ビスケットファシリテーター講習へ行ってきた – 再現性がある「感動」と「達成感」を持たせる指導法を学ぶ #viscuit

去る10月21日、だいぶ書くのが遅くなってしまいましたが、プログラミング言語「ビスケット」(Viscuit)の指導法を学ぶ「ビスケットファシリテーター講習」へ参加してきました。

PA210825
デジタルポケットのたけしぃさんに質問する筆者

3つの構成「ビスケット (Viscuit)ってどんなプログラミング言語なの?」「ビスケットファシリテータ講習の内容」そして「講習で学んだ 私にとって大切なこと」にまとめます。

ビスケット (Viscuit)ってどんなプログラミング言語なの?

ビスケットはコンピュータ用のプログラミング言語の一つです。ひょっとしたら、プログラミング環境といえばいいのかと思うこともあります。
というのも、皆さんがよく見る、英単語やカッコを並べて書くテキストベースのプログラミングとは全く違い、また命令をブロックとして組み上げていくビジュアルプログラミング言語とも違います。そもそも、文字を打ち込む場所がありません。でも、プログラミングと言えるのは、前後の状態を明示する形で状態を定義する事ができるからです。
従って、自然の摂理とタッチパッド(またはマウス)の操作さえわかれば、自然言語の読解ができなくてもプログラミングに取り組めます。実際、この講習を主催しているデジタルポケットさんは、幼稚園生に対してワークショップを開催し、実際に授業に取り入れている実績を作っています。

ビスケットファシリテータ講習の内容

ビスケットの指導方法は、開発者である原田さんやデジタルポケットの皆さんの十数年の経験から導き出された、型として出来上がった方法があります。プログラムで言えば、指導法というプログラムがあり、日を経て徹底的にリファクタリングされ、例外処理もなされている構造を見ているようなものです。その指導方法を学んでいきます。

ですので、学校の先生でなくても、まずは指導法のレールに則っていくと、相手が幼稚園生からなら指導の要領をつかめると言うかたちになっています。受講後、実際の講習が開かれるときに、まずはTAとして指導にはいり、その後メインの講師を勤められる方もいらっしゃるそうです。

また、ビスケットそのものの使い方についても、学ぶことができます。ビスケットは非常にシンプルなので、最初の操作に悩むことはあまりありません。しかし、そのシンプルさに逆に戸惑う人もいるはず。その中で、どのような形で知恵を出すと楽しんでコーディングできるのかを、知ることができます。私も戸惑いました。

実際どんな方が受講されていたかというと、あまりソフトウェアエンジニアの方は多くなく、学校の先生が多いような気がしました。もともと指導に慣れている方ばかりなので、先生方はまた学ぶものが違うのかもしれません。

PA210823
授業の研修を受ける筆者 台本に目が行ってますよ…

ちなみに、指導方法は日々アップデート(まさにリファクタリング)され、実際の指導や研修に反映されていきます。その結果については、講習の再受講制度があるので、それを活用すると自分自身の知識も更新することができます。

講習で学んだ 私にとって大切なこと

僕自身は、この講習で3つのことを学びました。

  • 初めてわかった感動を味わってもらう
  • できたという達成感を感じてもらう
  • 自分自身もプログラミングが楽しいと再確認できる

まず、「初めてわかった感動を味わってもらう」です。この指導法には、一人ひとりが考えて答えを導き出せるようなしくみがあります。いきなり答えを言わないということです。初等中等教育だと、答えありきの指導をしがちですが、決定的な違いだと思います。

次に、「できたという達成感を感じてもらう」です。プログラミングを通じて、自分自身が物事を支配し、世界を構築して完成させていく、達成感を味わうことができます。学校の指導で、これがうまくワークしているところは、先生・生徒ともども相当教育熱が高くないと難しいのではないでしょうか。

最後に、上の2つを通じて「自分自身もプログラミングが楽しいと再確認できる」ことです。僕はプログラミングは高校生の頃に趣味から始めているので、もともと好きで始めています。ただ、仕事でソフトウェア開発をしていますと、どこかで「やらなければならない」ことをしている場合があります。そうしていると、楽しいこととはちょっと違うことをやることも必ずあります。それがいけないとは申しません。ただ、自分自身が楽しいことを、と考えたときに、こういう機会は大切だなと思ったです。

