それでも僕は86のMT車を運転したい!

11月3日といえば文化の日で祭日。健康で文化的な生活を送るべく、我が家も相方の大型バイク(YAMAHA Fazer 8)と、レンタカーのTOYOTA 86 MT仕様の2台でツーリングをしようという話になりました。

IMG_3901

しかし、残念なことに86のクラッチが滑ってしまって走行不能に、ツーリングがあえなく中断となってしまったというお話です。

前々から構想はあった

この構想は実は前からありました。もともとは子供が生まれる前に相方のFazer 8でタンデムで行こうという話もあったのですが、相方が人を乗せるのが怖いという話になりました。では、僕がMTを運転して、それとともにツーリングならどうだという話をしたら、それならいいだろうということになりました。

以前「TOYOTA 86 を借りて伊豆へドライブに行ってきた」というエントリでも書きましたが、トヨタレンタカーでは店舗限定ですが86のMT車の貸し出しがあります。タイミングが合いそうな時に電話をして聞いてみるのですが、たいていタイミングが悪く空車がありません。しかし、今回は1日前に昼休みを使って電話をしたら「空きあります!」と聞いて「よっしゃ!」となったのでした。

相方には事後報告となりましたが、相方もツーリングには乗り気だったのであっさりOK。不思議な家庭ですね。

あれ、クラッチミートがなんか変だ…

さて、当日になりまして、いつもの近所のトヨタレンタカーでははなく、電車で15分のところにある錦糸町店へ。車は予定通り用意されていて、さて乗り込んでおチビを乗せに一旦家に戻ろうとすると…ちょっとクラッチが滑る感覚がありました。ミートするポイントがボヤーンとしているのです。この手の車はもっとはっきり厳し目のクラッチミートをするものなのですが、そうはならない。ただ、レンタカーでいろいろな人が乗っているから少し甘くなるのは仕方ないのかもな、程度にしか思ってはいませんでした。

そして、自宅で相方と合流して、目的地である館山の野島崎へ出発!

ただ、京葉道路〜館山道に入った後も異変が続くのです。5→6速にあげたのに、エンジンの回転が下がらないのです。6速なのに100km/hで3,000rpmほど回ります。ただ、トルクをかけずにしばらく走ると2,000rpm台に落ち着くので、僕の走り方に問題があるのかなと考えていたのでした(そんなことはなかったのだけれど)。

IMG_3885

この日はとにかく天気が良くて、天気のおかげで良い方向に転べばいいな、そんな期待さえ持っていたのでした。

ボンネットから煙が…

そうしているうちに、いくつかのパーキングエリアで休憩を重ねながら、館山市に突入。ここで異変が確信に変わります。館山バイパスでJR線路を越える陸橋で、4速 5,000rpm以上回さないと坂を登らないのです。あー、これはMT車のクラッチが滑って立ち往生をした人から聞いたダメなパターンだと理解しました。

あー頼むから止まんないでくれと思ってなんとか登りきった後、赤信号で止まったところでボンネットから煙がもくもくと上がってくるではありませんか!発進もままならず、このまま火でも出たらえらいことになるのでおチビを下ろして歩道に退避。後ろをついてきた相方もオートバイを安全なところに避けて退避。僕らのツーリングはここであえなく中止となってしまったのでした。

IMG_2986

その後、トヨタレンタカーのレスキュー担当者に電話でレッカー車を呼び、警察の方にも交通整理のために来ていただきました。右折車が少ない右折レーンがある場所で止まったので、交通渋滞にはならずに済んで少しホッとしました。警察の方には「86は軽いですから簡単に押せますよ!」と言われてバイパスから車を押したのは良い経験でした。みなさん、教習所で習うことは無駄にはなりませんからね!!やり方はお忘れなく。

DSC_0441

押し終わって退避が終わると、たちまちレッカー車も来ました。ドナドナされていく86を見ながら、遠足中に雨に降られて中断になった小学生のような気持ちで、家族一同悲しい思いに浸るのでありました。

