ねむり時間計で改善する 自分の眠りっぷり

睡眠。それは、人生の3割以上を占める大切な時間です。一方で、よく眠れない、眠ったのに眠った感がない等、眠りにまつわる悩みを持つ方も少なくありません。僕も眠りに関する悩みを持つ一人でして、特に寝起きがすっきりしない点をどうにか改善できないかと思っていました。

そんな中、「起床しやすい時間に起こしてくれる」という、ねむり時間計を借りる機会がありました。また、ねむり時間計を使った結果、寝方を改善するきっかけを掴む事ができました。そこで、7月から1ヶ月以上使ってみてのお話を「ねむり時間計の仕組み」「データを取ってわかったこと」そして「改善策として実践し始めたこと」の3点に分けて、お話しします。

CRW_1900

■ねむり時間計の仕組み

ねむり時間計は、大きく3つの機能が備わっています。

  1. 時計そのもの
  2. 目覚まし時計 – 睡眠のタイミングを計り目標起床時間前後に鳴動
  3. 睡眠状況の計測 – 振動センサーを用いている

販売元のオムロンの紹介では「2 目覚まし時計」の部分が強調されています。気持ちよく起きることができる期待が持てそうですものね。僕も最初は2に注目していたのですが、使っているうちに「3 睡眠状況の計測」がとても大切な機能である事に気がつきました。3については、次節で詳しくお話しします。ただ、一つ僕が感じる問題点がありまして、それは目覚まし時計としての「アラーム音」が非力なのです(;_;) そこで、僕は念のためアラーム音が大きい携帯の目覚まし時計も7:15にセットして併用しています。

また、ねむり時間計はスマートフォンと連携して使う事がほぼ前提となっています。スマートフォンから、主に次の3つの操作を行います。

  1. 睡眠状況をはじめとした各種計測機器(体重計や血圧計等)の計測結果の表示
  2. 目覚まし時計の時刻設定
  3. 睡眠に関するアドバイスの確認

なお、データ同期のためにNFC、Bluetoothを用います。僕が借りている古い機種(HSL-001)はNFCのみですのでiPhoneではねむり時間計と通信ができません。そのため、僕は相方のNFC・Ferica対応のAndroidスマートフォンを使ってデータを送受信し、自分用のiPhoneでデータを参照しています。なお、執筆時の最新機種(HSL-002C)ではBluetoothにも対応しているため、iPhoneからもデータを送受信できます。

スマートフォンと連携させる事で、時計側でのデータ参照・更新のための機構の多くを排すことができ、結果として時計自体が高くならずに販売できているのでしょう。

■データを取ってわかったこと

当初、ねむり時間計を使った目的は「すっきり起られる時間に起きる」ことでした。しかし、使い続けているうちに、目的が「どのように眠ればよく眠れた事になるのかを知る」ことに変わってきました。

次の図を見てください。ねむり時間計が記録した「睡眠時間」の記録です。

※凡例: 「青: 目覚ましセット〜眠りにつくまでの時間」「水色: 眠りについた時間」「赤: 目覚ましが鳴り始めてから止めるまでの時間」「緑: 食事の時間(手動入力)」「橙: 運動している時間(手動入力)」・「星: 目覚めっぷり評価(手動入力)」・「ベル下の数値: スヌーズ回数」

IMG_0972

自分が「眠っている」と思っている時間と、時計が認識している「眠りに入っている時間」には、違いがあるんですねー。僕の場合、入眠は5分の日もあれば1時間以上の日もあり、起床時間は10〜30分の間となっています。そう、1日1時間程度、眠った事になっていない時間があるのです。僕はこれまで寝付きが悪く、朝起きづらい事は自覚していたのですが、データとして客観的に見ることでその認識を新たにしました。

そして、数週間のデータとともに生活を振り返ると、3つの問題点が見えてきました。

  1. 夜更かしすると寝付きが悪く朝も起きにくい
  2. コンピュータの画面を見た直後は寝付きづらい
  3. 6時間以上「眠りに入っている」といい感じで起きられる (8時間以上寝るとスッキリ!)

