マンションを買いました – 勤続年数1年以内でも住宅ローンは通る

2016年11月末にマンションを買いました。

住宅購入は、ほぼすべての方にとって人生で1, 2を争う高額な買い物になります。僕も例外なくそれにあたります。巷にはいろいろな情報があり、僕もいろいろ調べたのですが、書かれていることとはちょっと違ったり、知る人ぞ知ることがあったりしましたので、記録に残すことにします。

内容は「マンション購入の動機」「どんな物件を買ったのか」そして「マンション購入の常識を疑える3つの事実」の3つに分けてお伝えし、最後にまとめと感想という流れになります。

※人によって状況が違うため、必ずしも僕と同じ結果にならない可能性があります。その点を考慮してお読みいただけたら幸いです。

マンション購入の動機

当初、僕の一家は住宅を買う予定はありませんでした。状況が変わったのは今年(2016年)の初夏頃です。いつも通っているスーパーの前にできた某マンションのモデルルームを観に行ったことがきっかけでした。

そこで話題になったのが「もし、僕が死んだときに賃貸だと大変なのではないか。一軒家なりマンションを購入していれば、団信があるので住むところは問題なく確保できるはず。」ということでした。家族を持つと自分が死んだときに自分以外の家族が大変つらい思いをするので、生命保険と同様、雨風しのげる安定した環境、すなわち家もきちんと確保する必要があることを認識しました。

それが、マンション購入の動機です。

どんな物件を買ったのか

東京都 葛飾区内の大規模な新築マンションを購入しました。

これまで葛飾区内のURの団地に住んでいまして、その関係から子供が通う保育園も葛飾区内にありました。そのため、保育園に引き続き通えることが第一の条件となりました。

部屋は3LDKの70平米でして、3人家族には問題ない大きさのものとなっています。

ベランダからは富士山や東京スカイツリーが望め、晴れた朝は清々しい街並みを、夜は美しい夜景が楽しめます。言い換えれば、豊洲のような湾岸の都市風景を楽しめるわけではなく、葛飾区はちょっと街が遠く高い建物が少ないため見通しが効くというのが本当のところです。以前住んでいた部屋も6階でしたが、どちらも見えておりました。

マンション購入の常識を疑える3つの事実

住宅の購入については、Webで情報を探すと様々見つかります。しかし、実際に自分自身で取り組んでみるとその情報とは違う結果を得ることがあります。特に「これは話と違ったな」と僕が感じたものについて、3つまとめておくことにします。

勤続年数1年未満でも住宅ローンは通る

世の中には勤続3年以上でないとローンが通らないという話を言う人がいるのですが、そんなことはありませんでした。僕の場合、勤続1年以内でも自分一人で住宅ローンが無事希望の融資額で通りました。

実績としては、三井住友銀行の仮審査は金利優遇枠最大で、ARUHIのフラット35はいきなりの本審査で、共に問題なく通りました。審査の所要日数も、不動産屋さんによると多くのお客様と同じ程度だったとのことです。

ただ、簡易な形式ですが職務経歴書の提出を求められました。ちなみに僕の職務経歴は自己紹介ページから確認できます。

全員に当てはまるわけではないと思いますが、転職したばかりだということで住宅を購入するのを諦めるのはもったいないです。仮審査だけでも挑戦してみてはいかがでしょうか。

住宅ローンの融資枠は物件価値にも左右される

これはお世話になっているフィナンシャルプランナーの先生からアドバイスを受けた話です。融資枠は物件価値にも左右されるのです。

当初は、これまで住んでいたところの近所の新築マンションを検討していました。まずは某大手都市銀行に仮審査を出したのですが、ここで問題が発生。金利優遇枠は最大で出るのに、融資枠が満額出ませんでした。

多くの人は、ここで融資枠以内になる他の物件を探してしまうそうです。僕もそうでした。葛飾区内の中古物件を何軒も探しました。結局、望んだ条件の物件はなかったので中古は買いませんでした。ただ、もしここで中古物件に対して仮審査をかけてしまうと、場合によっては融資枠がさらに減り、厳しい状況になることもあるそうです。