IMG_2989

ドナドナの後

幸い、館山のトヨタレンタカーの店舗が近くにあったため、代車もすぐに手配することができました(※1)。代車は借りた時にいつも運転しているHV1グレードのアクア。あと、レッカー車の運転手さんに美味しい食べ物が食べられる店があると聞いてそちらに出向いて遅い昼飯を食べたのでした。

IMG_3907

アクアは良くできた車なのですが、今日は86のMTが運転したかったです。

車を返す時に、淡々と状況を説明しつつ、クラッチの点検はもっと密にお願いしたい旨を伝えました。MTに不慣れな人も運転しそうですしね。先方は何度もお詫びをされていましたが、誠意を持って対応いただいたのでこの点であまり言うことはありません。

トラブルもまた旅のうち

トラブルもまた旅のうちというと、寛容になれるのはまた不思議なものです。とはいえ、目的地に到達できなかったのは一家共々ちょっと心残りです。また、MT車を堪能できなかったのは僕としては大変心残りです。僕はこれに懲りずに、また時期を見て86のMT車を借りてツーリングに行くことでしょう。あの、MT車を運転している時の支配感は、AT車には無い感動があるからです。

ちなみに、乗り心地はATと変わりありません。興味がある方は「TOYOTA 86 を借りて伊豆へドライブに行ってきた」のエントリをご覧ください。

参考: Facebook – Yuichiro Saito – きょうは86のMTを借りられたので、館山まで走りに行っています。 (友達のみ)

IMG_3889

※1: トヨタレンタカーの貸渡約款には、第24条に故障時は指示に従うこと、第27条 第3項に故障等が貸渡前に存した瑕疵による場合は代車が出るとあります。クラッチ滑りは過去からの蓄積で起こっているので、第27条 第3項を持って交渉ができます。

TOYOTA 86 を借りて伊豆へドライブに行ってきた

2013年の9月は、何と2回も3連休があります。いいですね〜♪ 旅行にも行きたくなります。

レンタカーでどこか…せっかくだから良い車で!ということで、レンタカー、それもTOYOTA 86を借りて伊豆へドライブへ行ってきました。その時の話を、「86のレンタカーについて」「走っていてどんな感じか」そして「今まで僕が乗った自動車と比べて」の3点に分けて書いてみようと思います。

CRW_1949

86のレンタカーについて

TOYOTA 86とは、トヨタとスバルが共同で開発したスポーツカー(トヨタのサイトより)です。20年前、2ドア クーペはたくさんありましたが、今は86を含めて数車種しかない、走る事に重きを置いた自動車です。ちなみに、共同開発をしているスバルでは「BRZ」という名前で販売されています(多少違いがあります)。

さて、タイトルに「借りて」とありますが、実はスポーツカーでは珍しくトヨタレンタカーにて86を貸しているのです。だから、写真のナンバーは「わ」でしょう(笑)。それも、グレードはGTと、レンタカーでは珍しく上位グレードです(※1)。また、AT/MTの選択も可能です。金銭的・駐車場事情により自分の好きな車を手放した自分にとっては、久しぶりに「楽しめる車」を運転できる機会です。

しかし、価格はクラウンと同じ料金テーブル、12時間なら22,575円と決して安くありません(2014/04/28追記: 2014/04より値下げされ、12,420円/12時間になりました!やったね!! >> 「トヨタ自動車、レンタカークラスを改定 ―ハイブリッド車で構成するクラスの拡充 及び スポーツカーで構成するクラスの新設― | トヨタグローバルニュースルーム」)。ハイブリッドカーのアクアなら7,350円/12時間です。また、ハイブリッドカーのアクアに比べて燃費だって半分です。とはいえ、ちょっとした贅沢として、ハイブリッドのレンタカーより2〜3倍の価格を払うのは悪い事でしょうか!?

