この春に買ったもの その2 高性能電子辞書

やることを期限付きで積み上げていきますと、いかに予定通り、そして予定よりも早くこなすのかが大切になって参ります。〆切を越えるようなことではだめですし、逆にギリギリでないのは僕的に面白くありません。そこで、そのギリギリな線を乗り越えるために、さらにものを買うと言う「どんな循環だよ!」という流れができております。

ということで、 Xperia に続いて買ったのが電子辞書 CASIO Ex-word XD-A9800 です。

DSC_0021

■まともな辞書は持ち歩けない

電子辞書と言いますと、僕は夜中の通販番組に出てくる19,800円!とかけ声と同時に出てくるものばかり想像していました。あれを買うくらいなら、Web上にある辞書サイトで事足りるのではないかと。

そんな中、受験勉強をはじめて英文読解をしていると、どうしてもわからない英単語に引っかかります。用例がよくわからないものも少なくありません。それに、経済や技術に関する専門用語は、Web上にある辞書では語彙数が全く足りません。それに困っていますと、とある方に英文の論文サーベイや専門の勉強をするなら「ジーニアス英和大辞典(※1)」「リーダーズ」「リーダーズ・プラス」は必携だよと指摘されました。

しかし、ジーニアス英和大辞典はでかすぎて引くのも大変ですし、そもそも持ち歩けません。そこで、電子辞書に初めて手を出したのであります。

電子辞書をナメてました

上記3冊の辞書を漏れなくカバーできるのが、今回手に入れたXD-A9800です。価格は46,800円(ビックカメラ10%ポイント還元あり)。通販番組に出ているグレードとは明らかに値段が違います。しかし、中に入っている辞書のうち、だいたい5つ以上そろえることを考えると安いのです(それでも高いと思った方は最後まで読んでみるといいかも)。

元となっている辞書の語彙数や用法用例がすばらしいおかげで、期待通り勉強に役立っています。同じ意味の単語のようでも、用法用例を確認すると実は違うものも少なからずあるので、特にその部分を確認するのに最適です。文を書く人はもっと重宝するのではないでしょうか。

英語の教科書・論文を使った勉強会に参加している時に、買っておけば良かったなーと思いました。

■電子辞書だからこそ

電子辞書だからこそできることがあります。それは、辞書間横断一括検索です。英語なら、ジーニアス・リーダーズ・オックスフォード・ロングマン・そして類義語辞典まで、一気に検索できます。同じ用語でも、複数の辞書を横断すると、より深く、より詳しくその言葉を理解することができてちょっと嬉しくなります。これは日本語や専門用語の検索でも同様でして、大変重宝します。今必要な用法以外もサクっと覚えておくと、後で別の意味として出てきても引っかかりづらくなりますよ。

また、英語をはじめとした外国語の発音も聞くことができます。発音記号だけでは実感が湧かない場合も音で確認でき、さらに理解を深めることができます。

■個人的に嬉しい機能

まず、類義語辞典は思った以上に活躍しています。日本語で同じ表現が続きかねないときに、類義語辞典をひくとバリエーションが生まれ、単調な文面から解放されます。小説等の本を大量に読むと自然につく力ではありますが、辞書の力を使って表現力を鍛えるのはイケています。

画面の液晶も視野角が広く、かつ読みやすくできています。レスポンスも良好です。

それに、このXD-A9800は大学生向けモデルということもあり、就職試験でおなじみのSPI2対策アプリがついています。これ、僕もたまたま今回使うタイミングがありまして、重宝しました。ただ、普通の社会人の人はいらないでしょうね。

あと、オバマ大統領の演説が収録されています。

■電子辞書は高い物を買う

辞書は語彙数が勝負であります。高い物になればなるほど、もたらしてくれる知識の豊富さに調べるのが楽しくなるほどです。

論文サーベイや英文記事を見る時は、このXD-A9800があれば十分だと思います。

さらに、日本語やビジネスの情報を充実させたい時は、ビジネスモデルのXD-A10000という上位機種があります。こちらはさらに1万円高いので、英文読解が主目的だと割高かもしれません。どちらか選ばれる場合はその点を踏まえてどうぞ。