そこでフィナンシャルプランナーの先生から重点的にアドバイスされたのが、「大手デベロッパーで」「総戸数が70戸以上」という条件の物件を狙うというものでした。

そしてあがってきたのが今回購入した物件でした。そこは今まで探した物件の中で最も高い金額だったのですが、融資枠はあっさり満額出ることになりました。

詳しくは不動産に強いフィナンシャルプランナーなどの専門家に相談していただいたほうがいいのですが、もし自分の経済状況で融資枠が満額でないのは納得行かないなと思ったら、物件価値を確認してみてください。

フラット35なら団信以外の保障も選択できる

これもお世話になっているフィナンシャルプランナーの先生からアドバイスを受けた話です。フラット35は団信の加入は必須ではないことを利用して、団信以外の保障、例えば収入保障保険に入るなどの方法が使えます。

僕の場合は、掛け捨て型の総合収入保障保険を選択しました。以下の理由からです。

  • もし借り換えをした場合でも団信加入の際の健康状態の再審査が必要なくなる
  • 健康状態が良かったので良い条件で契約できた
  • 向こう数十年程度の保険額は団信の額より安かった (ただしある年から団信のほうが安くなる)
  • 団信より保障の条件が良かった (団信でカバーしていない要介護状態などでも保険が降りる)

借り換えのときは、団信に入ろうとすると健康状態の再審査が必要なのはちょっとした盲点かもしれません。今は健康なので良くても、今後歳を重ねて持病が増えたりすると、団信に入れなくて困ることになる可能性があるからです。

また、もし自分が死ななかったとしても、現実として働くことができない状況になることもありえます。そう考えますと、通常の団信ではそこまでカバーすることはできないため、ローンの支払に不安が残ります。そこで、保証の範囲が団信より広い総合収入保障保険を選択しています。

保障の範囲の話では、別の方法としてフラット35の場合は「3大疾病付機構団信」に入るという選択肢もあります。銀行のものだと7大疾病などという名称になっている場合もあります。この団信の特徴として、通常の団信ではカバーされない、がん・脳卒中・心筋梗塞にかかったという理由で保険が降りる(=住宅ローンの以後の支払は無し)ことになります。若いうちに大きな病気にかかる人も決して珍しくないので、保険料が支払えるのであればこちらを選択することも視野に入れてみてください。なお、フラット35の場合は1.7倍程度保険料が上がるそうです。

こちらも、実際どの選択を取るかは、フィナンシャルプランナーなどの専門家に相談して決められるとより良いです。なぜなら、他に入っている生命保険などの兼ね合いとも調整する必要があるからです。

まとめと感想

ここまで、葛飾区内の3人家族が普通に住める新築マンションを購入したこと、その中で経験した3つの事柄「勤続年数1年未満でも住宅ローンは通る」「住宅ローンの融資枠は物件価値にも左右される」そして「フラット35なら団信以外の保障も選択できる」をお話しました。

他にも細かいことはあるのですが、ご興味がありましたらお会いしたときにでもお尋ねください。

ここまで、こんなことを書いてしまうと、住宅購入には夢も希望もないように見えるかもしれません。でも僕は思うのです。家族が安心して生活できる場所を確保するというのは、一家の家長として大切なことなのではないかと。そのうえで、楽しい生活ができればよいのではないか、と。

また、大きなお金が動く話なので、夫婦間のコミュニケーションはもちろん、場合によっては自分の親と相談される方もいるかもしれません(親が頭金を出してくれる人がいると聞いたことがあります、うらやましい!)。そして、お金の話は時折エグいことがあります。そういう泥臭い話を乗り越えた上で、より家族の絆を深めることもできるはずです。

あと、僕はたまたまご縁があって知り合えたのですが、お金に関する話は事前にフィナンシャルプランナーなどの専門家と相談しながら決めるとより良い決断ができると思いました。ひょっとしたら、何も相談しないまま物件の選択を間違え、こんなはずじゃなかったと考えてしまうことになっていたかもしれません。

住宅購入後も、住宅ローン減税やすまい給付金をはじめとした手続きがまだまだあり気が休まるのはもう少し先になりそうなのですが、ひとまずきちんと区切りがついて安心しています。