自動車を運転する楽しさを思い出すには、充分じゃないかなと僕は思います。

走っていてどんな感じか

普段はアクアやプリウスを借りている自分ですが、今日ばかりは86で贅沢をします。今回貸し出された86は、グレード:GT・黒・6ATです。トリップメーターは乗り出した時点で約21,500kmとレンタカーにしては走っていません。MTは、家の近所の店舗ではなく山手線沿線の店舗のみで借りられる事と、久しぶりにMTを運転して大丈夫だろうか…という不安から外しました(苦笑)。他は、当初より決まっており選択できません。

CRW_1947

さて、コースは次の通りです。自宅付近のレンタカー屋→大黒P.A.→(湾岸線 並木I.C.)→鎌倉→新湘南バイパス→西湘バイパス→箱根ターンパイク→伊豆スカイライン→大仁→沼津→(新東名)→(東名)→(首都高)→自宅付近のレンタカー屋、しめて約350kmでした。燃費は13.5km/lでした。

走っている中で、気づいたポイントを3つ取り上げます。

1) 安心の200馬力

いやー、楽だ。何がって?高速での追い抜きですよ。馬力がちゃんとありますから、3速に落としてポンと踏むだけで、スーッと伸びていきます。2人乗車でしたがこれなら安心です。帰りに走った新東名(※2)では特に安心感がありました。もちろん、箱根ターンパイクもグイグイ登って行きます。

エンジン音は、3,000回転を越えてくる辺りで「あっ、これはスバルの車だ。」と言わんばかりの水平対向エンジンの音が聞こえてきます。

2) ブリッピングまでしてくれるマニュアルモード

今のATって賢いんですね(※3)。マニュアルモードにしてシフトダウンすると、ちゃんとブリッピング(エンジン回転数を低いギアに合わせる行為)をしてくれるのです。そして、シフト操作はバドルで、ハンドルから手を離す必要がありません。だから、伊豆スカイラインがとっても走りやすかったです。この操作、MTだとヒール&トゥをしないと行けないのですが、ATのマニュアルモードがここまで賢いとへたくそがMTに乗るよりも安心ですね(苦笑)。

また、オートマモード(Dポジション)でもパドルでシフトダウンすると、一時的にマニュアルモードになってくれるのです。これなら、高速での追い抜きや、坂道でのエンブレもらくちんです。なお、しばらく走るとオートマモードに戻ります。

3) やっぱり2シーター

これは欠点です。席は4つありますが、後部座席は完全に非常用です。基本は2シーターとして使わなければなりません。トランクはゴルフバッグが2〜3本入りますので小さくはありませんが、それでもステーションワゴンやミニバンに比べたらかわいそうなくらい収容力はありません。というか、収容力を求める人は止めておきましょう。走るための車ですから。

先の3つから考えて、現代の技術を反映した懐かしい2シーターと考える事ができそうです。

今まで僕が乗った自動車と比べて

ずーっとこのブログを読んでいただいている方だと知っているかもしれません。僕は、これまで自動車を2台乗り継ぎました。

1台目は、Honda PRELUDE。

PB030271

2.2L DOHC VTECエンジンが載っており、ガンガン回ります(※4)。車格は86に近いと思います。ただ、問題として、「ボディの剛性が弱い」「サスペンションが高速域でばたつく」そして「シートが劣悪(実はレカロに入れ替えた)」だった点がありました。一方、86はプレリュードで感じていたそんな不満を感じさせなかった事に、とても感動しました。もちろん、どちらもグイグイ走るにはとても楽しい自動車です。

一方で、プレリュードと比べて86に気になる点がありました。ある状況でコーナリングすると、後輪が滑り出しやすいのです。僕はドリフトはしない人なので、あまり滑ってほしくないなと思いました。まあ、プレリュードはFWD、86はRWDですからそんなもんなのでしょう。なお、BRZは86よりは滑りにくいんだそうです(※5)。

10年前に86, BRZがあったら、プレリュードからBRZへ乗り換えた事でしょう。

続いて、2台目は、VOLVOのステーションワゴン。

IMG_1504

2L 低圧ターボエンジンが載っており、トルクフルに走るのが印象的でした。最近は「ダウンサイジング」という名目で小排気量のエンジンに低圧ターボをつける欧州車が多いですが、その走りと思ってください。また、シートのホールド感とホスピタリティは日本車を寄せ付けません。荷物もちゃんと載ります。そんなこともあり、長距離走行ではとても楽でした。ただ、グイグイ走る車ではありません。