原田さんの話で印象的だったのは、最初の2つは、一度経験してしまうと、二度と経験できないものであるということです。そう考えますと、指導に取り組むときにこの2つを提供する場を良い意味で提供することが、講師の大切な使命なのかと考えます。

まとめ

ここまで、ビスケットファシリテータ講習について、3つの構成「ビスケット (Viscuit)ってどんなプログラミング言語なの?」「ビスケットファシリテータ講習の内容」そして「講習で学んだ 私にとって大切なこと」にまとめてお話しました。

ビスケットファシリテータ講習は、再現性の高いプログラミングの指導を学べる機会です。この、再現性が高いというところが大切で、多くの大人が一定の品質をもって取り組むことができる興味深い指導法です。また、2020年の小学校のプログラミング必修化にあたり、プログラミングの指導者は非常に少ない現状がありますので、これをベースに増えるとより良いなと思います。

また、この講習は、受講後に受講者のネットワーク(Facebook グループ)に入って情報交換や講習会のヘルプに出向いたりする機会ができ、業界を越えて人脈も作ることができます。受講料は2万円で、かつ東京主体で開催されているので地方から来る方は大変かもしれませんが、プログラミング教育や教育の情報化に関心のある方にとっては、払う金額に見合った価値のある講習だと思います。

出窓とこえむの家 オープン20周年に寄せて

当サイト『出窓とこえむの家』はオープン20周年を迎えました。
20年、インターネット上でやっていけていることに、よくやったなと自分を褒めたいと思います。

ちなみに、10周年の記事は「出窓とこえむの家 オープン10周年」です。読み返してみますと、最初の10年に比べてこの10年はそこまで大きなことを自分のサイトではやらなくなりました。淡々と、日常をロギングするサイトとして運用しています。

一方で、プライベート、仕事は大きく変わりました。

プライベートでは、結婚して子供もできました。10年前、自分は結婚することはないだろうと想像していましたので、大変な変化です。とは言っても、多くの人に発生するライフイベントでもあります。日々家事をしていますと、世のお父さん・お母さんは、等しくすごいなと思うばかりです。

また、飛び級して大学院を修了しました。過去、学歴についていろいろ悩んでいたことがここで解消でき、そして計算機科学も改めて学びなおすこともできました。これで、自信を持って、正直に、前向きに生きていくきっかけを掴めたような気がします。実際、このあとに色々物事がうまくいき始めています。

仕事は、3〜4年周期で会社を変わりつつ、ソフトウェアエンジニア歴が17年になりました。転職に踏み出すことは、その時点の自分の会社人生に一旦区切りをつけるイベントでして、次の会社に移ったところでゲームでいうニューゲームが始まると認識しています。20代の頃もそれなりに大変でしたが、30代にもなりますといろいろ固まり始めた物が出てきて、ニューゲームのときに必要な柔軟性が失われつつあり、かつ新しいことを吸収する力が弱まりつつあると感じます。

このあたりの細かい話は「私のキャリアキーノート 2017年版」に書いていますので、もしよろしければご覧ください。

今の本務は、スマートフォンアプリケーションを通じてC2C事業に取り組む会社です。たぶん、日本でも類稀なる成長速度で物事が進んでいっています。作業自体をスピード感持って取り組むのはもう当然で、判断を素早く行い検証していくことや、見たことのない状況についていかに知恵を出して行動に移せるかが大切だなと感じる毎日です。「こりゃわからん、見たことがない状況だ…」と悩むことは枚挙に暇がありません。
一方で、これは飽きることのない、非常に刺激的で、30代になった今でも多くの学びと成長の機会を獲得できるチャンスでもあります。多くの物はお金で買えますが、機会はお金では買えないものもあるため、大変貴重です。また、今の本務は、中途の人の強くてニューゲームの 強くて のレベルが違うなと唸ります。それがまた刺激でもあります。