あ、通販で買ったほうが安いみたいです。

※1: おなじみのジーニアス英和辞典は語彙数9.6万。そして、ジーニアス英和大辞典は25.5万。名前は似ていますが別格なんです。

この春に買ったもの その1 Xperia

僕は、どうもいろいろやらなければならない時に、輪をかけてやることを積み増す癖があります。やりすぎると威圧感が出ますが、その出るか出ないかの瀬戸際のところのぎりぎりでやるところにどうも生き甲斐を見いだしてしまいます。

さて、やることを積み増させるのに最も簡単な方法は、そう、ものを買うことです。それも、買った後にいろいろいじくり倒せれば尚のことよいのです。

ということで、この春にいくつか買ったものを、ちょっとだけご紹介しようと思います。

まずは、知る人ぞ知る携帯端末、 Xperia です。

IMG_0270

■家電量販店は危険地帯

Xperiaを手に入れたのは4月の中旬。用事が済んで有楽町のビックカメラにひょいと足を運んだ時に、なんと「Xperia入荷しました」の文字が。これで即決でありました。発売直後は売り切れで手に入らなかったのですが、意外に早く手に入ってしまいました。iPhoneには興味があったのですが、周りの多くの人が持っていますし、あとどうもソフトバンクの網に信頼を置いていなかったので、NTT docomoのAndroid携帯が出るのを心待ちにしていたのです。

というか、家電量販店は本当に物欲の巣窟でありまして、全く買う予定がないものを買いかねない空気がそこら中に蔓延しているのであります。

■目的

大義名分は「仕事」。え、会社に備え付けのものがあるだろう?おっしゃる通りです。でも、自分で持っていた方が、いろいろ勝手が分かっていいですよね。うんうん。いろいろアプリ落としたり流し込んだりして試してますよ〜。

しかし実態はどうか。高機能 twitter クライアントと化しております。悪いか!

■スマートフォンはネットワークを空気と感じてから始まる

一つよくわかったことがあります。それは、スマートフォンはネットワークを空気と感じることができて、初めて実用になると言うことです。逆に、空気のように携帯電話網を扱います。これは、ネットワークがつながっていることが「前提」でアプリケーションを組むことができると言うこと。

地図ソフト、Foursquareなどの位置情報で楽しむアプリ、そしてtwitter。ネットワークにつなぐ、と言う動作をしているとめんどくさくて扱わないようなソフトが、つながりっぱなしだからこそ使える、つながりっ放しだからこそ実現可能である、そんなことがたくさん出てきたのです。

iPhoneの人はすでに感じているはずです。では、iPhoneと瓜二つのiPod touchはどうか。確かにPocket wi-fiなどがありますが、つなぐ行為からは離れられていません。形は似ていても、使い勝手はまるで別物です。iPod touchを使っているから、より強く思うのです。

■しかしまだまだ人柱端末

iPhone/iPod touchと比べて、Xperiaは完成度が低いです。

どこが。

それは、タッチパネルです。iPhoneのタッチパネルの精度がいかに高いか、思い知らされます。Xperiaに限りませんが、Android携帯電話はタッチパネルの誤判定がかなりあり、最初は腹が立つレベルです。最近は慣れてきましたが、それでもスクロールがスムーズに運ばないことがままあります。

ガジェットとよばれる電子系おもちゃが大好きな人はいざ知らず、今まで普通の携帯に慣れ親しんできた人が使うには、この入力インタフェースの完成度はまだまだやさしくありません。

■Androidに対する期待

ただ、アプリケーションを開発する側でもある自分としては、iPhone アプリケーションのような縛りのないAndroid携帯電話は開発にもってこいです。iPhoneは普及こそしているものの、開発できるものがAppleの意向に沿えないと開発したものがパーになってしまいかねません。その反面、Androidはそういったリスクがありません。それに、開発環境もMacにとらわれることもありません。

ネットワークを空気のように扱い、何をするのか。いろいろアイディアが出てきます。

Xperiaを買った人は、自分が人柱だと思って使い込んでいき、より本格的にスマートフォンが普及する時期が来るまでに熟成させていけばいいのです。それでいい。うんうん。