あっ…と…VOLVOと86と比べるのが間違っていました、すいません(笑)。性格が全然違いました。

おわりに

ここまで、「86のレンタカーについて」「走っていてどんな感じか」そして「今まで僕が乗った自動車と比べて」の3点についてお話ししました。

レンタカー屋さんに聞くと、86を借りる人はあまりいないのだそうです。「高い」というのが大勢の意見だと言っていました。確かに、クラウンのレンタカー料金と同じ価格と考えると高いです。一方、私の住む葛飾区は、月極駐車場料金は1.5〜2万円かかりますから、好きな車を買おうとすると随分な負担になる事は容易に想像できます。そう考えると、86のレンタカー料金は「気持ちよい車」に乗るためならそこまで高くないとも考えられます。

そこで、「自分は車が好きだったけど、都心住まいになって車を持つのをやめたんだ。」という方、いかがでしょうか。確かに、アクアやプリウス等のハイブリッドカーのほうがレンタカー料金も安くて、燃費もいいです。それに、ハイブリッドカーはよく走ります。でも、それって道具には求めていても、「自動車」に求めていた事だったでしょうか。

たまには、いい車を借りて、秋の青空の下を気持ちよく駆け抜けてみるのは、いかがでしょうか。

CRW_1934

※2014/04/28更新: 2014/04から貸出料金が値下げされた件を加筆しました。

※1: レンタカーは、通常低いグレードが用意されている事が多いです。

※2: 走ったのは2回目ですが、1回目は…なんと自転車でした。

※3: MT乗りの人にはAT(笑)って言われそうですが、ヘタなMT操作よりもATの方が速いんですよ。これはトヨタの中の人、数名が言っておりました。

※4: 800ccのオートバイに乗る相方曰く、10,000rpm回らないのは回ったうちに入らないと言います(!)。

※5: 参考資料 — トヨタ 86 vs スバル BRZ 買うならどっち!?徹底比較 【オートックワン】

ライフスタイルの提案なしに自動車は売れない

今年で40回を迎えた東京モーターショー。いわずと知れた国内最大級の自動車展示会です。昨日は暴風雨という最悪の天候だったため、快晴だった今日、行くことにしました。


雲一つない青空です
[ 1/320sec / F8.0 / 25mm / ISO 100 /
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM ]

さて、車のお持ちの方は、どんな理由で所持されていますか?
「必要な道具」でしょうか、「行楽のため」という方もいらっしゃると思います。そして「純粋な趣味」もあるでしょう。
そんな話をちょっと念頭におきつつ…、僕はコンパクトカーを中心に見て回りました。


はたらく自動車コーナー
[ 1/250sec / F8.0 / 22mm / ISO 100 /
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM ]

ダイハツですがカプチを連想します
[ 1/60sec / F7.1 / 35mm / ISO 400 /
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM ]

はじめは、はたらく自動車を取り上げたブースです。
はしご車から救急車などなど、普段働く姿を多く目にする車(架装した車)が展示されています。唯一といっていいでしょうか、体験できるコーナーが積極的に準備されていたのが印象的でした。

続いて、中へ。軽自動車で有名なダイハツのブースです。
1台、コンパクトカーが展示されています。この車を見ていると、10年位前に全盛だったスズキのカプチーノを彷彿とさせます。ちっちゃくて、きびきび走る車。操る楽しさを再び体験できるかもしれません。


オープンのマーチ マイクラ C+C
[ 1/80sec / F5.6 / 18mm / ISO 400 /
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM ]

後部座席は申し訳程度に…
[ 1/50sec / F4.0 / 18mm / ISO 400 /
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM ]

今度は日産のブースです。
日産と言えば、今年はなんといってもGT-Rです。しかし、とてもじゃないけどGT-Rの前は朝から大混雑で見れたもんじゃありません。ということでパス。
マーチのオープン版であるマイクラ C+Cを見てみました。欧州ではマーチはマイクラと呼ばれているそうで、そのオープン版が日本にもやってきました。天井は幌ではなく鉄板。この手の車はMercedes SL/SLKをはじめとして、Peugeot 206CC/307CC, Volkswagen EOS, VOLVO C70, ダイハツ コペンなどなど、徐々に車種が増えています。
風と一体になって気持ちよく走る、そんな車が値段もこなれつつ普及するといいな、と思います。