こうして、眠りの問題を改善するよいデータが得られました。次節で、データを踏まえて考えた改善策をお話しします。

■改善策として実践し始めたこと

ねむり時間計のデータとこれまでの生活のしかた、およびねむり時間計用のアプリ「ねむり体内時計」のアドバイスを踏まえて、よく眠るために次の改善策を考えて実践し始めました。

  1. 0時過ぎに寝る
  2. 寝る前はコンピュータの画面をあまり見ない
  3. 体を冷やす

1は、7:20頃に起きる(※1)ためには、入眠に30分+眠りに6時間+起床に30分、合計7時間ベッドで眠る時間を作るとよい事が見えてきました。そうすると、眠る時間は12時過ぎがよさそうです。実際、0時過ぎに寝るとたいていすっきりとした目覚めになります。これは効果ありです。

2は、寝る1時間前になったらコンピュータの画面を見ないようにしました。あの、LCDの明るい光が眠りによくない影響を与えるようです。やってみると、入眠の時間が減る効果があり、より長く眠りに入れる事がわかってきました。いい感じですね。なお、寝る前の1時間は話をしたり、テレビを見る(※2)などして過ごしています。

3は、特に夏場は体を「冷やす」とよく眠れるようです。そこで、眠る直前だけエアコンを強くしてみました。これも少し効果があるようです。なお、夏以外はやらなくてもいいかなと思っています。

7月下旬から実践し始めた所、おかげさまで仕事は気持ちよくできますし、精神的にも安定しますし、何より体調がいいです。眠りって起きている時のパフォーマンスに大きく影響するのだなと実感する毎日です。

■おわりに

ここまで、ねむり時間計を使って睡眠を改善してきたことを、「ねむり時間計の仕組み」「データを取ってわかったこと」そして「改善策として実践し始めたこと」の3点に分けてお話ししました。客観的なデータをもとに眠りを改善する事で、起きている時のパフォーマンスを改善できることが、自分にとってねむり時間計を使うメリットとなりました。

よく眠れない、寝ても疲れが取れない、そして朝起きづらい方など、眠りの悩みを持つ多くの方に価値がある一品だと思います。スマートフォンさえあれば5,000円程度で買って使う事ができるので、投資額もそんなに高くないこともいいのではないでしょうか。

僕も、眠り方が体に定着するまで、しばらく使い続けるつもりです。

※1: 目覚まし時刻は6:40〜7:20 の40分以内に5分間隔のスヌーズがかかるようセットしています。

※2: 僕にとってテレビはそこまで悪影響は無いようです。また、自分なりの「眠れる」番組・DVDがあるといい感じです。

F905iを買ったっす … 素直な進化に拍手

昨日、新型ケータイ F905i を買ってきました。
ドコモの905iシリーズは先月末発売したばかりでして、F905iに至っては発売日の次の日に買っております。


使っていたF902iSと比較 大きさ一緒くらい
[ 1/4sec / F4.5 / 14.4mm / ISO 100 /
Canon IXY Digital 60 ]

ヨコモーション 反対側にも倒れます
[ 1/8sec / F4.5 / 14mm / ISO 200 /
Canon IXY Digital 60 ]

ドコモ 905iシリーズについて詳しい話は
ドコモ、905i/705iシリーズ計23機種を発表 – impress watch
905iシリーズのスペックと対応機能、発売日をまとめてチェック – ITmedia +D モバイル
の記事を参考にしてみてください。

さて、数ある機種の中で、僕が富士通製(Fで始まる機種)を選び続けている理由はひとつ。「操作」という毎日関わるインターフェース部分をまじめに作りこんでいるからです。
仕事柄、いろいろな機種を触らせてもらうことがあるのですが、Fはボタンの押しやすさ、メニューの作り、そして漢字の変換まで、自分にとって最も満足いくものを提供してくれるのです。

F905iにおいても例外ではなく、このインターフェース部分は、期待通り、そして過去の使い勝手を維持しつつ成長していました。
それを最も感じるのが「ヨコモーション」。ただただ画面を横に傾けられるのではなく、待機中に左に傾けるとワンセグが、右に傾けるとカメラが動く、ということができます(デフォルトは左右逆です)。ワンセグもカメラも画面は横なのですが、わざわざ横に傾けた後に操作をする必要が無く、なかなかイケています。

そして、F902iSに比べると衝撃を受けたのが次の写真。


表示できる情報量が倍近く違う!
[ 1/13sec / F4.5 / 14.4mm / ISO Auto / Canon IXY Digital 60 ]

F902iSはQVGA(240×360)、そしてF905iはWVGA(480×864)でして、表示面積では35%、解像度にして倍以上のポテンシャルがあります。だから、字がとても滑らかで見やすいです!
そして、メールビュアーのこの差。PCのメールのように選んでいるメールを下側にプレビューすることができます。これならいちいち開かなくても簡単な内容なら把握できます。もちろん、画面いっぱいを使って本文を映すこともできます。