■ちなみに今までの携帯は

今までのタイプの携帯(docomo F-01B)も引き続き使っています。使用頻度こそ減ったものの、パケホーダイ上限は引き続き突破するような使い方ですし、何より普通の音声通話があります。スマートフォンがメインになるには、僕の中ではもう少し先です。

いつもイノベーターの尻を追っかける自分ですが、今回もそのパターンとなった買い物でありました。

スキー道具調達 – ブーツは大事

身長 175cm
体重 53Kg
やや偏平足気味

これが僕の体のスペックです。ひとえに、軽い。そして、足の形に一癖あるこの状況。これに一番悩まされるスポーツがあります。
スキーです。

周りでスキーをしている人からは、「板は安物でもいいがブーツは合うものをじっくり探してケチるでない」と言われ続けています。靴は力を伝える道具であることと、護る道具でもあるからです。これはどのスポーツでも似たようなものですが、特段スキーについては『硬いブーツ』を履いて挑むものですから、この傾向が顕著になります。

さて、午前中は用事をして、午後イチで神保町に乗り込みました。

要のブーツを先に選ぶ

まずは、ブーツを買うために『角谷スポーツ』さんへ足を運びます。
実は、もともと『スキーブーツR&D』さんでお願いしようとしたのですが、相談させていただいた結果は予算を大幅に超えるプランでないと難しいと言われてしまい、ちょっと困っていました。それを踏まえ、僕は選手でもなければインストラクターでもない、普通の趣味としてのスキーヤーですから、怪我をせず楽しめるレベルでほかに手立てはないかと考えた上での訪問でした。

さて、角谷スポーツさんは、ブースで店員さんがお客様の足を見ながらあれこれ相談しつつブーツを選定するシステムになっているようです。今はシーズン直前で忙しい最中だったとは思いますが、いろいろ相談やアドバイスをいただきスムーズにブーツ選びが進みました。

結果、『REXXAM DATA 97 (’08)』をチョイスしました。

CRW_9768

これを選ぶまで、SALOMONや、同じメーカーのDATA 100 と 93など、何足か試し履きをしました。
後で調べたところによると、巷ではREXXAM DATAは100をチョイスしている人が多いようなのですが、僕は体重も少ないですし強力な脚力があるわけでもないので、硬すぎず柔らかすぎない97がいい感じでした。

ブーツだけで終わらない ブーツ選び

ブーツ選びはこれで終わった、というわけではありませんでした。もともと偏平足と足の形が微妙によろしくないせいか、スキーブーツを履くと股が広がりやすい問題を抱えていました。このブーツでも結果は大きくは改善していません。
そこで、お店の方の勧めで「カスタムインソール」、すなわち足型に合った中敷を作っていただくことになりました。

製作時間は30分程度で終わりました。ただ、整形がほかの方に比べ大変そうだったのは印象的でした。
こいつを敷いてみると、ブーツを傾けたときもぐっと力が入るようになりました!おお、すばらしい。これで昨シーズン以上に気持ちよく滑られるだろうか、楽しみになってきました。

で、なんだかんだしていたら、3時間たってました…。

スキー板は型落ちでよし

続いて、休むまもなくスキー板やウェアなどをはじめとしたその他の道具を揃えにVictoriaの本店へ。

板は、旧モデルのそれなりのものを選ぼうと考えていました。そこで候補に挙がったひとつがOGASAKA。SALOMONやATOMICなどに比べて知名度は低いのですが、インストラクターや選手の方で時々使っていらっしゃる方がいる、こゆ?い板です。そんなことを考えていましたので、ぎりぎり残っていたKeo’s TH (KS-TH) ’07があったので、こいつをチョイス。

ビンディング、ポール、ウェア、キャリーバッグなどは淡々と選び、あとは先ほど買ったブーツにあわせて板をセットアップしていただきました。

CRW_9756

おお、完璧。

お金をかけた割にはダサい

夕方のラッシュの中、スキー道具一式をキャリーバックで引っ張りつつ帰るのであります。重てぇ???