Reunaut Twingo GT
[ 1/80sec / F5.6 / 22mm / ISO 400 /
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM ]

VOLVO C30 T-5
[ 1/100sec / F7.1 / 25mm / ISO 400 /
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM ]

ルノーのブースに来ました。
ルノーといえば、日産のカルロス・ゴーンさんつながりのコンパクトカー中心に取り揃えているメーカーです。街乗りが楽しくなる車や、グイグイ走れる車まで、いろいろあります。

最後は、VOLVOです。
New V70/XC70はさておき、C30を。ちょっと前にT-5に試乗したのですが、これはVOLVOらしからぬ応答です。敏感に反応するアクセル、ちょっと固めのショック、そしてトルクがもりもり出る2.5Lターボエンジン。内装こそほかのVOLVOと統一感があるのですが、走りのテイストは異端です。前も「VOLVO C30の紙芝居なダイレクトメール」で取り上げましたが、新しい客層を取り込もうとする意欲を車そのものからも強く感じました。


人多杉!
[ 1/60sec / F5.0 / 18mm / ISO 400 /
EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM ]

写真に取り上げたのは一部ですが、午前中に一通り見回りました。
最近、若い人の車離れが進んでいるという報道を耳にしました。遊び方も多様化し、でかい車に価値をそれほど感じなくなった昨今、車は道具としての側面のみ見られるようになりました。軽自動車やフィット・マーチ・ヴィッツをはじめとしたコンパクトカーの全盛っプリがそれを物語っているのではないでしょうか。
だからこそ、車の価値を再認識してもらう体験が大切だと僕は思うのです。しかし、モーターショーに置いてある車は「展示」=見せ物の車ばかり。積極的に体験の機会を提供していたのは、最初に紹介した架装のブースくらいしか僕の目に留まりませんでした。あとは、よくてシートにほんの少しだけ座れる程度。エンジンの音はもちろん聞けないし、車そのものの特徴や、もたらされるであろうライフスタイルを深く知ることはできません。

そして、人多杉。
見ることより人の多さに参ってしまい、12時過ぎにそそくさと会場を後にしてしまいました。

さようなら 僕のVOLVO

今日は『台風一過』という言葉がジャストフィットするような雲一つ無い晴天でした。
それは、自宅のベランダからも今年初めて富士山を確認することができるくらいの空気の洗われ方でした。

そんな天気の日はドライブへ…といつもならなるはずですが、今日は違います。
4年半乗ってきた車との最後の日になりました。


セーム皮で磨いてからディーラーさんの元へ
[ 1/320sec / F5.6 / 50mm / ISO 100 / EF 50mm F1.8 II ]

なぜ売る決断をしたのか。
1. 維持するコストが払えなくなった
2. 車の必要性が低下した
この2つの理由です。

まず、1から。
車の維持費用として、月賦:約6万円・駐車場1.7万円が固定費用としてかかり、これに加えガソリン(ハイオク満タンで約7千円)・高速道路料金(数千円?1万円)の変動費が加わり、多い月では10万円の支出が発生します。ほかにも、年に1回の税金納付、そして2年に1回の車検もありますから積み立てておく必要があります。これでも当初は問題なく維持できていたのですが、最近になってとうとう維持が難しくなってきました。
続いて2について。
私の自宅周辺は、東京23区内ということもあり比較的交通の便がよい場所です。そして、最近の行動範囲の中心は都心や首都圏の郊外という電車で問題なく通える場所ばかり。車の必要性が以前に比べて薄れたのです。

しかし、4年弱、大事に乗ってきた車。メンテナンスもしっかりしてきましたし、何より所有することが自分のモチベーションを支えていました。それを手放すと考えたとき、正直悩みました。
そんな中、「車はローンで買うべきか 一括で買うべきか」でも取り上げたのですが、客観的に考えると上記の2つの理由をもってして車を所有する必要性がないと判断できたのです。これを自分で理解したとき、正直否定する理由を探そうともしたくらいです。でも、やるだけ無駄です。

