最低労働時間が決まっていますから、結果として夜にシフトせざるを得ません。そのため、夜に家庭や自分の時間を取ることが難しくなりがちです。

また、夜の付き合いとなりますと数時間になることもあり、帰りが遅くなることに拍車をかけます。当然、寝るのも遅くなります。また、僕はお酒は大好きなのですが、お酒を飲んだ次の朝はどうしても体が重くなりがちになります。夜の飲みそのものは好きなのですが、次の日に響くのは本望ではありません。

そういったこともあり、活動時間全般を朝にシフトすることに決めました。

今やっていること

「世界のエグゼクティブのほとんどは早起きである」という先の話は、”executive wake up early”とキーワードを入れて検索すると、科学的背景はさておき、それを取り上げた記事がそれなりに出てきており、なんとなく相関はありそうです。未明から起きる方もいるようです。この記事では、朝活は7〜8時台から何かしらのビジネス活動を始めることとして定義して話を進めます。

また、一般に朝活といいましてもいろいろあるようです。勉強会を開いたり、情報交換をしたり、または自習をしたり…。僕の場合は、現時点では同僚と、お金の話、〇〇Tech系(なんでもいい)スタートアップ事情、そしてソフトウェア開発事情について情報交換をしています。

7月から都合がつく限りほぼ毎週やっていまして、8月も続く予定です。

良いなと思っていること

実際取り組んでみて、こんなメリットがあることに気づきました。

  1. 頭がスッキリした状態で臨めること
  2. 時間に区切りをつけながらできること
  3. 体が温まった状態で仕事が始められること

1は、夜ですとお酒を飲みながら話しているとなんとなくgdgdになってしまうこともあります。しかし、朝ですとまずそんな気持ちにはなりません。頭の中が晴れた状態で望むことができます。いろいろな話も弾みますし、頭にも入ります。

2は、この後に仕事や用事が控えていますので、朝8時から朝9時までと1時間の中で集中して取り組むことができます。1にも近いのですが、ダラダラとならずに良いです。もし課題が出た場合は、後日また開催すればよいのです。それに、9時から仕事を始めれば、残業なしだと18時には仕事を片付けることができて、早く帰ることもできます。

3は、活動をした後ですので、体が温まった状態で仕事を始めることができます。そのため、僕の場合は設計したりコードを書くのもはかどります。あと、朝は出社している人が少ないので、集中もしやすいです。朝活をした日は、調子良く1日の仕事を終えられます。

あと、これはお住まいによると思うので僕だけかもしれませんが、通勤ラッシュの混み具合が朝10時以降と朝8時までに会社付近に着くのとではほぼ同じ混雑度であることがわかりました。この混雑度ですと、僕の場合はほぼ最寄り駅から着席して通勤ができるため、通勤の負担もあまりありません。9時台出勤だとかなり辛い路線なので、通勤ラッシュを避ける意味でも効果的です。

一緒に朝活しましょう!

同僚と始めた朝活なのですが、この先は勤務先の人ばかりでなく、いろいろな会社・業界の人と話ができればいいなーと思っています。僕からは、インターネットサービスに関わるソフトウェア開発の事情などを話せると思います。勤務地は六本木ですが、山手線内でしたら出向くこともできます。もし、koemuと情報交換してみよう、と思っていただける方がいたら、 Twitter:@koemu または Facebook でお声がけいただけたら嬉しいです!

IT系は一般に朝が遅いので、丸の内の人たちの朝活の時間よりは遅いのですが(例:丸の内朝大学は7:15am〜)、それはそれとして続けていくことにします。

また、これを機に朝活をしない日の勤務時間も全般的に朝側にシフトさせて、早く出社して早く帰ろうと考えています。

未就学児とともに楽しむオクマプライベートビーチ&リゾート

初めて、ホテルのリピーターになってしまった。

オクマプライベートビーチ&リゾート(旧 JALプライベートリゾートオクマ)には、おととしに遊びに行って以来(「JALプライベートリゾートオクマに僕の求めたリゾートがあった」をどうぞ)、2年ぶり2度目の訪問、今回は3泊4日です。

息子が1歳半から3歳半に成長しまして、行けるところが増えました。前回体験できなかった部分を中心に、まとめてみます。

IMG_1663

TL;DR

  • パームコテージは安くて便利
  • トレッキングは比地大滝がお手軽
  • レストラン”BEACH SIDE”で厚切り肉と海鮮料理を召し上がれ

パームコテージは安くて便利

ホテルは、一般に価格が高いところほど広くて便が良いのでは、というイメージがあります。実際、そんな場所もありますが、ここはちょっと違います。前回来た時に、駐車場、フロント、そしてビーチにも近い「パームコテージ」って便利だなと思ったのですが、実はそこが一番安いのです。部屋は他の部屋とは比べて狭い(といっても29平米ある)のさえ問題なければ、もうここでよいのでは?とさえ思います。