これらの情報が、住宅購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

#builderscon tokyo 2016 に行ってきました

先週末は、builderscon tokyo 2016 へ足を運んできました。YAPC::Asia Tokyoに代わって、「「知らなかった、を聞く」をテーマとした技術を愛する全てのギーク達のお祭りです。」をテーマに開かれたカンファレンスです。

聴講したセッション

次のセッションを聴講しました。

  1. OSS は Windows で動いてこそ楽しい
  2. php.iniについて知る
  3. Open Beer Serverの理論とその実装
  4. C 言語で行う Web フロントエンドプログラミング
  5. そろそろプログラマーもFPGAを触ってみよう!
  6. 一から始めるJavaScriptユニットテスト

たしかに、テーマの通り「知らなかった、を聞く」セッションばかりでした。また、皆さんが作られているスライドの品質が高いため、無理にノートを取る必要もなく、ゆったりと聴講することができました。

同時に聞けなかったセッションも、大変興味深いものがあったと聞いています。スライドも続々アップされているようですので、改めて拝見してみようと思います。

感想

カンファレンス全体の内容として、時代に乗るのではなく、自分から時代を作っていく方ばかりだなと感じました。ここから、自分がどのようなところにアンテナを張っていくのか、きっかけになるカンファレンスになるのでしょう。

そして、自分自身で取り組んでいることを、YAPC::Asia Tokyoのときのようにまた発表したいなというモチベーションがあがってきました。次回は2017年8月に催されるとのことですので、それまでにしっかり仕込んでおきます。

運営の皆様、発表者の皆様、大変お疲れ様でした。また、お会いした皆様、どうもありがとうございました!

ハチイチ忘年会は今年で10回目です #1981s

12月になりました、忘年会の季節です!

ハチイチ忘年会ってのを毎年やっています。今年で10回目でして、12/17(土)に渋谷でやります。1次会だけでも、逆に2次会からでも構いません。ハチイチとありますが年齢制限も特にありません。出席登録はこちらから

以上!

と思ったのですが、せっかく10回目なのでハチイチ忘年会に関する僕の個人的な思い出を書こうと思います。

なんとなく仲間が欲しかった10年前

ハチイチ忘年会が始まったのは約10年前。 amachang と yusukebe の呼びかけにより、1981年世代が集まって何かしよう!というところから始まりました。

この頃、僕は積極的に勉強会に顔を出し始めた頃で、なんとなく同好の士が集まれる場所があればなと思っていたところにこの情報。迷わず参加したのを覚えています。それ以来、毎年参加し、いつの間にか幹事をやるようになりました。

とはいっても、いきなり多くの人と仲良くなれたわけではありませんでした。毎年通っていくに連れて、よく話す人ができ、徐々に仲良くなっていった方が多いです。そんな彼らの中に、同じ業界にいる数少ない、いろいろな話をざっくばらんにできる人もいます。僕にとって、業界を超えて本当に貴重なご縁を作ってもらった大切なイベントが、このハチイチ忘年会です。

人が入れ代わり立ち代わり

10年も経ちますと、人それぞれ人生のステージが変わってきます。仕事で重要なポストについたり、起業したり、家庭を持ったりなど…。そうしますと、必然的に付き合う人って変わってくるものです。

ハチイチ忘年会も例外ではありません。人数自体も最盛期に比べて減ったのは事実です。特に、家庭を持ったりすると、週末になって容易に外に飲みに行くってのは難しくなる人も増えるはずです。僕もそうでして、相方にはハチイチ忘年会だから(後述しますが多くの機会をもらった特別な会という理解を得られています)ということで合意を取れている状況です。

また、付き合う人が変わって、見なくなった人もいます。中には、大きな仕事に取り組まれるようになって、それどころではないのだろうなと思う人もいます。ただ、そんな人といっときだけでも一緒の場にいて、交わり話すことができたことは本当に素晴らしいことだなと、一緒に幹事をやっている uzulla さんと振り返っていたことがありました。