本務と書きましたが、仕事は非常勤の仕事もやっています。ちょっと脱線して、本務・非常勤の説明をします。大学の先生は、所属している大学などの主たる所属の組織での業務を本務、別の大学に出張して講義したりする業務を非常勤というようで、それに習って書いています。世間では、本業・副業(複業)と分けて言う人もいるようです。非常勤と書くのは、という意味ではないからです。では、本線の話に戻ります。

非常勤として、高専の先生をやっていたこともありましたし、ここ数年は小中学生向けプログラミング教室の運営を手伝っています。こちらは、本務ではなかなか経験できない、ソフトウェアエンジニアとしての業務とは違う、組織運営について携わる場として、そしてリアルとソフトウェアエンジニアリングをつなぐ場として、参画しています。非常勤ですので、本務の仕事が終わったあとや休日に取り組んでいます。
非常勤のお金は本当に少なめしかもらっていないので、生活の足しになるかというと現在はそうではありません。言い換えれば、喫緊は稼ぐための非常勤としては機能していません。

それでもなぜ、家庭と本務があるだけでも十分な量の仕事がある中で、非常勤の仕事に取り組むのか。それは、次の10年を見据えて自分が何ができるか、試して行動していくためです。
ソフトウェアエンジニアとして活動していくにあたって、20代の若い人たちが力をつけ活躍している姿を見ると、単にソフトウェアが開発できるだけでは早晩限界が来るだろうと考えています。しかし、現場が好きな自分がいます。そうなると、ソフトウェアエンジニアともう一つ、掛け合わせて価値を提供できる何かが自分に必要だなと考えるようになりました。それがリアルとソフトウェアエンジニアリングをつなげるということです。
そして、この観点で、既に行動を始めている人を周辺でも何人か見てきています。例えば、教育、金融、不動産、農業…他にもあったと思います。それを、人は〇〇Techと言うようです。
また、この未来を見据える意図が、非常勤を副業と言わない背景でもあります。

ある先輩が言っていました。自分がその所属している世界で先端を目指そうとするなら、更に外側にある世界を見据えて活動していく必要があると。

今回は、あまり構造的に書かずに、頭のなかにあることをつらつらと書いてみました。10年前の記事を今読むように、10年後の自分が10年前に何を考えていたか、ログを残す意味でこの記事を認めます。

勤務先の英会話学習イベントで自分の学習の取組を紹介しました

先週水曜日、勤務先の社内限定英語学習イベントで、登壇してきました。

資料は日本語ですが、皆さん英語で発表されていたので、急遽英語でお話ししました。英語で人前でプレゼンするのは初めてだったのですが、皆さん英語を学習仲間ですし、ここで失敗してもまあいいだろう…という気持ちで臨みました。

何のために英語を話すのか そのモチベーション

僕が英語を話そうと思うようになったきっかけは、3年前に英国を旅行した時に会った相方の友達との会話でした。この時、色々話したいことがあるのに結構不自由したこと、そしてソフトウェアエンジニアとして英語が話せると日本にいる時とは比べ物にならないくらい世界が広いことを知ったのです。

それ以来、英語で話すチャンスがあれば話をし、海外に出張するチャンスがあればそれに乗り、日本ではあまり巡り会えない人たちと交流を深めて来ました。そのため、ビジネスの交渉や正確な英日翻訳をするための力はなく、あくまで相手の話を聞き自分の言葉で意見を述べられることに取り組めるレベルでやっています。

また、そのために英語・英会話の学習も、なんとか続けられている現在です。多分、それがなければ学習は続かなかったと思います。

資料の補足

GOT(Global Ops Team)とは、勤務先で異国・異文化のメンバーがよりお互いを理解しながら仕事を進められるように環境を作り、業務を進めるチームです。翻訳はもちろん、異文化のメンバーがより深く交流できるようにするためにコミュニケーションを行う環境を作ることも行われています。今回のイベントもその一部です。

ひよこ組とは、勤務先の中で、英語の技量を定義する指標のグレードを示す言葉です。TOEIC L&RおよびSpeaking Testの結果で決まります。実質、最低がひよこ、中程度がにわとり、最高が鷹となります。今後はにわとりグレードでないと海外出張のチャンスが減るらしいので、さらに精進していきます。

機会があれば、また英語でのプレゼンにも挑戦していきたいと考えています。今回は、素晴らしい機会を頂戴しありがとうございました!