ほかには、CPU性能・カメラの性能(ピクセル数ではない)のアップ、HSDPA対応もポイントです。
特にCPUははっきり体感できまして、F902iSではモバイルスイカがもっさり動いていたのですが、F905iにするとさくさく動くようになりました。こういう地味な進化って使うストレスにもろに影響するため、見逃せません。

ただ、僕は携帯でゲームをしないのでゲームについての使い勝手は一切わかりません。

F905iは道具としてメールやWebを多用する方にとってはとてもよい相棒となってくれると思います。
他の機種は家電のブランドをつけて販売しているところもあって魅力を感じます。かといって、ただ単にブランドに引っ張られること無く、こういった普段の使い勝手もしっかり着目しながら選びたいものです。

寝台特急 はやぶさで東京へ戻ってみた

僕は、かつて福岡への行き帰りに…
・飛行機
→東京?福岡 1.5時間前後(季節によって前後) 1万?3.3万(大手の普通席正規運賃)
・新幹線
→東京?福岡 5時間強 2.2万円(普通車)くらい 通して乗ったことはありません
・高速バス
→東京?福岡 14時間以上 1.5万円 名古屋まで経験済み
・自分の車
→東京?福岡 14時間以上 2.2万円(普通車)+ガソリン代 高速は割引を使おう
と、4種類の交通機関を利用してきました。

そして、最後に残ったのが「寝台特急」。それは、またの名をブルートレインと呼ばれる夜行列車です。
30年ほど前は遠距離移動の主力として活躍していましたが、現在は新幹線・飛行機・夜行バスに押され、列車の絶滅危惧種(?)としてその存続が危ぶまれています。
これは、今乗らないと一生乗れないのでは、そして飛行機はこの時期正規料金で高い!ということで時間がたっぷり取れるお盆に乗ってみる事にしました。

しかし、このチケットを取るのが大変!
予約開始日はB寝台ソロ・A寝台個室それぞれ満席で、仕方なく開放型B寝台上段という過ごしづらいポジションをとりあえず取っていました。しかし、その後「みどりの窓口」に立ち寄ったところ、A寝台個室に空きが出てあわよくば個室で旅をすることができるようになりました。
B寝台はきっぷ含め片道2.3万円ですが、A寝台個室は7千円アップです。幸い、きっぷは福山の出張がてらこちらに来ていることもあってきっぷは往復で取れていたため、きっぷのみ1割安く済みました。

CRW_4062
博多駅 九州新幹線全通に向けて工事中
CRW_4103
寝台特急 はやぶさは3番のりばから

天神で用事を済ませ、8月13日の17時ごろに博多駅に入ります。
高校時代は博多駅近辺(今、甲子園に出ている学校です)にいたので、見慣れた光景と思いきや九州新幹線全通に向けて工事をしています。もう数年したらだいぶ雰囲気が変わるのでしょう。

CRW_4087
883系 ソニック 以前はもっと派手派手だった
CRW_4091
鹿児島本線の主力通勤電車 813系 真っ赤

列車が来るまで、博多駅のホームで出発待ちをしている電車に目を向けてみることに。
って言っても、これまた見慣れた電車ばかり。それでも、東京と違って個性あふれる電車が一杯います。「旅するデザイン」という本が詳しいのでおすすめ。車両をデザインした水戸岡さん直々監修の本ですよ。

さて、そうしているうちに列車がやってまいりました。

CRW_4101
17:37 はやぶさ東京行き いよいよ到着 待っている人のほとんどは花火大会臨待ち

博多駅からどどっと乗ってくる人が増えるみたいです。さすが九州の中心、集客力があります。
さあ、約16時間20分の旅が始まります。

CRW_4123
多々良川の上です さいなら福岡
CRW_4145
最後尾から 遠賀川の上だと思う

新幹線では1時間経たず、飛行機ならものの数分で通過する福岡。そこを1時間以上かけてのんびりとおさらばします。うーん、これぞスローライフ。

CRW_4244
今日はA寝台 個室です 電子ロックつき
CRW_4136
N700系にも負けないコンセントつき

A寝台は小倉で全室埋まり、B寝台もソロは満室、開放型もほぼ満席です。
長時間の移動となる寝台特急だとセキュリティがちょっと心配。それに、携帯/ノートPCのバッテリーも上がること間違いありません。そこを電子ロックと個別のコンセントを備えてフォローしているA寝台には、+7,000円の価値があると思います。ビジネスホテル代と考えても、いいかもしれません。