決まれば手続完了までの行程はあっという間でした。

駐車場を解約し、車を売却すると、いくらかお金が戻ってきます。また、月々のキャッシュフローもずいぶんと楽になります。
車はなくなりますが、これを元手に代わりに始められることへどんどん力を注ごうと思います。


メーターは全てを知っている
[ 1/40sec / F4.5 / 16mm / ISO 400 / EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM ]

所有期間: 2004/02/21?2007/10/27 (3年8ヶ月)
総走行距離: 34,200km

福岡へ帰ったこともあれば、家財道具一式を積んで福山に長期出張したこともありました。体調・燃費共にとても楽に長距離をこなしてくれました。
そして、僕が最も辛い時期を支えてくれた車。
どうもありがとう。

職人の技と新型車を体験した日

今日は、耳鼻科に行くために千葉へ。
減感作療法も引き続き続いており、注射を打ってから診察。お盆にやったコブレーターの手術の経過はすごぶる順調。鼻がスースー通っていい感じです。

診療を終えたあと、昼飯を食べてから間瀬さんのところへオイル交換
いつも通り、オイルを交換していただきました。
そして、またタイヤも洗っていただきました。


1ヶ月程度はきれいな状態がおおむね保てます
[ 1/450sec / F3.5 / 4.8mm / ISO 70 / NTT DoCoMo F902iS ]

洗い方は先回紹介してはいますが、自分でやってもどうもうまく行かないんです。
氏曰く、洗い方にはコツがいるそうです。うーん、これぞ職人技。たぶん、やり方を見て、マニュアル化しても、ここまではうまく行きません。習わないことには。
そこで、どうすればうまくいくか、ちょっとだけ教えてもらいました。ただ、それをやったからといってここまできれいになるかというと、自分の腕では知れています。

続いて、VOLVOのディーラーさんへ。
新型のハッチバックタイプ C30を観に行きます。
営業さんの話によると、期待以上の引き合いがあるそうで、何でもBMW 3シリーズなどの別のメーカーからの切り替えで対象に入れていただいているらしいです。最近の車はモデルチェンジのたびに大型化してしまい、価格帯が変わったり、車庫に入らなくてあきらめざるを得ない人が増えているのだとか。
※実際、今度フルモデルチェンジするV70は、規格オーバーで自宅の車庫に入りません。

そのC30、車重は今乗っているV40と大きく変わらないようです。小さいのにどこが重いのかと思ったら、ドアです。C70ほどではないけど、重い。
でも、エンジンが2.4Lと2.5Lターボの2種類。かなりぐいぐい引っ張れそうですよ。今の車に2.5Lターボエンジンが載ったと想像すると、なかなかのスペックと納得。ハッチバックだからさらにきびきび走れそう。
車内については、運転席は今くらいの広さ、後部座席も問題が無い広さ。ラゲッジスペースはハッチバックにしてはいい感じ。何よりハッチがあけやすいところがいい感じ。


パンフレットをいただいてきました
[ 1/60sec / F3.5 / 50mm / ISO 100 / EF 50mm F1.8 II ]

しかし、試乗車が「たまたま」別の営業所にあるそうで、今回は試乗なし。先週か来週だったら乗れたチャンスがあったそうな。残念。
VOLVOの中では珍しくわくわくする感覚を味わえる車でしたよ。

自宅に帰ると、自治会 役員さんのご家族が来訪。
何でも、この時期は防災グッズを配布する時期なのだそうで、今年は手回し式 懐中電灯+ラジオをゲットしました。
先日の台風以来買おうかなと思っていたので、ちょうどいいタイミングでした。


自治会から手回し発電機つき懐中電灯+ラジオが配られました!
[ 1/60sec / F3.5 / 50mm / ISO 100 / EF 50mm F1.8 II ]

このラジオ、音が大きく出ていい感じ。ひとつだけ突っ込むと、ラジオはFMよりもAMのほうが良かったかもしんない。

あ、今日って普通の週末を過ごせた気がする!