【書評】Mackerelサーバ監視実践入門はMackerel公式取扱説明書! #mackerelio

先日のMackerel User Group Meeting Vol.3にて、はてなの @songmu さんから「Mackerel サーバ監視[実践]入門」(以下、本書)を恵贈いただきました。どうもありがとうございます!

IMG_3814

簡単ですが、感想を「本書はMackerel公式取扱説明書」「Infrastructure as Code の時代に即したシステムの利用方法を理解する」そして「運用シナリオがわかりやすいとより良かった」の3点でまとめます。

本書はMackerel公式取扱説明書

SaaSで提供されているITインフラ監視サービスはここ数年で数多くでてきました。使い方はある程度ITインフラの監視・運用の知識があることを前提のものもあり、最初とっつきづらいものも中にはあります。

その中で、本書はなかのひとが書いたMackerelの公式取扱説明書として、体系的にまとめられています。そのため、Mackerelで何ができるのか、どのような使い方をするのか、そしてなぜMackerelを使うことが大切なのかがわかります。

これからMackerelを利用する方、利用を検討されたい方にはぜひ手に取っていただきたいです。

Infrastructure as Code の時代に即したシステムの利用方法を理解する

Mackerelの特徴として、コマンドやAPIを使った操作が柔軟に行える点にあります。これは、Infrastructure as Codeの文脈としてのITインフラ監視・運用の自動化が容易に行えることを意味します。

自動化を行うことは、運用ノウハウの形式知化、省力化、そしてスケーラビリティの向上に大きく貢献します。それをMackerelを使った時にどのように実現すれば良いかが説明されています。さすが、ソフトウェアエンジニアが集まったはてなさんの特徴が出ているなと感心しきりでした。

これは人件費と比較したときの費用対効果も考えると、よりメリットを享受できるのではないでしょうか。

運用シナリオがわかりやすいとより良かった

本書を読んでいて少しみとおしづらかったのは、Mackerelの利用を通じて、どのような運用の姿を思い浮かべれば良いのか、ということでした。導入を終えて、通常の運用時、そして障害時にどのように活用していけば良いのか、具体的な点がもっと掘り下げられていると、Mackerelの導入がより生きるのではと考えています。

新しいソフトウェア技術を導入する場合は、その使い方に徹して理解すればよいのですが、MackerelのようなITインフラ運用に関わるシステムとなりますと、導入後にいかに使いこなしていくかが大変重要となります。

その点を、技術ブログなどを通じてさらに発信していただければいいなと思っております。

まとめ

本書は、Mackerelを導入したい、またはまさに導入を始めようとしている方にとって、素晴らしい取扱説明書になります。まずは、お手に取っていただき、ご自身のサーバを使ってまずは検証されてみることをお勧めします。

また、私は個人的にもStandard Planで利用しており、かつ会社でもSRE(注:僕はSREではなく開発担当です)がMackerelを採用し、運用の現場で利用しています。個人的にもおすすめのSaaS型ITインフラ監視サービスです。

外国人の同僚を家に招いて気づいた 日本の案内で難しかったこと

8月末の週末、サンフランシスコから会社の同僚とそのお友達が我が家に泊まりに来ておりました。

彼らにはサンフランシスコでいろいろお世話になったので、そのせめてもの恩返しとのことでのことでした。その中で、初めて海外の人に日本を案内した時に、いろいろ気づきがあったのでまとめます。「首都圏の交通網の説明が難しい」「観光向けの英語が凄まじく難しい」そして「電化製品の操作盤が日本語しかない」の3章からなります。

IMG_3739
(日光東照宮へも行きました)

首都圏の交通網の説明が難しい

「Japan Rail PassはJRしかサポートしてない それも条件付き」「運行情報を伝えるのが難しい」「駅員さん英語がんばれー!」そして「タクシーで右の扉を自分で開けてしまうのを気をつけさせる必要あり」の4部構成です。