F1000006
A寝台個室「シングルDX」
セキュリティとプライバシーはOK
CRW_4275
しかし、
狭いことより古いことが印象強いです

で大分から来る富士と連結し、12両編成になり、機関車も交換します。
この日は関門海峡花火大会があったため、朝のラッシュ並みに電車が混雑。臨時電車も出ているようです。その影響で、門司を7分遅れで出発。
発進するときの衝撃が、電車とは比べ物にならないくらい大きいのが気になりますね。

CRW_4205
門司駅で富士の連結待ち ホームに出て見物
CRW_4247
今日は関門海峡花火大会で大混雑

さらに、関門海峡をくぐって下関で供給電力が交流から直流に変わるため、さらに機関車を交換します。
門司も下関も、記念写真や撮り鉄、そして観光とみんな見物してるんですね。

ちょっとここで車内探検。
20:00前、個室は慌しく出入りする人がいますね。って、自分もそうか。しかし、扉の先は何もわかりません。
開放B寝台の車両に入りますと、皆さん色々なスタイルで過ごされているのがよくわかります。本を読んでいる人、家族でトランプをしている所、ボケーっと車窓を眺めている人。まとまった時間があるから、寝台と言う広々とした移動空間があるから、できることなのかもしれませんね。
僕は、ノートPCを広げて撮った写真を整理してました。A寝台は静かで作業がはかどりますよ。AirH”もコンスタントにつながることも、実は特筆に価するかもしれません。無線LANのアクセスポイントなんかなくても、いいわけですから。

CRW_4164
開放型B寝台 ここ以外一杯でした
CRW_4267
下関でさらに機関車を繋ぎ換え

本州に入りますと、外はもう真っ暗。天神のデパ地下で買った弁当を食べます。結構うまいんだこれが。
ちなみに、車内販売は浜松までありません!だから晩飯・夜食・飲み物はしっかり買い込んでおかれることをお勧めします。ただ、飲み物は2リットルもいらなかったかもしれない(苦笑)。

21時を過ぎるとアナウンスは一時休止、そして減灯です。列車ですから、いい感じで眠くなってきます。
眠くなった、そのときにベッドがあるというのはすごぶるいいですよ。新幹線だと、グリーン車であってもイスで寝るのです。浴衣に着替えて、布団をかぶれることがどれほど楽なことか。
ただ、1つだけ見てみたいものがあったので、23時過ぎに一旦起き上がります。

CRW_4256
デパ地下弁当で腹ごしらえ
CRW_4286
新幹線で約1.5時間 寝台特急で6.5時間

0時ごろ、遅れは取り戻せない状況ながら福山に到着です。
昨年、2ヶ月ほどいたこと、そして4日前もいたこの土地。ちょっと見慣れた光景を寝台特急から眺めています。さすがに東京と違って、0時ともなると、乗ろうとしているわずかな人以外、誰もいません。

この光景を見終わったあと、再び布団の中へ。
姫路あたりで少し目が覚めたのですが、運転停車をしていたようです。その後、新快速が走る線路の上を粛々と、そして中国地方にいる時よりも速度を上げて東へひた走ります。どうも新快速が走る区間は、高速運転のために線路の路盤をしっかりさせているのでしょうか、速度の割に揺れなかった記憶があります。

その後の記憶は朝まで無いので、爆睡していたのでしょう。
寝台特急ならではの、布団をかぶりながらの移動です。

朝6時過ぎ、アナウンスが再開。眠いっての、そして普段こんな時間に起きない(普段は7:30起床)っての…。病院並みの早寝早起きだよ?、マジ勘弁。
と思っていたら、車窓に浜名湖が見えてきました。天気は思わしくないですが、こういう目覚め方は寝台特急ならではです。
また、遅れも取り戻せた模様。

CRW_4301
朝起きたら浜名湖の目の前を通過中
CRW_4362
富士山もよく見えますよ

途中、富士山ももちろん見えます。
そうそう、ご存知の方が少ないのでひとつネタを。富士山は、電車の山側からばかりではなく『海側』からも見えるポイントがあります。焼津?富士の間で、海側の窓から富士山を見ようとしてみてください、見える場所がありますよ!特に海沿いを走っているところが重点ポイント。新幹線でも見えないことは無いのですが、一瞬にして通り過ぎてしまうので余裕を持って見られません。この車窓をのんびり眺める「余裕」も、在来線で行動することのメリットのひとつですね。