一方で、新しいご縁も生まれました。特に、自分より若い世代の人が来てくれるようになり(参加にあたり1981年代という制限は特にないのです)、新しい知見を得ることができたり、新たにざっくばらんな付き合いを始める事ができる人も増えました。

こうして、いろいろな人が入れ代わり立ち代わりすることで、良い意味で集まりの代謝が行われ、新しいご縁ができ、古参が固まり過ぎない状況が作れるのかなと思っております。

一緒に仕事をする仲間もできた

2年ほど前に出した共著「Webアプリエンジニア養成読本」は、本にも書いていますが、ハチイチ忘年会の幹事団の縁からできたものです。一緒に仕事をしようとすると、相性などがとても気になるところですし、実際大変な状況になる人も少なくありません。ただ、僕らの場合、酒席を通じて個々人を理解していたことから、とてもスムーズに仕事をすることができました。

また、今勤めている会社の同僚の何人かも、ハチイチ忘年会の縁を通じて知り合いました。

どのケースも、はじめから「一緒に仕事をしましょう!」というノリではなく、人となりを知って、それが記憶のどこかに残り、あるときにふっと思い出して声をかけるという流れです。ぱっと見では弱い紐帯ではありますが、年月を経てとても価値のあるものを得ることができました。

ということで来てね

今年、もうちょっと集まらないかなと思っている最中です😅

歳を重ねると新しいご縁を作るのがちょっとしんどい、と思い始める人もいるかもしれません。僕もそうです。そんな中ですが、酒の力をちょっと借りてざっくばらんに話をしてみると、また新しい縁や機会に出会えるかもしれません。

大切なことなのでもう一度。1次会だけでも大丈夫です、逆に2次会からでもウェルカムです!ハチイチとありますが年齢制限も特にありません。ぜひいらしてください。

出席登録はこちらから: ハチイチ忘年会#10 @ 12/17(土) 渋谷

JALプライベートリゾートオクマに僕の求めたリゾートがあった

9月末に遅い夏休みをとりまして、シルバーウィークの後半に3泊4日で沖縄へ行ってきました。その際に宿泊したJALプライベートリゾートオクマとその周辺のお話をまとめておきます。

IMG_7426

TL;DR

  • 人混みから開放され、沖縄らしい海と山をのんびり楽しめる。
  • 小さい子供がいても楽しめる場所がある。
  • ただし那覇空港から2時間はかかる。

JALプライベートリゾートオクマについて

静か!

9月末ということもあるかもしれませんが、とにかく静かにゆっくり過ごすことができました。説明するより写真を見ていただいた方が早いと思うので、どうぞ。

IMG_7532

東京の喧騒を離れ、のんびりビールを飲みながら休暇を過ごすのもなかなか良いものです。

これは、ここが沖縄本島ほぼ最北端で交通の便がそれほど良くない(後述)せいか、那覇市内や本島中部に比べて来る人が減るからなのかなと思っております。

広い!

ここはコテージ街となっています。グレードが良いところになるほど、海やフロントに近くなっていたり、平屋でアクセスしやすくなっています。また、敷地が広々しているため人が混雑しにくい構造になっています。そのため、子供が走り回っても気になりません。なお、フロントから遠い部屋は、車やカートでの送迎もあります。

部屋ですが、僕らは当初は「メインコテージデラックス」のプランで予約していたのですが、当日到着した時に「ガーデンヴィラ」という1つ上のクラスの部屋に無償でアップグレードされていました。ここは、フロントや浜から近い場所にありとても便利で、かつ部屋は家族三人で使うには十分な広さがあり、さらにテラスもあり、とてものんびり過ごすことができました。

IMG_7360 IMG_7362

おいしい!