IMG_1676

いやぁ、運転手をやっていると、駐車場に近いのは正義。荷物の積み込みや、子供を連れて行くときも安心です。

部屋は2人までが常設のベッド、3人目はソファーを展開してエキストラベッドにして泊まることができます。うちは3人家族なので、1部屋で十分でした。

なお、グレードの高さを担保しつつ、便利さを取るなら、僕が前回宿泊した時に利用した「ガーデンヴィラ」が良いのではないでしょうか。

トレッキングは比地大滝がお手軽

2日目は、ホテル内にある「ECO Museum」の常設の自然体験プログラムのうち「やんばるの森探検ツアー」(3,000円/人, 子供は1,500円/人)に参加して来ました。この日は、国頭村森林公園にある短めのトレッキングコースを歩きつつ、ガイドさんの話を聞きながらじっくり沖縄のやんばるの自然を学ぶことができました。

その後、本格的に山の中を歩ける場所がないかという話になりまして、出向いたのが比地大滝。風が強い日だったのですが、ガイドさんから「山の中は風があまり強く吹かない」ことを聞いていて、それならいいかもね、ということになりました。通行料金は500円/人です。

IMG_1892

キャンプ場の入口からそのままトレッキングコースが続いています。よく整備されていて、普通のスニーカーと長袖・長ズボンの服装で問題なく歩けます。登山靴である必要はないです。入口から滝まで、大人のコースタイムですと40分とありますが、うちの息子は休憩を挟んで1時間強で自力で歩ききることができました。風も、浜辺に比べ落ち着いていました。

IMG_3527

沖縄本島は本州に比べたら小さな島なのですけど、これだけの水量をたたえているってのは不思議なもんだな、すごいなと感じます。…、もう少し豊かな感想を語れるようになりたいですね。

IMG_1935

なお、帰りの方が大変です。息子の足の長さですと急な階段を降りるのが大変なのはもちろん、残り200mくらいでお決まりの「だっこ」のおねだりが発生。おんぶの方がまだ楽だったためおんぶをしたところ、3分も経たないうちに眠りについてしまいました。相当な運動量で疲れたのでしょう。そして、小さなお子さんと行かれる親御さんは、「だっこ」コールを想定して行かれてください。

レストラン”BEACH SIDE”で厚切り肉と海鮮料理を召し上がれ

1泊目はレストラン”BEACH SIDE”のテラスでBBQをいただきました。夕日を望みながら厚切り肉と海鮮料理をいただくのはなかなか良いのでオススメです。僕たちは「カリフォルニア」というセットメニューをチョイスしまして、お酒・サービス料含めて一人7,000円ほどになりました。これでかなりお腹いっぱいになります。

IMG_1704

2泊目・3泊目は、前回同様おかめに行きました。台風が来ていたこともあり、海辺でのBBQは1泊目でよかったなと思いました。

お昼ですが、ホテル近くにある道の駅 ゆいゆい国頭に、レストランやフードコートがあり、500円から沖縄そばが食べられる場所もあります。あと、1日台風で潰れてしまった日があり、その際は浜辺にあるOASISのラウンジでずっとオリオンビールを飲んでいました。

その他の情報

レンタカーですが、僕はトヨタレンタカーのゴールドメンバーになるほどのレンタカーヘビーユーザーです。トヨタレンタカーのWebサイトで通常通りゴールドメンバーでWebチェックインをしておくと、なんと、レンタカー屋さんについた頃には全て準備が整っている状態ですぐに車に乗ることができます!通常は、受付の列に並び、かつ待合室でしばらく配車を待たないといけない状況から考えますと、ストレスフリーで良いです。特に子供がいますと楽です。ちなみにP3グレードを借りていまして、この日はアリオンが配車されました。

買い物は、ホテルに行く道中でイオン名護店で行いました。ペットボトルのお水や、おやつなどは、ここでしっかり購入しておくとよいです。イオンは偉大ですね。

まとめ

ここまで、オクマプライベートビーチ&リゾートについて、「パームコテージは安くて便利」「トレッキングは比地大滝がお手軽」そして「レストラン”BEACH SIDE”で厚切り肉と海鮮料理を召し上がれ」などについてお話ししました。前回と変わらず、都会の喧騒を離れてのんびり過ごすには良い場所であることを改めて体感しました。

ただ、夏の沖縄旅行の大きな賭けは「台風の襲来」の確率です。今回は直撃こそ免れたものの、風はそれなり強く海で遊ぶ時間はあまり取れませんでした。とはいえ、運次第ですので、みなさまが訪問される際は、良い天気であることをお祈りしつつ、エントリを締めます。