CRW_4353
反対側からも富士山が…
CRW_4304
顔を洗って降りる準備

A寝台は洗面台もあります。共同の流しまで行く必要が無いんですね。ちょっと便利かなと思ったけど、コンセントほどのインパクトは無いかな。本当はシャワーを浴びたいんだけど、残念ながらこの列車にはついていないようだし。
ただ、高速バスと違って、この段階で疲れを感じることはほぼありません。さすが布団効果。

その後、身支度をして2度寝体制に(笑)。眠いんだって、本当に。布団がそこにあったら寝ちゃうでしょうもん。
そうしているうちに、横浜へ。いよいよ到着間近です。

CRW_4419
東京駅に到着 いつもの風景です
CRW_4415
みなさんありがとうございました

博多駅を前日の17:37に立ち、9:58にいよいよ東京駅に到着です。
新幹線や飛行機と違って、「ああ、福岡ってやっぱり1,000Km離れてたんだな」と感じる、そして列車に「ありがとう!」と言いたくなる、そんな旅でした。
新幹線や、飛行機で、こういう気持ちになることは、恐らく無いでしょう。

さて、はじめにも書きましたが、寝台特急は国内の鉄道の中にあって絶滅危惧種に入る種別です。
でも、東京駅に降り立った皆さんの表情を見ると、結構いい表情の方が多いのです。不人気ではあるけれども、実は満足度が高い旅のチョイスなのでしょうか。僕が感じるに、寝台特急は
移動時間を単なる移動時間にせず 旅の一部にしてしまう力がある
のです。

では、寝台特急に再び光を当てるにはどうすればよいか。ちょっと自分なりに考えて見ます。
まず、客層は「時間がある人」か「あえて選ぶ人」、そして「お金がしっかり出せる人」になります。そうすると、すぐに思い浮かぶのは「団塊の世代」。そして、ある程度お金はある(溜まっている)けど時間に追われている、平均年収以上の収入を得ている30代前後の人。あと、ぐずっても安心して乗せていられる子供連れの一家。かな?

そして、肝心な車両。
■今のままでやるには
少なくても、存在とそのよさから伝えることになりそう。N700系のときみたいにブログプロモーションでもしますか!
■ちょっと何とかするには
少なくてもあのおんぼろな部屋(特に開放型B寝台)・壊れかかった設備(共同トイレ/流しが特にひどい)はリフォームした方がいいでしょう。
■現状を最大限活かすには
個室を選択したがる人は少なくありませんので、個室寝台+ラウンジは増やすべきです。また、シャワー室も。
できることなら、東京?札幌を走る「北斗星」並にすれば、寝台特急に人が帰ってくるかもしれません。
■抜本的に改善するには
JR九州のプライドをかけて、水戸岡さん監修の新型車両を導入!
東京駅に、この車両が入線すると、そこだけ博多駅の状態(?)になるくらいに(笑)。
もちろん、1人用・グループ用の個室・シャワーも完備。さらに、ラウンジや食堂車もあると、面白いと思いますよ。深夜のバータイムは焼酎を楽しみながらすごせると尚OK。僕は、ずーっと飲んでる気がするけどね?。
カシオペア並みに、満室続きになればいいですね。

どの案も、採算的に大変そうですね。
でも、北海道に引けをとらないか、それ以上に観光地がある九州に、北海道以上の設備を誇る寝台特急が入っても、いいじゃないですか。
新幹線や飛行機の普及で忘れてしまった旅の楽しさを、また教えてくれる貴重な存在なのですから。

飛行機の正規運賃より安ければ、積極的に選ぼうと思ってますよ、僕は。
ダッシュで山手線に駆け込むように新幹線に乗る日々とはまた違った、ゆっくり時間・車窓の流れるあの環境は、次の力を充電できる貴重なひとときなのです。

CRW_4438
お盆の東京 暑っついんだこれが!

さーてと、明日からまた仕事かい。

■参考リンク
flickr – koemu sets:寝台特急はやぶさ (他に撮った写真を一部アップ中)

※2008/08/31 更新
写真をflickrにアップしたものへ差し替えました。また、flickrのsetsへのリンクを張っています。今年度一杯で引退するはやぶさのことについて、写真を通してさらに理解を深めていただけたら幸いです。