ここの朝食、さすがJALのホテルという感じで、おいしかったです。久々にホテルの朝食を食べた!という満足感があります。ただし、7:30を過ぎると混みますので、早めに着席されることをおすすめします。JALパックだと、6:30から優先して着席できるサービスも無料で申し込むことができ、僕らもそれを選択しました。

また、夜は「おかめ」という沖縄料理屋(ここはテナントということになっている)で夕飯を食べるのがオススメです。ホテル内ですが(場合によっては)東京都内や那覇市内で食べるより安い価格で、おいしい食事と泡盛をいただくことができます。海ぶどうもプリプリしていまして、おチビがあっという間にほとんど食べてしまいました(笑)。僕は43度のちょっと良さげな泡盛をストレートで飲んでは、その後はコテージでころっと寝てしまっていました。

IMG_3572 IMG_3593

弱点…

JALプライベートリゾートオクマの最大の弱点は、那覇空港からの距離です。レンタカーで沖縄本島をほぼ端から端、南から北に向かって走ることとなり、休憩なしでも2時間ほどかかります。帰りに直接那覇空港に行くのなら、那覇市内の渋滞も織り込んで移動しないと搭乗時間に間に合わなくなる恐れがあるので注意です。那覇市内の渋滞は侮れません。

沖縄本島ってこんなに広かったんだとびっくりしました。沖縄が島だからって勘違いしちゃいけませんね。

小さい子がいても楽しめる周辺のスポット

JALプライベートリゾートオクマ自体は広々していて、かつきれいな砂浜もあってそれだけでも十分な気がしますが、それ以外にも色々なスポットがあります。ただ、小さい子連れだとあまり選べないという問題があります。

そこで、僕らが選んだ場所をいくつかピックアップします。これらはJALパックで旅行を申し込むとついてくる「パワーアップチケット」(無料入場などの権利があるクーポンが3ついてくる)の対象になります。

大石林山

大石林山は、沖縄本島のほぼ最北端にありまして、熱帯カルスト地形が生み出した雄大な山々と海を展望できるスポットです。

IMG_7459

バリアフリー設備が整っているので小さい子でも大丈夫かなと思い足を運びましたが、全く問題ありませんでした。バギーに子供を乗せながら巡ることができます。ただ、僕らは子供(1歳半)をバギーには載せずに、部分的に抱っこしつつも頑張って歩いてまわることにしました。コースタイムは2倍近くになりましたが、「美ら海展望台コース」を問題なく巡ることができ、素晴らしい眺めを堪能することができました。

IMG_7471

問題なく歩き回れる人は、ぜひ「巨岩・石林感動コース」と「亜熱帯自然林コース」を巡ってみてください。

ちなみに、「亜熱帯自然林コース」の御願ガジュマルだけを見るために、帰りのバスを途中下車することもできます。途中下車したいという希望を運転手さんに伝えるだけでOKです。僕らはここで途中下車して、御願ガジュマルを見たあとに歩いて駐車場に戻りました。

なお、なかのひとによりますと、午後は沖縄本島中部や南部から来る人で混むのと、最も混むシーズンはゴールデンウィークとのことでした。

美ら海水族館

定番、美ら海水族館です。平日の月曜日に行ったのですが、結構混んでいました。休日だともっと混むと思うとゾッとします。沖縄本島北側にあるホテルに泊まっている場合は、朝早めに行って、昼くらいには切り上げられるようにするといいかもしれません。

IMG_7566

その他のスポット

美ら海水族館の近くに、沖縄そばのお店が集まっているスポットがあります。そこにある「沖縄食堂きたやま」さんに沖縄そばを食べに行きました。味はあっさりしていまして、なかなか良かったです。

DSC_0452

他には、名護パイナップルパークにも立ち寄りました。こちらは、名護パイナップルと *おみやげ* パーク、という感じで、お土産をチョイスするにはいい場所だなと思いました。

那覇市内にも寄りました

沖縄旅行の最後の1泊は、那覇市内のロワジールホテル那覇に宿泊し、その後は那覇市内を散策して東京に帰りました。

ロワジールホテル那覇は、赤ちゃんや子供向けのアメニティがきちんと整っていまして、子供連れに優しいホテルでした。事前に、小さい子供が泊まるという連絡をしておくと一通り準備してくれます。その他は、基本はよくあるシティホテルなので、変な心配はしなくて大丈夫かなと思います。

散策は、首里城と国際通りを巡りました。平日の火曜日でしたが、やはりお客さんが多く、子連れにはなかなか大変でした。国際通りは、お土産物屋さんが色々ありましたが、特にこれと言った関心を寄せるものは僕らにはありませんでした。