日本の公共交通の複雑さとルールをしっかり伝える必要があります。

Japan Rail PassはJRしかサポートしてない それも条件付き

Japan Rail Passってご存知ですか?これは、外国籍の短期滞在者の方が購入できる、JR路線乗り放題というきっぷです。日本国籍者は買えないので、知らない人もいるかもしれません。しかしこれ、制限があります。もし、同伴しているお友達がこれを持っているときは「のぞみ・みずほには乗れない」「私鉄・地下鉄には乗れない」そして「自動改札は使えない」この3点を覚えておいてください。

なので、東京から京都に行きたいとなったら、ひかりかこだまです。ええーまじかよーって思いますがマジです。次に、例えば東京都内で東京メトロに乗るときに問題になるのが、直通先がJRのとき。我が家がまさにそれなんですが(それもあの運賃ルールが面倒なJR常磐線各駅停車)、PASMOで入場して改札を出る時に有人窓口で東京メトロのぶんだけ精算することになるので、日本人の僕らが駅員さんに日本語で事情を説明するというプロセスが出ることを織り込んでおいてください。逆も然り。そして、自動改札が使えない。これについては後述します。

運行情報を伝えるのが難しい

DSC_0260

別行動中、たとえば山手線が止まります。で、何が起きたか日本語でしかアナウンスがないので、Facebookメッセンジャーで”Yamanote Line is operation suspended due to suicide. Could you detour via Marunouchi Line, please?”と、別途説明する必要があります。最近はデジタルサイネージで英語の説明が出ますが、これがどこにあるかわかりづらい。そして、なんで電車に飛び込んで…となります。本当に日本の鉄道はマジで意味がわからないと思われております。

僕はたまたま運行情報よくチェックしているのですぐに情報を流すのですが、他の方も、もし困っていたらそういうことだと説明してあげられるように心の準備をしておく必要はあると思います。

駅員さん英語がんばれー!

東海道新幹線の改札口には、英語が話せる駅員さんが何名かいます。しかし、全員ではありません。ましてや、東京23区内であっても、地元の駅となりますと、英語での会話は結構厳しい状況にあります。中国人の友人はいませんので想像ですが、中国語だともっと厳しいのかもしれません。

したがって、外国人のお友達と一緒に行動されている場合は、基本自分が通訳するこころづもりで臨んでください。

そして、地元の駅員さん、英語もがんばってほしいです!たぶん、一言集とかはあるんでしょうけど、Japan Rail Passを使って精算をしにくる旅行者の方の対応は難しい気がしております。

タクシーで右の扉を自分で開けてしまうのを気をつけさせる必要あり

降りる前に必ず、”Don’t open the door yourself!”と伝えてください。

これはタクシーで注意されたのですが、外国はタクシーの扉は乗客が開けるもの、そして日本と英国を除いて道路は右側通行です。そうなると…そう、外国人の方は降りようとする時に右の車道側の扉を開けようとしてしまうんですね!!!これ、追い越す車に対して大変危険です。

なお、運転手さんの話によると、近いうちに外国人向けに右側の扉は開けないでくださいという注意書きのシールを貼る計画があるとのことでした。

観光向けの英語が凄まじく難しい

「そもそも日本語で説明できないものは英語でも説明できない」と「日光東照宮の宮司さんの逐次翻訳が無理ゲーだった」の2部構成です。

観光向け英語は特殊技能です。難しいです。

そもそも日本語で説明できないものは英語でも説明できない

みなさん、武士道って日本語で説明できます?徳川家康を日本語で説明できますか?できるひとは、それは歴史好きか、学校できちんと日本史を学ばれましたね。立派です。僕はダメでした。これは何を意味するかというと、日本語で説明できないものは、英語で説明は無理ということです。

そこで、相方が持っていた「通訳案内業国家試験にでる日本的事象英文説明300選」という本を事前に読んで、一夜漬けで何もできない状態から脱する努力だけしました。

それにしても、観光向け英語は難しいです。会社で翻訳などをやっているチームのメンバーに聞いたところによると、コンピュータ技術の英訳と同様、専門性を要求する英語だから難しいと感じるのは無理ないですよ、と言われました。ですので、できなくてもむちゃくちゃ落ち込むことでもなくて、ある意味ホッとしました。

