2022年を振り返る – 年末恒例

2022年を振り返る – 年末恒例

2022年もそろそろ終わりです。例年に習って、まとめのブログを書こうと思います。

年末は、息子と2人で白馬でスキーに行っていました。問題なくターンができるレベルになっているので、いろいろなところに連れて滑っていけるようになりました。

では、家庭、自分、そして仕事の順で行きます。

家庭: 新しい取り組みもあり

今年も家庭では色々ありました。そんな中でも、家族というチームの士気は高く、なんとか乗り切ってきました。

新しい取り組みとしては、ピアノの発表会で家族で連弾でした。息子と妻、息子と僕、というものです。息子がいつまでこういう取り組みをしてくれるかはわからないのですが、取り組める間はやっていこうと思っています。

自分: 花開くかはまだ先

3月にスキー検定 1級に挑戦したところ、4種目中2種目で合格点が出ました。今シーズン、残り2種目で合格点が出せるかが挑戦になります。夏はオフトレにも取り組み、この冬に臨んでいます。とはいえ僕にとっては高い壁なので簡単ではないと思っています。

引き続きピアノにも取り組んでいます。今年はブルグミュラーコンクールというものに出場しました。もともと息子が出場していたのですが、息子にデロデロと言いながら自分が出たことがないのもどうかと思い、出てみたのでした。良い経験になりました。

仕事: FinTech 関連の活動など

今年は FinTech 関連の活動を中心に、業務を担当していました。講演資料などをおいておきます。

まとめ

今年もなんとか生き抜いてきました。そして、今年は正直うまく行ってない気がしてはいて、何か心当たりがあるかなと思ったら本厄でした。厄払いをしなければならない、そういう気持ちでいっぱいです。

皆様、今年も一年、大変お世話になりました。良いお年をお迎えください。

LINEで送る
Pocket