食事ですが、夕飯とお昼を那覇市内で食べていました。ただ、うまく良いところを探しきれなかったのでしょうか、ちょっと高かったり、味も沖縄本島北部で食べたときのほうが美味しかったなと思ったりしたものがありました。もし那覇市内をきちんと攻略したいなら、地元に仲の良い人がいればその人を頼って巡るか、十分な下調べをしたほうが良いのかもしれません。

まとめ

JALプライベートリゾートオクマは、距離こそ空港から遠いですが、のんびりとリゾートを楽しむのに良い場所でした。東京にいますと、人が一杯で正直しんどいと思うことがあります。そういうのから開放され、きれいな青空と青い海を眺めながらビールを一杯ぐいっと行くのは、なかなか良いものであります。

おチビが大きくなったら、海や山のアクティビティを楽しむことができるかもしれませんね。また、そのときに来れたらいいなと思っております。

Flickr: Album – Okinawa, 2016

【書評】「みんなのGo言語」はあなたの良き先輩になってくれる

9月はサンフランシスコに海外出張へ行っておりました。その間、 @songmu さんより「みんなのGo言語」(以下、本書)を献本いただきました!ありがとうございます。

さて、本書を一言でまとめると「Go言語に関する良き先輩」と言えます。

新しい言語に触れ始めるとき、昨今ではプログラムそのものを書き始めることには不便しなくなりました。多くの場合、言語仕様やチュートリアルが公式Webにまとめられているからです。しかし、実際に製品開発に取り組むときにはそれだけでは足りません。たとえば、私なら以下のことに悩みます。

  • 開発環境の整え方
  • テストコードの書き方
  • パッケージのvendoring
  • 言語としての書き方のセオリー
  • 言語ならではの癖

これらは実際、私が2014年にGoに触れ始めたときに悩んだことでもあります。こういうとき、すでにその言語に触れている先輩・メンター・同僚がいれば、その人からざっくりと情報を得れば良いでしょう。でも、そういうときばかりでもありません。そこで、本書が役立つのです。

「開発環境の整え方」は、主に1章で取り上げらています。エディタの設定方法や、コードフォーマッタの使い方など、製品開発時に恥ずかしくない、そしてスムーズに共同開発できる環境をいかにして構築するかがまとめられています。

「テストコードの書き方」は、6章で取り上げられています。テストの書き方はもちろん、サンプルコードをドキュメントに載せる方法や、ベンチマークについても取り上げられています。私はドキュメントを見てわからないときは次にテストコードを見るのですが、Go言語では仕組みとしてサンプルをテストコードの一部として書ける点には感心しました。こういうのは積極的に使いたいですね。

「パッケージのvendoring」は、1章で取り上げられています。現代の製品開発時には dependenciesの管理や vendoring は欠くことのできないものとなっています。Goでは1.5まで標準でvendoring機能がなく、あまり考えずにやっていると何かの拍子でパッケージのバージョンが上がったときに動きが変わってしまうことがあります。そういう問題があったからか、1.6から入ることとなりパッケージのバージョンが管理しやすくなりました。その使い方がわかります。

「言語としての書き方のセオリー」は、主に1章・2章・3章で取り上げらています。1章では全ての基礎となる事項が、3章では実用的な実装方法を、そして2章ではプラットフォーム間移植を考慮した書き方を学べます。また、4章では実装の事例が取り上げられており、1〜3章で学んだことをより具体的に理解することができます。

「言語ならではの癖」は、5章にあります。Goは静的型付け言語ですので動的な型として変数を扱いたい場合には一工夫いります。リフレクションが必要な場合もあります。僕は動的な型の変数の扱い方を自力で理解しようとしたとき、結構時間を使ってしまった苦い思い出があります。Goに慣れ始めた人にとって、きっと良いアドバイスをもらえるでしょう。

A Tour of Goで言語仕様を学んだ後に、Goで製品開発を行う基礎知識を獲得するために読むにはとても良い本ではないかと、僕は思います。

ぜひ、書店やネット通販を通じてお手元にどうぞ。