Flickr: Album – Okinawa, 2018

書評: 「かんたんRuby」は公式ドキュメントを読む力を養えるプログラミング学習本

このたび、すがさん(@sugamasao)が執筆した「かんたんRuby」(以下、本書)のレビュワーを務めさせていただきました。取り急ぎ電子版で献本いただきましたので、ご紹介と感想を「学校でプログラミングを学んだ人が現場で使うときにおすすめ」「公式ドキュメントを読み解く力を養う」そして「レビュー後日談」の3部にまとめてご紹介します。

学校でプログラミングを学んだ人が仕事で使うときにおすすめ

いわゆるプログラミング入門書といいましても、どの程度が入門なのか、実際に入門書を買われたことがある方なら悩んだことがあるはずです。私見ですが、「コンピュータは触れるけどプログラミングは全く知らない」から「学校で学んだけれどもソフトウェア開発現場で活躍するにはまだ鍛錬が必要」なレベル、そして「すでに他のプログラミング言語は開発現場で自由に使っているが別の言語を覚える動機があった」人まで、ばらつきがあります。

本書は、その中で「学校で何かしらプログラミングを学んだ人が開発現場で活躍することを目標にする」レベルの方におすすめします。それはなぜかと申しますと、3つあります。

  1. 開発現場で必要とされる言語仕様が広く解説されている
  2. サンプルコードが充実しており写経(書き写して実行)しながら理解できる
  3. 「公式ドキュメント」を読み解く力を養う配慮がある

1は、大学でプログラミングを学習すると、計算機科学に軸足を置いて学習することが少なくありません(これは貴重な学びであり、かつそこで何を学んでいたかにもよります)。確かにコードは書けるかもしれませんが、実際に現場で使うものとはやや違うものを学ぶことになります。例えば、大学ですとアルゴリズムや言語処理系そのものにフォーカスされることがあります。しかし、本書ですとそのような説明はあまりなく、例外やファイルパスに関する処理など開発現場で欠くことのできない知識を学ぶことができます。そして、これらの知識はRubyというプログラミング言語の枠を超えて、他の言語でも役に立つ知識です。

2は、irbコマンドを使ってどんどん入力することで、言語仕様を学ぶことができます。手を動かして実感を掴むことは理解を進めるに当たり大切なことだと僕は考えます。また、これは他のプログラミング言語からRubyに移った人が、挙動を理解するためにも非常に役に立ちます。事実、Rubyを開発現場で使ったことがない僕が非常に役に立ちました。

3は、後述します。ものすごく大切なことなので。

なお、Rubyの言語仕様は既に理解した上で「Ruby on Rails」を学びたい方や、そもそも「プログラミング言語とはなんぞや」という方は、対象ではないかもしれません。

公式ドキュメントを読み解く力を養う

たった今書こうとしているプログラミング言語を深く理解しようとするとき、そして新しいプログラミング言語を学ぶとき、公式ドキュメントは無くてはならないものです。私の先輩や同僚も口々に、公式ドキュメントは大切、そしてよく読もうといいますし、私自身もそうしています。

しかし、初めて現場に立つ・これから立とうとしているソフトウェアエンジニアの方が、公式ドキュメントをしっかり読む力があるかというと、全員ではないと思います。しかも、その知識は先輩から教わる機会を持てないことは多いです。そんな方に、公式ドキュメントを読む力を養うためにも、本書をおすすめします。

というのも、だいたい公式ドキュメントを読み進めるとき、少なくとも僕は本書の目次の流れで読み進めるのではないかと思います。そして、本書は公式ドキュメントへのポインタが示されており、本書の内容をさらに理解を深める時にきちんと公式ドキュメントを読むことができます。こういった「癖」を身に着け、Rubyばかりでなく、他の言語・これから生み出される言語をより深く・すばやく学ぶための力を養うことができるのが本書の最大の特徴です。

すがさん自身も、ご自身のブログ「かんたんRubyという書籍を執筆しました(6/21発売) – すがブロ」で、その点は深く考慮されていることを述べられています。

このような文章を読むことで、わからないことがあったらまずはリファレンスマニュアルを見れば良いんだな、という体験をしてもらいたいという狙いがあります。

レビュー後日談

今年のゴールデンウィーク前にすがさんとサシで夕飯を食べているときに、ほんのレビューを頼まれたのがきっかけでした。それも、他の言語は使っているがRubyはあまり使ったことがない人に読んでもらいたい、という人選でした。それなら、と思いつつ、しかし、スケジュールは2週間と言われて「まじかー」という状況。ガッツリ短時間で集中してレビューさせていただきました。

すがさんも言われていますが、単著を書くのは結構孤独でして、私も以前に書いていたときにその感覚に襲われましたので、刊行にこぎつけられるよう具体的な応援をする気持ちでレビューしてみました。僕が指摘していたのは「これどこかで言及されてる?」「これ想定読者が理解できそう?」や「リファレンスある?」などでした。言語仕様はもうひとりのレビュワーである @willnet さんが積極的に指摘されていたので、役割分担ができていたのかもな、と思いました。