日光東照宮の宮司さんの逐次翻訳が無理ゲーだった

日光東照宮へ行ったのですが、宮司さんが日光東照宮の説明をしてくださいます。ありがたいお話だ…と聞いているだけではダメです!一緒に行った同僚・友達に何を話しているのか説明しないと、呆然と正座をさせられる苦行にしかなりません。そこで逐次翻訳していくのですが、翻訳中にも日本語の説明は進んでいくので、本当に追いつかない。かいつまんで、要点だけを説明するのがやっとでした。

他の観光地でも、説明が日本語だけの場合があるシーンは決して珍しいことではないので、案内される方は覚悟したほうがいいです。

もし可能であれば、観光地側で要旨をまとめたA4の紙1枚でもあれば外国人の人の助けになるなと思ったりもしました。または、逐次通訳のために、もうちょっと合間を置いて話してくださると、助かったりします。

そう思うと、ソフトウェアエンジニアのカンファレンスで逐次翻訳をしている人は、本当にすごいですね。もともとすごいと思っていましたが、実際やるとそのすごさをさらに深く感銘を受けるのであります。

電化製品の操作盤が日本語しかない

「代わりに操作するのが手っ取り早い」「付箋貼ったりなどの対処が必要」と「Google翻訳のカメラ機能は助けになる」の3部構成です。

多くの場合、日本語での説明しかないのが日本の現状です。

代わりに操作するのが手っ取り早い

我が家のMisty(ミストサウナ・浴室乾燥・暖房・換気ができる統合型浴室空調システム)の操作盤は以下のようになっています。

IMG_3818

日本語しかありません。

風呂上がりに換気扇を回すのはどこの国も一緒のようなのですが、日本語が読めなければ、この換気扇を回す操作がどこを押せばいいか全くわからないと思います。もう、こういうときは自分たちでやったほうがいいです。

同様の問題が起こったのが洗濯機。これも僕が操作しました。家に泊めているだけなら、これでいいと思います。

もし、長期滞在してもらう場合は、操作盤の近くに英語の訳を書いた付箋を貼っておくのも一手です。

Google翻訳のカメラ機能は助けになる

彼らが上手だなーと思ったのが、Google翻訳のカメラを通じてみられる翻訳機能を活用して、スーパーなどで買い物をしていたことです。最悪、これの使い方がわかっていれば、生きていくことができると思います。僕の同僚・友人はこの手のものに強かったんで何も問題なかったのですが、もし大変そうだったらオススメしてあげてください。

おわりに

まとめますと、特に東京の交通機関はホストになる日本人がきちんと案内すること、観光向け英語は難しいので予習が必要なこと、そして日本の設備の操作盤は日本語だけのことが多いので自分でやることです。日本人として生活していると気づきづらいのですが、日本はとことん日本語で書かれていて、日本語がわからない人には辛いところがあるなということでした。2020年までになんとかなるといいですね。

さて、日本っぽいものって何だろうって、我々日本人が外国人の人を案内する時に困る最大の事柄です。正直僕はわからなかったので、1日目は居酒屋、2日目はスカイツリー・浅草・お好み焼き、3日目は日光東照宮・家のベランダで東京の夜景を眺めながらスーパーの寿司とジャパニーズウイスキーを飲むという日を過ごしました。

彼らを見ていて興味深かったのは…

  • 日本のスーパーは閉店間際にセールをやっていてすごい (日本人もおつとめ品は嬉しい)
  • 日本の即席ラーメンはめちゃうまいとのこと (カップのラ王を勧めたらそのあとしばらく朝飯にラ王を食べてた)
  • 日本のある一家庭の雰囲気を楽しそうに見てくれていた

という点でした。特に、最後の日にベランダでのんびり夕飯を楽しんだのが一番楽しんでくれたようで、よかったなーと、そして外国人を接待する楽しさと難しさ、そして醍醐味を知ることができた学びのある時間になりました。

そんなに英語も得意でもなく、事実TOEIC L&R, Speakingのスコアも大変低い僕ですが、サンフランシスコのような移民が多い地域から来る方々はそのような状況を理解しながら接してくれたことも、大変ありがたかったです。

彼らにとって、良い旅行の日々であったことを願っています。そして、サンフランシスコでお世話になった彼らに恩返しができてよかったなと思っております。また遊びに来てくれると嬉しいです。