そんな中で今日の買い出しを振り返っていると、REXXAMのブーツの色といい、OGASAKAの板のデザインといい、他の欧米メーカーほどなんかデザインが洗練されてないなとちょっとさみしくなりました…簡単に言うと、ダサい(苦笑)。でも、道具としての側面を熟考した結果がこれなので、そんなものなのかもしれません。

そんな中、今年のREXXAMのパンフレットを見ると、OGASAKAの板を履いた選手の写真が写っています。これを見て、「プロも選ぶのだから大丈夫!」と勇気付けられている自分がいるのです(まだ滑ってないのに!)。

※ちなみに、REXXAMとOGASAKAは日本のメーカーです。

ブーツはやっぱりケチるでなし

足の形がブーツにすっぽり収まる人ならラッキーですが、そうでない人も少なくないと思います。だからこそ、相談に乗っていただけるお店を見つけて、予算を大幅に超えない程度でしっかりとしたブーツを選びたいものです。

せっかくいい板を買ってゲレンデに行っても、力を伝えるべく存在するブーツが合っていなかったら、つまらないものになりかねません。

ただ、スキーに限らず、スポーツの道具はお金をかけようとすると青天井ですので、予算と相談して選ぶのは難しいものです。

■今回買ったもの

・REXXAM DATA 97 ’08 26.0cm
・OGASAKA Keo’s TH ’07 165cm
TYROLIA RFD11 ’08
LEKI CARBON LITE ’08 117mm
SWIX SG001J-M
PHENIX の上下 型落ちのもの
・ワックス
・撥水スプレー

道具は揃いました。雪も降ってきました。後は、行くだけです。

イトーヨーカ堂で流れるあの曲は…?

わが心のオアシス、イトーヨーカ堂。いや、これはオーバーな表現ではございません。肩を張らずに気軽に買い物ができる東京では数少ないオアシスなのです。

CRW_5119

そんなヨーカ堂で、夕方に決まって流れるBGMがあるのです。それは The Beatlesの 『Help!』であります。それも、前奏を抜いて “When I was younger, …” のフレーズから流れるのであります。
これはいつも行っているアリオ亀有だけではなくて、以前人形町に住んでいた時に通っていた木場店も、そして一時期いた福山店も同じ。

この前の週末、いよいよ気になったので調べてみたら、やはりそうでしたか…

イトーヨーカドーで流れるBGMの意味を、一般に知られている範囲内でいいので教えてください。 意味があると知って、おもしろいなぁと思いました。.. – 人力検索はてな

やっぱり知りたい人、いたんですね(笑)。
で、Help! が流れるタイミングは『食品レジ、応援願います!』でした。だから、Help なのですね?。夕方に多いのもわかりました。

主婦の方ならご存知の通り、夕方の食品レジは長蛇の列ができてそれはそれはえらいことになります。イトーヨーカ堂に限らず大型スーパーのレジはたいてい20レーンくらいあるんですけど、すんごいのです。さらに、この時間は2名体制で次々とさばいていくのです。そんでもって、すごく手際がいい。
都心に住む人は大家族が少ないせいか、1組あたりの購入数が少なくて回転が速いので思ったより早く順番が回ってきます。最も時間がかかるのは、千葉に住んでいたときのフルルガーデン八千代のヨーカ堂でした。世帯あたりの消費量が多いせいか買い物量も多く、自分の番まで10分は回ってこないのです。

他にも、雨が降ると『雨に唄えば』が流れたりするそうです。天候に左右されやすい小売業ならではの段取りですね。興味がある方は先に紹介しましたはてなの記事をぜひご覧下さい。
イトーヨーカ堂に限らず、他にもBGMでスタッフに知らせる仕組みを導入している会社はあると思います。知っていると、買い物のときにちょっと役に立つ、かもしれませんね。

“Won’t you please ~, please help me ~~?”

※追伸
なんか、おんなじ日にOKWaveで質問してる人がいるっす。ちなみに、僕はOKWaveのアカウントは持ってないよ。
ヨーカドーの店内で雨が降ると流れる音楽 -OKWave