おわりに

ここまで、Rubyの入門書「かんたんRuby」について、「学校でプログラミングを学んだ人が現場で使うときにおすすめ」「公式ドキュメントを読み解く力を養う」そして「レビュー後日談」の3部に分けて説明しました。ソフトウェアエンジニアとして羽ばたく人に向けて、ドキュメントを読解する方法と力、そして現場で必要な言語仕様を理解するためによい本であることをご紹介しました。

本書は、電子版・紙媒体、どちらでも購入可能です。著者ではないんですけど、ぜひお手にとってご覧いただけましたら幸いです。

いつもYシャツにジャケットを羽織って会社に行っています

僕は就職してからこのかたほぼずっと、Yシャツ+ジャケットを着て会社に出社しています。

そんな僕に同僚は

日本にいるときは、あまりツッコミは受けません。そういう人なんだなって思われているのでしょう。ただ、オフサイトなど事務所を離れて活動するときにパーカーを着ていると、「あっ、こえむさんOFF感が出てる!」と言われることがあります。

サンフランシスコにいたときは、もれなくみんなから聞かれました。「なんでジャケット着てるの?」「元金融系なの?」とか、いやー、Tシャツ着てないのおかしくね?って勢いで聞かれます(笑)。でも、「いや、これが僕のユニフォームなんだよ!」と答えると、なるほどー(?)という反応で終わります。もっと面白い回答ができればいいなと思いました。

きっかけ

ジャケットを着始めたのは20代前半の頃にいたスタートアップに勤めていたときでした。当時、カスタマーサポートと企画担当役員の上司が、結構かっこよく服を着こなしていたんです。一方、エンジニアはYシャツを着ればチェック、またはTシャツと、僕からすれば正直もう少しかっこよくありたいなと感じていました。そこで、その上司にアドバイスをもらってジャケットを着始めたのがはじまりです。

それ以来、ジャケットを着るのを基本にしています。これがなぜ良いかというと、突然のお客様への往訪・来訪にも失礼なく対応できること、はたから見てまともそうに見えること、そして自分自身が仕事をしている感を高めることができること、この3点があるからです。僕は、Yシャツ・ジャケットを着ていないと、心の中ではOFFになってしまいます。

どのブランド?

普段は、BANANA REPUBLICを好んで着ています。ここのブランドは、痩せている僕でも吊るしのままで着られるジャケット・Yシャツをライナップにおいているのが選択している第一の理由です。値段も程よいです。ちなみに、都内の店舗でなくて、アウトレットで買っています。あと、米国で買うと日本より安くて良かったのですが、サイズに小さいのがなくて困りました。

今日は勝負だな、と思ったときは、Ermenegildo ZegnaSu MisuraのYシャツを着ます。これはフルオーダーでして12年前に作ったのですが、今でも使い続けることができています。体にフィットして、とても着心地が良いYシャツです。これを着ると身が引き締まります。ただ、僕にとっては高めの服なので、もったいなくて年にそんなに着ないこと、そして着てはすぐにデラックスクリーニング行きになります。

以前は、TAKA-QのセミオーダーのYシャツや、ロンドンで買ったYシャツ専門店のYシャツを着ていたことがあります。イギリスにはよいYシャツがたくさんありまして、機会があればまたまとめて買いに行きたいなと考えているところです。

今後の服について

痩せている僕でも吊るしで着られる服を置いているブランドがあれば、ぜひ紹介してほしいです。いろいろ試したい気持ちがあります。

また、お金はかかるんですけど、いつかはジャケットそのものもフルオーダーで頼んでみたいなと考えています。1着、セミオーダーで作ったスーツがあるんですが、体にフィットするスーツは疲れづらいことを覚えてしまって以来、これはいつかはジャケットも作ると良いなと考えているためです。

ちなみに、僕は迷ったらお店の人に聞いてしまいます。しかし、この方法は、下手すると無限に買ってしまう可能性があるので、予算はきちんと伝えた方がいいです、とだけ申し上げておきます。

おまけ

しかし自分自身が写っている写真が少ない、誰か撮ってくれ〜頼む!

スキー 2017-2018シーズンの滑走記録 – 同僚と滑りに行ったり

今年も行ってまいりました、スキー。家族の時間を作りつつ、自分だけで滑りに行ったり、同僚と滑りに行ったりで、5日確保できて満足でした。

IMG_6351

通ったスキー場は…

でした。重複ありです。なお、滑走日毎の詳しい話は別のブログ『スキー > 週刊 スポーツこえむ > 自転車とスキーの記録』をご覧ください。

来年は、家族とスキーへ行くってのに挑戦できればいいなーと思っております。

今年もケガなく終えられて良かったです。それでは、また来シーズン!